仕事を辞めて良し、逃げるが勝ちの時だってあることを忘れてはいけない。

仕事を辞めることは逃げである、そして逃げることは悪いことである。

そんな決めつけにあなた自身を犠牲にしてしまっていませんか?

仕事は辞めて良いものです。それがたとえ逃げだとしても何も問題ありません。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

仕事は辞めて良いものである

仕事を辞めることが悪いことである。できる限り仕事は続けるべきである。

そんな考えはもうやめましょう。

仕事は辞めて良いものです。仕事から逃げることは悪いことでも何でもありません。

無理に仕事を辞めないことに固執し、我慢し続け、自分で自分を苦しませる必要なんてないのです。

あなたには今の仕事を辞める権利があります。転職する権利もあります。

そしてその権利を行使した結果、今よりももっと幸せになることができたという人は山ほどいるのです。

仕事を辞めることは逃げだと決めつけ、逃げることは悪いことが決めつけ、せっかく持っている権利を使うことを放棄してしまうということは、もっと幸せになることを放棄してしまっているということです。

辞める理由に納得してもらう必要なんて何もない

なぜ辞めるのか。その理由が周りの人にとって納得いかないものであると、その人達は辞めることを逃げだと決めつけます。そして逃げることを悪と決めつけ否定します。

しかし、それはあなたにとって関係ないこと。

辞める理由は周りの人が納得できるものであるかどうかなんて関係ありません。

たとえ逃げだと思われても、関係ありません。

あなた自身にとってそれが納得いくものであれば、それで十分。

胸を張って逃げてしまえば良いんです。

自分自身を基準に考えましょう。自分がどう感じ、どう思っているのかということを一番に考えましょう。

辞めること、逃げることを反対する人の意見なんてあてにならない

辞めるべきではない、逃げるべきではない。あなたが辞めると言った時にそんな風に反対する人がでてくるかもしれません。

しかし、そんな反対をする人の意見なんてあてになりません。

周りの人はあなたが今の仕事に対してどんだけ苦しんでいるかなんて知りません。それどころか興味すらありません。

一部本当に親身になって真剣に考えて言ってくれている場合もあるでしょうが、おそらくそれはかなり少数はです。

ただなんとなく逃げることは悪だと決めつけて、言っているに過ぎないのです。

まだ決めつけで言ってくるだけならましです。

辞められたら人手が足りなくなって困る、自分の評価が下がってしまうから困る。

そんな自分の利益の為に言っている場合だって決して少なくありません。

そんな人の反対意見に耳を傾けて、あなたにとって何か良いことがありますか?

逃げたら負け?いや、逃げるが勝ちの時は絶対にある

もちろん逃げずに立ち向かって行くべき時だってあるでしょう。

しかし、そんな時ばかりではありません。絶対に逃げるが勝ちの時だってあります。

つまらない仕事からは逃げるが勝ち

仕事がつまらない。そんな中で仕事を続けていたって仕方ありません。

続けていればもしかしたら楽しくなってくることもあるかもしれませんが、そうなるかはわかりません。おそらく大半はつまらない仕事はつまらないままです。

ならばもっと楽しい仕事、やりがいを感じる仕事を求めてさっさと辞めてしまった方が、あなたの人生は充実するはずです。

仕事から逃げず、我慢したって周りにとっては良いかもしれませんがあなたにとって良いことなんてないのです。

つまらない仕事からは逃げるが勝ちです。

辛い人間関係からは逃げるが勝ち

人間関係がうまくいかないというのは相当辛いこと。そんな中で働き続けたってストレスは溜まる一方です。

だったらそんな人間関係からは逃げてしまえば良い。

既に悪化した人間関係をどうにかして改善しようとするよりも、さっさと逃げて人間関係をリセットし、新たな環境でまたゼロから良い人間関係を築く方がよっぽどまし。

辛い人間関係からは逃げるが勝ちです。

不満だらけの労働条件からは逃げるが勝ち

給料が少ない、休みが少ない、残業が多いなどなど労働条件に不満を持っている方も多いでしょう。

その不満を解消しようと思ったら、辞めて違う会社に転職するしかありません。

そんな理由で辞めることは、もはや逃げでもなんでもありません。

それでも辞めないなんて、ただ自分を会社に捧げてしまっているだけです。

大切なのは逃げるか逃げないかではなく、その後どうなるか

もちろん嫌なことがあったからと言ってすぐに逃げていてはきりがありません。

仕事をしていれば何度も辞めたいと思うようなことがあるのは仕方がないことですし、我慢して乗り越えなくてはいけないこともあります。

そこで最も意識しなくてはいけないのが、もし逃げて辞めたとしたらその後どうなるかということ。

もし待遇がアップするだとか、より良い環境を手に入れることができるなど、自分にとってプラスになることがあるならば、逃げたことがあなたにとっての正解になるはずです。

今の仕事から逃げる為の第一歩

ぜひ今の仕事から逃げる為の第一歩として転職活動を始めてみてください。

もしかしたら今より良い環境を手に入れることができるかもしれません。今より待遇の良い仕事が見つかるかもしれません。今の仕事にしがみつく必要なんてないんだと思うことができるかもしれません。

あなたにとってきっとプラスになるはずです。

転職サービスについて

最後に、いくつか転職活動を行う際に使うことをおすすめする転職サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事