たとえ給料が高くても派遣社員より正社員として働いたほうが良い理由

仕事を探す際、仕事内容だけでなく給料も重要となりますよね。誰だって給料は高いほうがいいはずです。

ですから正社員で安い給料で働くより、派遣社員でも給料が高いほうが良いと思う人もいるかもしれません。

ただ、目先の給料に捉われてしまうと、いずれ後悔することになる可能性があることは覚えておいてください。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人数※1

200,244件以上

33,338件

50,000件以上
対象年代20代~30代20代~30代30代~40代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウト企業・ヘッドハンターからスカウト
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
適正年収診断
オファーの可能性診断
書類選考免除
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円300万円~700万円
 

※1 2020年9月

若い時は派遣社員のほうが給料が良いことも多い

派遣社員として働いた場合、毎月の給料はどのくらいになるでしょうか。

時給1500円でフルタイムで働いたとしたら、年間休日120日、毎月10日の休みがあるとして月給25万円程度になります。

もし残業があれば給料はもっと増えるでしょう。

この条件ってかなり恵まれていますよね。年間120日の休日があって月給25万円って、20代であればそれほど悪い条件ではありません。

大卒の初任給は平均で20万円程度だし、なかなか昇給もできずに20代後半になっても25万円なんていかない人はたくさんいます。それでいて休日数は105日しかない人も多いですよね。

さらに派遣社員であれば、仕事内容に制限があったり、仕事に対する責任が軽かったり、残業も少なかったりと働くにあたり給料以外の魅力的な部分も多数あります。

変な会社に派遣されてしまったら更新のタイミングで違う仕事を紹介してもらうなんてこともできますしね。

それでもやっぱり正社員として働いてたほうが良い

これらのことだけ考えれば、20代のうちは派遣社員として働いてもいいんじゃないかと思ってしまいますよね。

ただ、これらのことを考えても、やっぱり正社員として働いたほうがいいというのが私の意見です。

それこそ最初の給料が派遣社員として少なかったとしてもです。

正社員との差が付き始めることに転職しても遅い

正社員と派遣社員の大きな違いが昇給。

正社員が年齢を重ねるごとに昇格し、昇給することが多い一方で、派遣社員は時給があまり変わりません。

同じ内容の仕事につく限りは、多少の違いはあるにせよほぼ変わりませんし、これまでの経験を武器に派遣会社に時給アップを交渉しても50円上がればいいほうで、月給にすれば1万円にもなりません。

また、差が付き始めた時に正社員に転職したとしても、経験がないことから年齢相応の給料を貰えることなんてなかなかできません。

結局、その時に転職活動しても派遣社員時代よりも給料が高い仕事を見つけることができずにまた派遣社員として働く続けることになり、正社員として働いている人との差はどんどん大きくなっていくのです。

正社員と派遣社員の差が付き始めるのは何歳くらい?

業種にもよりますが具体的な年齢をあげると30歳手前あたりで正社員と派遣社員の差が出始めます。

なぜならば正社員であれば30歳手前で会社から役職が与えられ、会社での地位はもちろん、給料も上がる年齢に入るからです。

ではdodaで行われた正社員の年代別平均年収のデータと派遣社員の平均年収を比べてみましょう。

年代正社員派遣社員(時給1500円)
20代345万円3,168,000円
30代442万円3,168,000円
40代507万円3,168,000円
50代以上622万円3,168,000円

平均年収は20代の時点では大きな差はないものの、30代で100万円以上の差、50代以上では派遣社員の倍に近い金額を正社員は稼いでいます。

昇給やキャリアアップが見込めない派遣社員は、ボーナスや賞与が出る正社員と違い差が大きく開くことがわかりますね。

その差を埋めることは年齢を重ねるごとに難しくなるでしょう。

これからの将来のことを考えると、若いうちは派遣社員で良くてもいつ頃までに区切りをつけるべきか考えておく必要があるようです。

給料以外でも恵まれていることが多い

正社員の場合は、毎月の給料以外でも恵まれていることが多いのも理由ですね。

ボーナスが支給されたり、退職金制度があったり、福利厚生による手当があったりと直接の金銭面でのメリットもありますし、

教育面であったり、休職時の対応であったり、産休や育休の取りやすさであったりと、金銭面以外での充実度も異なってきます。

正社員としての経験は重要

正社員として経験がある人と、派遣社員としての経験がない人では、転職する際に有利になるのは前者です。

まだ若い時であれば大きな差とはならないことも多いですが、年齢が高くなるにつれて如実に大きな影響をもたらすことになります。

たとえ最初は給料が低くても正社員として働いてきたという実績を作ることで、数年後に年収アップを目指した転職をすることもできるようになりますが、派遣社員として働いて年齢が高くなった場合は徐々に贅沢なんて言えなくなってきます。

