仕事を一刻も早く辞めたいと思っている人がこれからやるべきこと

一刻も早く辞めたいと思っている人が、それをすぐに実現することはそれほど難しいことではありません。

上手くやれば合法的に、それこそ明日から今の会社に行かなくすることだってできます。

ただ辞めるにしても、一旦冷静になることは必要なことです。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

一刻も早く辞めたいと思った時、辞めることは誰でもできる

一刻も早く辞めたいと思った時、辞めることは誰でもできる

仕事を辞めることは難しいことではありません。

辞めるというのは思ったよりも簡単で、自分自身で決心がついていれば思ったよりも簡単に辞めることができます。

退職日の2週間前に申し出るだけ

期間の定めのない正社員の場合、退職日の2週間前に申し出ることで退職することが可能となることが民法によって定められています。

民法627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

就業規則では「1ヶ月前の申し出が必要」など2週間を超える期間を定めている場合もありますが、基本的には民法の規定が優先されます。

ですからもしあなたが今日退職の申し出をしたら、2週間後にはすでに辞めることができているということです。

難しいことは何もありません。

有給休暇を使えば明日から行かないこともできる

もし、あなたが有給休暇を10日以上保有しているなら、今日退職を申し出て明日から会社に行かないことも可能です。

退職の申し出をしてから2週間で退職する場合、週5日勤務だとして10日の出社が必要なので、出社日を全て有給に充てることが可能です。

有給休暇は労働者の権利であり、使用者の義務でもあります。

使用者=会社側は取得の日程変更の指示を出すことができますが(時期変更権)、退職日が決まっていて変更できない人に対してはこの権利を行使できないと法律で定められています。

ただ、有給消化をすれば引継ぎしないで退職することとなり、周囲への影響を考えるとあまりおすすめはできません。

しかし、退職すればもう顔を合わせることもないので、一刻も早く辞めたいと追い込まれている人にとっては有効的な手段です。

退職の申し出は口頭である必要はない

マナーの観点から言えば、退職の申し出は上司に直接口頭で言うべきですし、できる限りそうすることをおすすめします。

ですがそれは絶対ではなく、強い引き止めに合っている・パワハラを受けている・もう話したくない・もう限界と感じている場合はメールや電話で退職を申し出ることもOKです。

