仕事の責任が重たすぎて仕事を辞めたい。追い込まれる前にどうすべきか

入社した当初は仕事を覚えることや周りの人に馴染むことに悩んでいたのも、時間がたつと共になんだかんだで解決していきます。

ただそれに反して、仕事を覚え経験が増していくにつれて大きくなっていくのが仕事の責任です。

適度にあるくらいならばそれはモチベーションに繋がってくれますが、重すぎてしまうと仕事を辞めたいと思ってしまうほどのものに繋がりかねません。

ではどうすればその責任の重さから逃れることができるのでしょうか。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

責任が重たすぎて仕事を辞めたい

責任が重たすぎて仕事を辞めたい

 

適度な責任の重さは仕事を楽しいものにしてくれます。

しかし、過度な責任の重さは仕事をただ辛いものにし、会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思わせてしまうものです。

重い責任によって、あなたはこんなことになっていませんか?

常に仕事に追われてしまう

ミスができない、期限通りに仕事を終わらせなくてはならない、その思いから残業時間は増え、有給をとることもできず、休日も仕事をするようになってしまう人が多々います。

また、実際に仕事をしていないにしても、四六時中仕事のことを考えてしまっているなんて人も多いでしょう。

要するに、常に仕事に追われてしまう状態になってしまうのです。

これでは当然心は休まらず、ストレスは蓄積されていく一方です。

上司から責められることが増える

責任が重い仕事であればあるほど上司からの目も厳しくなり、あれこれと責められることも増えてしまうもの。

また、現実を見ず状況も把握せずに、あれはやったのか、これはやったのかなど理想論ばかりを言われて、ただでさえ時間がないのにさらに仕事が増えてしまうなんてことも多いですよね。

そして、その上司の希望を叶えることができずにまた責められる。

それがループしていくことになり、日増しにストレスは増え続けていってしまいます。

体調を崩してしまうことも

こんなことが長く続くと最終的にもたらされてしまうのが体調悪化。大きなストレスがあなたの心身を蝕み、体調不良をもたらしてしまいます。

当然、この前にストップをかけなくてはなりませんが、理不尽な上司の圧力によって休職するまで追い込まれてしまう人が多々いるのも現実です。

責任感の強さは必ずしも良いものではない

責任感の強さは必ずしも良いものではない

会社にとってみれば、責任感の強い人材というのはありがたい存在です。

自分を犠牲にしてでも仕事を完了させ、ミスがないように仕事を進めてくれるため、会社への貢献度はとても高いでしょう。

では、逆に労働者側から見てみるとどうでしょうか。

個人の成長という観点から見れば、ある程度責任感を持ちながら仕事をこなしていくことは確かに必要です。

しかし、そのことによって自分を犠牲にしすぎたり、追い込みすぎたりするようならば決して良いことであるとは言えません。それでなんとか仕事が上手くいっても体を壊してしまうかもしれないわけですから。

