仕事を一刻も早く辞めたいと思っているべき人がこれからやるべきこと

一刻も早く辞めたいと思っている人が、それをすぐに実現することはそれほど難しいことではありません。

上手くやれば合法的に、それこそ明日から今の会社に行かなくすることだってできます。

ただ辞めるにしても、一旦冷静になることは必要なことです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

一刻も早く辞めたいと思った時、辞めることは誰でもできる

仕事を辞めることは難しいことではありません。

辞めるというのは思ったよりも簡単で、自分自身で決心がついていれば思ったよりも簡単に辞めることができます。

退職日の2週間前に申し出るだけ

期間の定めのない正社員の場合、退職日の2週間前に申し出ることで退職することが可能となることが民法によって定められています。

民法627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

就業規則では「1ヶ月前の申し出が必要」など2週間を超える期間を定めている場合もありますが、基本的には民法の規定が優先されます。

ですからもしあなたが今日退職の申し出をしたら、2週間後にはすでに辞めることができているということです。

難しいことは何もありません。

有給休暇を使えば明日から行かないこともできる

もしあなたが有給休暇を10日以上保有しているのであれば、今日退職を申し出て明日から会社に行かないということも可能です。

退職の申し出を行ってから2週間。週5日勤務だとして10日の出社が必要。この出社日を全て有給消化してしまうのです。

有給休暇は労働者の権利であり、使用者の義務。

使用者、すなわち会社側は取得の日程を変えるように指示することはできますが(時期変更権)、退職日が決まっていて違う日に変えることができない人に対してはこの権利を行使することができず、認めざるを得ないことが法律で定まっています。

もちろん引継ぎ等を放棄して退職することになる為、色々と文句を言われることも考えられますし、あまりおすすめできるわけではありません。

しかしどうせ次の日からはもう顔を合わせることもありませんから、一刻も早く辞めたいと追い込まれている人にとっては使える一つの有効的な手段です。

参考:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

退職の申し出は口頭である必要はない

マナーの観点から言えば、退職の申し出は上司に直接口頭で言うべきですし、できる限りそうすることをおすすめします。

しかしそれは絶対ではありません。

強い引き止めに合う、パワハラを受ける、もう話したくない、もう限界。そういった場合にはメールや電話で退職を申し出ることも可能です。

褒められるやり方ではありません。しかし、これ以上続けて体や心を壊すくらいなら、この手段を取った方が良い場合だってあります。

細かいことは後から考えれば良い

周りから何か言われそう、引継ぎが大変、他の人に迷惑をかけてしまうかも、なにかと面倒そう。

そんな細かいことはを仕事を辞めることに対するハードルにする必要はありません。

実際にやってみれば全くたいしたことないし、なんだかんだで乗り切れます。

辞めたい会社をずるずる働き続ける方がよっぽど大変です。

会社が退職を拒否することは不可能

会社が辞めさせてくれない。上司に引き止められる。

そんな心配は不要です。

会社は労働者が仕事を辞める際、それを拒否することは不可能です。

あなたが辞めたいと思った以上、会社はそれを認めるしかありません。

ですから引き止めにあったならきっぱりと拒否するだけで十分だし、もし頑なに拒否してくるなら退職届を内容証明郵便で送り、退職を申し出たことを証拠とをして持っておけば良いだけ。

辞めさせてくれないかもというのは、全く不要な心配です。

参考:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

参考:退職時の文句や嫌味、引き延ばしのや保留の打診を気にしてはだめ。辞めるとなったら辞める。

ただ辞める前に一度冷静になることは必要

このように仕事は辞めようと思ったら簡単に辞めることは可能です。

それこそ明日から会社に行かないことだってできるわけです。

しかし、だからと言って今すぐにでも退職届を出してしまうのが良いのかというと、そういうわけではありません。

一刻も早く辞めたい人は辞めることを目的にしがち

一刻も早く辞めたい。そう考えている人は、どうしても辞めることだけを一番の目的として考えてしまいがちです。

あくまで目的は、環境等をより良くすること。辞めるというのはあくまでその為の手段です。

辞めた後、次の転職先で実現できて始めて目的は達成されます。

まずはそのことをあらためて理解しておかなくてはなりません。

辞めたい理由がたいしたことないという場合も

なぜ今の仕事を辞めたいのですか?