正当なやり方ではないかもしれませんが、これ以上無理を続けて体や心を壊すよりずっと良いでしょう。

辞めた後の細かいことは後から考えれば良い

今の職場を少しでも早く辞めたいと思うときは、辞めることのみ考えて行動してみてください。

辞めた後の転職や生活のことは今は置いておき、辞めることだけに集中しましょう。

今後の転職活動や生活に対して不安がない人はいませんし、準備をしてから辞めた方が良いことは確かです。

ですが、退職・転職・今後の生活のすべてを同時進行で準備するには難しい状況の方もいることでしょう。

辞めた後のことは自分が思っているよりも何とかなるものです。

今後のことは心身を休ませてからあらためて考えても間に合います。

会社が退職を拒否することは不可能

会社が辞めさせてくれない、上司に引き止められるのではないか、そんな心配をしている方もいることでしょう。

ですが、会社は労働者が仕事を辞める際、拒否することは不可能なので安心してください。

会社を辞めることも法律上では労働者の権利であり、あなたが辞めたいと思った以上、会社はそれを認めるしかないのです。

もし、引き止めにあったらきっぱり拒否してOKですし、しつこく退職を認めないなら退職届を内容証明郵便で送り、退職を申し出た証拠とすることもできます。

どうしても辞めたいからこそ辞めさせてくれなかったときのことが不安になりやすいので、労働者の権利を行使していると自覚してあまり考え込まないようにしていきましょう。

辞める前に一度冷静になることは必要

辞める前に一度冷静になることは必要

仕事は辞めようと思ったら簡単に辞めることができます。

極端に言えば明日から会社に行かない選択もありです。

ですが、一度は辞める前に冷静になり本当に辞めて良いか振り返ってみることも必要です。

一刻も早く辞めたい人は辞めることを目的にしがち

一刻も早く辞めたいと思っているときは、辞めることを一番の目的として考えてしまいがちです。

一刻も早く辞めたいと思うほど切羽詰まった状況にあるからこそ辞めるしかないと考えるのですが、本来の目的は今の会社を辞めてより良い環境にすることです。

辞めることはあくまでそのための最初の手段にすぎません。

辞めた後、次の転職先で実現できて初めて目的を達成できるものです。

辞めてしばらくは休息の時間が必要だとしても、本来の目的を見失わないように考えていきましょう。

辞めたい理由が大したことないという場合も

なぜ今の仕事を辞めたいか理由は人それぞれにあることでしょう。

辞める理由に明確な良し悪しはなく、人間関係が良くない、仕事がつまらないという理由でも、あなたにとってそれが辞めるに値するものであれば良いのです。

ただ、よく考えてみると実際は辞めるほどではなかったり、ひどく考えすぎていたり、視野が狭くなっていたケースもあります。

辞めた後になって辞めなければ良かった、恵まれている環境だったなどと気づき後悔する人もいます。

一刻も早く辞めたいという気持ちが大きくなり、勢い任せで辞めるときほど陥りやすいです。

仕事が見つからない、もっとひどい会社にしか転職できないリスクもある

一刻も早く辞めることだけを考えて、辞めたあとの転職や生活をなにも考えないで突っ走ることは避けた方が良いでしょう。

タイミングによっては次の仕事が見つからないケースや、もっとひどい会社に転職してしまうケースも考えられるからです。

今の会社がブラック企業で精神的に追い詰められてこれ以上は無理な状態なら、辞めることを最優先にするのもありでしょう。

そこまで追い詰められてはいないけど嫌で嫌で仕方ない場合は、転職についても考えながら少しでも準備しておくことをおすすめします。

一刻も早く辞めたい人が、転職して後悔しないためにすべきこと

一刻も早く辞めたい人が、転職して後悔しないためにすべきこと

一刻も早く今の仕事を辞めたい人が、転職により後悔することなく成功を手にするためにはどんなことをしたら良いでしょうか。

ここでは、後悔のない転職をするために一刻も早く辞めたいと思う人がすべきことを考えていきます。

すぐに転職活動を始める

一刻も早く辞めたい気持ちがある場合、辞めてスッキリすることに加え次の転職では納得の環境を手にしたいものです。

そのためには、在籍しているうちに転職活動を始めることが必要です。

どんな仕事があるのか、どういった仕事に転職できるか、自分のやりたいことは何なのか、どんな職場なら自分の不満を解決できるのかなど、さまざまな方向から考えて水面下で自己分析と情報収集をしましょう。

毎日わずかな時間でもやってきたことには結果が必ず付いてきますし、ほかの会社と今の会社を比べる材料にもなります。

また、転職先をある程度絞り込んだ上で辞めるかを判断できるほか、過剰な不安が解消され転職後に後悔する可能性も低くなるでしょう。

転職活動をはじめてから内定をもらうまでは最低でも1.5ヵ月程度はかかります。

一刻も早く辞めたい人から見れば1.5ヵ月は長く感じるかもしれませんが、転職活動の開始を躊躇している時間が長いほど退職も先延ばしになると考えると、すぐにでも転職活動をはじめた方が早く辞められることにもつながります。

改めて自分自身と向き合ってみる

転職活動の傍らで、少しの時間でも自分と向き合い自分の考えや思いを整理してみてください。

なぜ自分はこんなに今の仕事を辞めたいのか、今の会社にどんな不満を感じているのか、どんな仕事なら満足して働くことができるのかなど、紙にざっと書き出してみるのも良いでしょう。

自分が望む環境を手にするためにはマインドセットも重要なことです。

辞めたい会社にいるときと同じ考え方や思いのままでは、転職先が決まったとしても心機一転とはなりにくいものがあります。

自分が望む環境を手に入れ、新たな一歩を踏み出すためにもぜひ取り組んでみてください。

こっそり辞める準備をしておく

一刻も早く辞めたいと思うほど追いつめられた状況の方の中には、辞めるときにできるだけ波風を立てずに辞めたいと思う方もいることでしょう。

転職の準備が整いタイミング良く辞めるためにも、自宅などひと目につかない場所でこっそり辞める準備をすることをおすすめします。

例えば、退職の申し出の際の言い方や、引き止めなどに負けないよう最低限の法律知識と断り方を考えておくなどが挙げられます。

できる範囲で引継ぎ資料を作っておいたり、退職届を書いておいたり、余裕があれば辞めた後の生活費を計算することも必要です。

こうした準備をしておくことは、いざ辞めるときにスムーズに事を運べる効果が期待でき、何よりあなたの中で仕事を辞めることが現実的になるでしょう。

そして、仕事を辞める現実味を帯びてくると徐々に今の仕事のしんどさからも解放されていきます。

あと1ヵ月で辞められる、退職日まで2週間を切った! などのようにカウントダウンできるようになれば、ゴールに向けて進むほど気持ちも軽くなっていくでしょう。

一刻も早く辞めたいなら、今すぐ行動を起こすこと

一刻も早く辞めたいなら、今すぐ行動を起こすこと

少しでも早く辞めるには、辞めるための行動を起こすことが重要です。

今の仕事が辛すぎて、次の仕事が決まってなくてもいいから辞めたいならすぐに退職届を出すのもありです。

辞めたあとのことが不安なら、在籍中から転職活動を行い毎日少しでも情報収集をするなど、自分の不安解消と目的の実現に向けた取り組みをしていきましょう。

考えて思っているだけでは結果は付いてこないので、できることから行動を起こし進むことが必要です。

それでも転職に不安がある方は、行動を起こすための1つの選択肢として、転職エージェントを利用してみてください。

一刻も早く辞めたいけど、転職できるか不安…という方は転職エージェントの力を借りよう!

少しでも早く辞めるために、在籍中から転職活動を進めることは計画的でとても良いことです。

ただ、転職できるか不安だなと思う方は、1人で転職活動するのではなく転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは、エージェントに相談しながら転職活動を進められることが特徴です。

履歴書や職務経歴書などの必要書類の作成代行や、面接日程の調整など細かい部分まで手厚いサポートが受けられることや、転職のことなら何でも相談できる転職のプロであることもポイントです。

また、転職先企業の情報を詳しく把握しているので、あなたに合った企業への転職の道が開けるでしょう。

こうしたサポートを受けながら転職を成功へと導く転職エージェントは利用料は無料で利用できます。

関連記事

 

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)