責任を持つのは大切ですが、自分を追い込むほどの過剰な責任感は持っても良いことはありません

新人の場合は耐えるべき

新人の場合は耐えるべき

あまり無理をして仕事を続けるのはよくありません。

しかし、新人の場合は少しくらいの責任で辞めるのではなく、続けた方が良い場合もあるので見ていきましょう。

一方で、どのような状況の時に無理をしない方がよいのかについても見ていきましょう。

新人の時の辛さは仕事に慣れていないだけの可能性がある

新人の時はただでさえ仕事を始めたばかりで慣れていません。

責任ある仕事どころか基本的な作業をこなすだけでも大変でしょう。

そんな時に責任ある仕事を任されると辛くて辞めたくなるのも無理はありません。

しかし、新人の時は仕事に慣れていないから辛いだけという可能性があります。

責任ある仕事も慣れてしまえば難なくこなせる可能性があるので、多少辛くても頑張って続けてみてください

少しくらい責任が重い仕事の方が成長できる

新人の時は慣れない仕事の連続です。

そのような仕事を繰り返して成長していくのが新人社員というものです。

もし、どうしても仕事の責任が重いと感じる場合、まずは上司などに相談してみましょう。

新人社員の時は、周囲の人が力になってくれるはずです。

責任が重すぎる仕事は任せるべきではない

新人は仕事で分からないところが多く、疲れが溜まりやすいのは仕方のないことなので耐えるべきでしょう。

しかし、ミスをした時などの責任まで新人社員が背負うのは間違っています

新人に責任ある仕事を任せたとしても、ミスした時の責任に関しては基本的に上司・会社が負うべきです。

もし、ミスの責任まであなたにある場合は、無理に続けない方がよいでしょう。

なぜ責任感を抱えすぎて仕事をしてしまうのか

なぜ責任感を抱えすぎて仕事をしてしまうのか

責任感を全く持たないのは良くありませんが必要以上に大きくとらえず気楽さを持つことも大切です。

ただ、気楽に考えるとは言っても中々難しいですよね。

同じ仕事内容でも、気楽にこなしている人もいれば責任に押しつぶされそうになっている人もいます。

では両者にはどういった違いがあるのでしょうか。

出世への強いこだわり

出世したいと思えば思うほど、仕事ではミスができないと思うもの。そしてそれが自分を追い込んでしまう原因になります。

仕事の内容、タイミングにもよりますが、一つのミスによって出世で後れをとってしまうというのは確かにある為、出世欲が強い人ほどミスを恐れ仕事の責任をより強く感じるようになってしまう傾向があります

周囲からの視線が気になる

ミスをしたら周囲から冷ややかに見られる、色々なとこで馬鹿にされるなど、ミスをした時の周りの反応を過剰に悪く想像してしまって仕事を気楽に考えることができなくなってしまっている人も多くいます

ミスした時の影響を過剰に捉えすぎている

万が一ミスしたり、期限に間に合わなかったりするとどうなるのか、そこを過剰に悪く考えすぎて自分を追い込んでしまっている人もいるでしょう

実はミスしても意外にたいしたことがない、なんとかなるということもあります。

あれこれと最悪パターンを想定しておくというのは悪くないと思いますが、やり過ぎるとより一層自分で責任を重くしてしまうことになります。

自分ひとりで抱え込んでしまっている。

周囲に相談したり、手伝ってもらったり、頼ったりすることができないというのも責任を抱え過ぎてしまう一つの原因かもしれません。

私の場合もそうですが、最初はとにかく何でも自分でやらなくてはならない自分の仕事だから自分でやらなくてはいけないと、あれこれと一人で抱え込んで勝手に悩んでいまっていたんですが、

途中から些細なことでも相談したり、厳しいと思ったら頼ったりすることを覚えて一気に仕事が楽になりました

そうすることで仕事自体も上手く進むようになりますし、何より誰かを巻き込んだことによって責任を分散させることもできるというメリットがあります。

責任感があるのは真面目ということ

責任感があるのは真面目ということ

責任があるというのは、それだけあなたが真面目だという証明でもあります。

あなたは過度な責任で押しつぶされそうになり、自信を失っているかもしれません。

しかし、悲観的にならず「自分は真面目なんだ」と自信を持つようにしてください。

辞めたほうが良い場合もある

辞めたほうが良い場合もある

責任が重すぎると思っていても、実は自分の捉え方がそうさせているだけの場合もあるので、すぐに辞めるのではなく少し考え方を変える努力が大切です。

ただ、そんなことは関係なく辞めるに値する場合もあります。

例えば、あまりにストレスが大きくなり、すでに体調に異変が起きている場合、続けるのは危険です

また、責任の重さに対して正当に成果が支払われていない場合も辞めたほうがいいかもしれません

責任の重い仕事であっても、それに見合った対価をもらえれば、その責任もひっくるめてやりがいを見い出せるでしょう。

しかし、報酬が責任に見合わない仕事をいくら続けても、仕事に対する不満はいつまで経っても消えません。

少なくとも、仕事を辞めるという選択肢を常に持っておいた方が、責任の重い仕事を与えられても追い込まれ方は大きく違うでしょう

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)