musyoku_top

仕事に疲れ、会社を辞めてしまったが、気が付くと無職期間が長くなってしまったという人も多いのではないでしょうか。

とは言え、貯金は無くなっていきますし、失業保険もずっともらえるわけではないので、いつかはまた就職しなくてはなりません。

その時に問題になるのが、職についていない無職期間、履歴書に書くことができない空白期間の存在です。

関連:転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

無職期間、空白期間が長いと転職では不利になる?

musyoku_01

無職期間、空白期間があることは、転職においてあまり良いことではありません。

特に、その期間が長いほど転職では不利になってしまいます。

また、無職期間や空白期間ではなくフリーター期間が長いというだけでも転職は不利になります。

では、フリーター経験者の何割が正社員への転職を成功させているのか見てみましょう。

 

出典:厚生労働省「仕事に関する意識|フリーター期間別にみた正社員になれた割合」

フリーター期間が半年以内であれば、男性は約7割で女性は約6割が正社員への転職に成功しています。

しかし、フリーター期間が3年以上と長くなると、男性は約6割で女性は約4割が正社員への転職に成功と、その割合は減っています。

このことから、フリーター期間が長い方が正社員への転職が難しいと分かるでしょう。

当然、無職期間や空白期間が長い方がフリーター期間が長いより不利になります。

無職期間、空白期間に関して人事はどう思う?

無職期間、空白期間に関して、人事は良いイメージを持ちません。

怠惰な人

まず最初に感じるのが、怠惰な人ではないかと考えます。

ただだらだらしていただけではないか、計画性がないのではないか。

そんな風に思ってしまいます。

仕事をするにあたり、だらだらする人間、計画性がない人間というのは会社に良い影響をもたらさないので、採用したいとは考えません。

ブランクによる能力不足

仕事から離れていたことで、仕事に関する能力が劣ってしまったのではないかという不安もあります。

専門知識であったり、ビジネスマナーであったりと、採用するにあたり身につけておいてほしい能力が以前はあったとしても、ブランクがある為「忘れてしまっている」と思われる可能性もあります。

仕事嫌い

普通の人が働いている中で、特に理由もなく働かないという選択をするのは、仕事が嫌いだからという可能性も高いと考えます。

仕事が嫌いな人はモチベーションも低い為、会社にとって採用するメリットはないと判断される場合も多いです。

体を壊していたのかも

無職期間、空白期間が長い人の中には、病気療養の為という人もいるでしょう。

ただ、企業側は特に精神的な病気を患っていた人を雇用したがりません。

無職期間の長さによる転職時の影響

無職期間の長さによる転職時の影響

無職期間の長さによって転職時の影響は大きく変わります。

では、期間ごとの影響について確認していきましょう。

3ヶ月以内

もし、無職期間、空白期間が3ヶ月以内であれば、特に問題とはならないことが多いです。

転職活動に要する時間はおよそ3ヶ月ですから、会社を辞めてから転職活動を行う人にとってはごく普通の期間です。

企業側もそのことはわかっていますから、面接では特に突っ込まれない可能性が高いです。

半年以内

空白期間が3ヶ月を超えてくると、企業側が若干不信感を持ち、面接時にその期間について質問してくる場合もあります。

ただ、転職活動はあくまで平均が3ヵ月ということなので、じっくり転職活動を行っていると言えばそれまでです。

なんらおかしいことはありません。

ですから、そこまで心配する必要はありません。

1年以内

無職期間、空白期間が半年を超えてくると、かなりの確率で質問されますし、不利になってしまう可能性も高いです。

単に転職活動をしていたというだけでは通用しないと考えてください。

もし、転職活動と言い張ってしまうと、これまでどこにも採用されなかった人だと思われてしまうこともあります。

2年以内

無職期間、空白期間が1年を超えると、転職の際に不利に働くことは覚悟してください。

1年以上なにもしない状態が続いたことで、ビジネスマナーなどを忘れていると判断されます。

また、1年以上なにもしない状態が続いてると、企業側は「なにか問題があるのでは?」と疑ってかかります。

長期間にわたり仕事をしていなかったことに関してまっとうな理由がなければ、転職を成功させるのは難しいでしょう。

2年以上

無職期間、空白期間が2年以上となると、これまでの仕事の経験すら認めてもらえなくなることが多いです。

2年以上のブランクはかなり長く、過去の仕事の経験は忘れてしまっていると判断されます。

さらに、社会人として働く為に必要な能力すら備わっていないと判断されてしまう場合もあります。

無職期間、空白期間の理由はどうすればいい?