辞める理由はどんな理由なら良いだとか、悪いだとかはありません。

別に人間関係が良くない、仕事がつまらないという理由だって、あなた自身にとってそれが辞めるに値するものであれば十分です。

ただよくよく考えると、実は辞めるに値するような理由でなかった、ひどく考えすぎていた、視野が狭くなっていたなんてこともありえます。

実際、実はたいしたことではなかった、辞めなければ良かった、それ以上に恵まれていることがあったなどと辞めた後になって気づき、後悔する人もいます。

一刻も早く辞めたいという気持ちに任せ、勢い任せになってしまえばしまうほどにこのリスクは高くなります。

仕事が見つからない、もっとひどい会社にしか転職できないリスク

一刻も早く辞めることだけを考え、次のことを何も考えずに、今後の為の行動を何も起こさずに勢い任せに辞めることにはリスクがあります。

仕事が見つからない、もっとひどい会社にしか転職できないということもありうるのです。

もし今の会社がブラック企業であるとか、精神的に追い詰められていてこれ以上はどうしても無理という人の場合なら、そのリスクを負ってでもすぐに辞めるべき。

しかしそうではないなら、わざわざそのリスクを背負う必要なんてありません。

辞めてもなんとかなるは確かに合っています。なんだかんだ仕事だって見つかるでしょう。

ただ後悔するかどうかはそれとは別。

なんとかなったとしても、前の方が良かったとなってしまえば今の仕事を辞めることが正解だったとは言えません。

後悔することなく、一刻も早く辞める為にすべきこと

では後悔する可能性を低くした上で一刻も早く今の仕事を辞める為には何をすれば良いのでしょうか。

そんな難しいことはありません。

すぐに転職活動を始める

あなたがまずやるべきは転職活動を始めることです。

どんな仕事があるのか、どういった仕事に転職できるのか、そもそも自分は何をしたいのか、自分の不満は解決できるのか。

やってみなくてはわかりません。

次の仕事のことがわかった上で辞めるかどうかを判断できるからこそ、不安はなくなるし、後悔する可能性も大きく下げることができます。

転職活動を開始してから実際に内定を貰うまでは最低でも1.5ヶ月程度はかかってしまいます。

一刻も早く辞めたいと思っている人にとってみるとその期間は長いと感じてしまうでしょう。

しかし、転職活動を始めることに躊躇していれば、その躊躇した期間だけ辞めるまでの期間は長引きます。

1ヶ月躊躇すれば、本来辞められるはずの期間から1ヶ月も伸びるのです。

後悔はしたくない、でも一刻も早く仕事は辞めたい。その為にとにもかくにもすぐに転職活動を始めて下さい。

とりあえず少しでいいから始めてみると、道は開けるはずです。

自分と向き合う

転職活動と合わせて、自分と向き合うということからも逃げずに行いましょう。

なぜ自分はこんなにも今の仕事を辞めたいと思っているのか、今の会社に対してどういったことに不満を感じているのか。どんな仕事であれば自分は満足して働くことができるのか。

辞めたいと思いながら、なぜ今の今まで辞めることができていなかったのか、辞めることに対してどういったハードルを自分が感じているのか。

辞めることを最後に決めるのはあなた自身です。

たとえ転職先が決まっていても、あなたの心の中での決心ができていなければ辞めることに踏み切ることはできません。

自信を持って辞める決意をする為にも、今のうちに自分と向き合って答えを出しておくことは必要なことです。

こっそり辞める準備をしておく

退職申し出の言い方、やり方を考えておく。引き止め等に負けないように法律知識を知っておく。

辞めた場合にかかるであろうお金を計算しておく。引継ぎ資料をつくっておく。退職届を書いておく。

こういった仕事を辞める為の準備は今からでも行ってください。

いざ仕事を辞めるといった場合にバタバタしない為にでもありますが、何よりあなたの中で仕事を辞めるということが現実的になるはずです。

そして仕事を辞めることが現実味を帯びると、今の仕事のしんどさからも解放されます。

「どうせ辞めるし」「どうせあと1、2ヶ月」。そう思えるだけで仕事に対するしんどさは全然変わってくるはずです。私自身、そうでした。

ただ仕事を辞めるつもりだということが他の人にばれないように注意してください。

一刻も早く辞めたいなら、今すぐ行動を起こすこと

結局、できるだけ早く辞めようと思ったら一番大切なのは、辞める為に行動を起こすことです。

あまりに今の仕事が辛すぎて、次の仕事が決まってなくてもいいから辞めたいというならすぐに退職届をだすこと。

次のことが不安なら、転職活動を始めること。

頭で考え、心で望んでいるだけではいつまでたっても実現できません。

ぜひ、この機会にあなたがすべき行動を起こして下さい。

転職活動を始める人に

最後に、これから転職活動を始めようと考えている人向けにおすすめの転職支援サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事