無職期間、空白期間の理由はどうすればいい?

たとえ、無職期間があることで不利になるといっても、既に過ぎてしまったことは仕方がありません。

不利になるからと言って正社員を諦めるのはNGで、その状況を覆さなければいけません。

また、無職期間が半年以上となると、面接でその期間について質問されます。

1年、2年となるとほぼ質問されるでしょう。

後ろ向きな理由はNG

無職期間の理由を聞かれた時に「何もせずただだらだらしてただけだ」とか、「失業保険を貰っていたからだ」などの後ろ向きな理由はNGです。

実際はそうかもしれません。

しかし、事実をそのまま言っては、怠惰な人間、仕事嫌いな人間と捉えられて採用されません。

何かをしていたというアピール

無職期間について聞かれた際は、その期間を使って何かをしていたということを話しましょう。

例えば何かの「勉強をしていた」などの、自己研鑽の内容は好まれます。

また、家庭の都合として出産や両親の介護といったものも納得される傾向があります。

仕事をしないからこそ得られたもの

一番大事なのは、仕事をしていない状態で、どういったことを得られたかです。

仕事をしている期間を無職で過ごした結果、本来だったら経験できたはずのことや、身に着けることのできた能力を捨て去ってしまっています。

ただ、その代わりに何か得たものがあり、それが仕事にいきるのであれば、無駄な時間ではなかったということが言えます。

他の面をアピール

不利な状況を覆すには、無職期間どう過ごしたかだけではなく、他の面も人よりアピールして行かなければいけません。

そのため、熱意や志望動機などでしっかりアピールしていきましょう。

また、無職期間があることで企業側にマイナスに思われてしまうことも、自己アピールを通じて覆していかなくてはいけません。

怠惰な人間ではないこと、これまでの仕事の経験に自信を持っていること、仕事へのモチベーションが高いことをしっかり伝えましょう。

無職期間にもらえるお金はしっかり申請しよう

無職期間にもらえるお金はしっかり申請しよう

無職になると当然収入がなくなってしまいます。

しかし、生活するにはお金が必要なので、無職期間にもらえるお金をしっかり申請してください。

無職期間に申請できる保険や手当には次のものがあります。

  • 失業保険
  • 技能取得手当
  • 傷病手当

これらの申請をしっかりしておけば、ある程度の無職期間があっても生活は送れるでしょう。

また、支払いに余裕を作る意味で「年金」や「奨学金」などの猶予申請も選択肢としてあります。

無職期間の埋め合わせはどうすればいい?

無職期間の埋め合わせはどうすればいい?

無職期間が長期になり面接を受けても落ちてしまう場合、無職期間を埋め合わせる必要があります。

それには、資格取得やPC技術の習得がおすすめです。

資格取得

無職期間の埋め合わせにおすすめの選択肢1つ目は資格取得です。

資格取得は、あなたが興味のある職種に関連したものが良いでしょう。

また、現時点で興味のある仕事がない場合は次の資格取得がおすすめです。

資格 概要
ファイナンシャルプランナー 税金・保険・年金といったお金に関する知識を持っていると証明できる
宅地建物取引士 不動産取引の知識がない人にてきなくな提案やアドバイスができる
社会保険労務士 社会保険や年金、労務管理を扱う人事のエキスパート
簿記 実務で役立つ経理や会計に関する知識を証明できる
TOEIC 英語によるコミュニケーション能力を証明できる

これらの資格はあらゆる企業で求められるスキルが取得できるので、特に興味がある仕事がないなら上記の資格取得を検討してみてください。

PC技術の習得

無職期間の埋め合わせにおすすめの選択肢2つ目はPC技術の習得です。

近年、どの会社でもパソコンは使用します。

そのため、PC技術を取得しておけば会社から重宝される人材になれるでしょう。

WordやExcelの基本操作の習得はもちろん、「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)」という資格も実務で役立ちます。

もし気になる仕事や資格がない場合は、PCの基本操作といった技術を身に付けておいてください。

ブランクは十分覆すことが可能!

ブランクは十分覆すことが可能!

無職期間があることで、転職時に不利になってしまうのは事実です。

ただ、その不利な状況は十分に覆せます。

企業側も優秀な人材、熱意のある人材を単に無職期間が長かったからという理由で落としはしません。

やる前から諦めず、とにかくまずは転職活動を始めていきましょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:転職が怖いは当たり前。どう解消しどう乗り越えるか。