正社員はそう簡単にクビにされない

会社が正社員をクビにするのにはかなり高いハードルがあります。

経営悪化を理由にする場合にしても、解雇にならないように最大限の努力を行うことが求められますし、能力不足を理由にする場合だと、合理的な理由を示し、さらに会社側が能力不足を解消する努力も求められます。

しかし派遣社員の場合は単に契約を延長しなければいいだけ。たった数ヶ月しか働く期間を保証されていないのです。

会社にとってみれば、正社員はこれまでも実績を積んできた貴重な人材。しかし、派遣社員は誰でもできる仕事をしてもらう替えのきく人材。

そのことをよく知っておかなくてはなりません。

ずっと働くか辞めるかはわからない

女性の場合だと、いずれは結婚、出産して仕事を辞めるつもりで、長く働くつもりなんてないから正社員になる理由なんてないという人も多いかもしれません。

確かに20代後半で辞めるのであれば派遣社員として働いていたほうが貰える給料は多いかもしれません。

ただ残念ながら将来のことに確実性はありませんし、自分の思い描いていた通りになるなんていう保証はないのです。

派遣社員向きの人と正社員に転職した方が良い人とは

ここまでの内容を通して「派遣社員よりも正社員として働いた方が良い」と感じるかもしれませんが、普段の生活スタイルによっては派遣社員として働いた方が効率が良い場合もあります。

どんな方が派遣社員、もしくは正社員に向いているのか、それぞれの特徴をおさえて自分の生活スタイルに合わせた働き方を探してみましょう。

派遣社員の働き方が向いている方

まずは派遣社員に向いている方の特徴をご紹介します。

派遣社員の大きなイメージは時間の融通が利くこと、これは働き方にも表れています。

ライフスタイルに合わせて働きたい

派遣という働き方は家事や育児、資格勉強など1日の時間を仕事以外に確保されやすく、勤務時間や勤務地が限定されてしまう方にとって働きやすい働き方です。

あらかじめ自分がどのように働きたいのかを派遣会社に伝えておけば、派遣会社側が本人のライフスタイルに合わせた仕事を紹介してくれます。

副業として働きたい

本業が別にあり、副業の一環で派遣社員として働くことができます。特に派遣はWワークとしてもおすすめです。

本業が休みの日や、空いた時間を有効活用できるうえ、スキルアップもお金を稼ぎながらすることができるので一石二鳥でしょう。

プライベートの時間を作りたい

仕事とプライベートの時間をしっかりさせたい方にもライフスタイルに合わせると同様、派遣社員がおすすめです。

派遣社員は正社員に比べ残業や想定外の労働は無いので、決められた業務が終わった後は自分の時間として利用できます。

正社員の働き方が向いている方

次に正社員に向いている方の特徴をご紹介します。

正社員といえば安定していて長期で働ける、とってもおおきなメリットですよね。

安定重視、長期的に働きたい

正社員の大きな特徴として、雇用期間に定めが無く、月給制で給料を支払う会社が多いことがあります。

この他にも福利厚生や社会保険など生活を安定、充実させる制度を受けたい、長く働きたい人にとっては正社員が向いている働き方になります。

昇給やキャリアアップを狙いたい

長期的に同じ会社に勤めたり、業務内容で成果を上げることで会社での地位を上げたり、自分自身のキャリアアップにつなげることができます。

キャリアアップは将来的に転職する場合にもメリットになるので、正社員である方が有利に順調に進められるでしょう。

目の前のことに捉われすぎると後悔することもある

仕事を選ぶ際に重要なのは、目の前のことに捉われるのではなく、しっかり将来も見据えること。

今だけを切り取ってみれば確かに派遣社員として働いたほうが幸せかもしれませんが、長い目で見るとそれが後悔につながってしまいかねないことも忘れないでください。

これからのことを意識して、自分がどんな働き方が向いているのかをしっかりと考えてみましょう。

派遣社員から正社員になるためには

もし派遣社員から正社員へ、働き方を変えたい時にどうすればよいのかわからない方もいますよね。

派遣社員から正社員になるための道は厳しいともいわれていますが、方法を知っていれば自信を持って行動に移せるでしょう。

今回は主な方法を3つご紹介します。

紹介予定派遣制度

紹介予定派遣とは、派遣社員として一定の期間働いた後に派遣先の企業と直接雇用を結ぶことを前提とした派遣を指します。

派遣期間を試用期間とみなし、派遣先企業はこの派遣期間中に派遣社員を評価し、派遣社員と派遣先企業双方の希望が合致すれば直接雇用となります。

この制度は上手く利用できれば転職活動にかかる時間や労力を大幅に減らすことができるうえ、自分に合った企業を見つけることができるでしょう。

しかし派遣期間中に企業側から直接雇用を断られることもあるため、油断してしまうとかえって時間を使ってしまう場合もあるので注意が必要です。

正社員登用制度

正社員登用制度とは、契約社員などの雇用形態から正社員に転換する制度のことを指します。

契約社員として入社し何年か勤務した後、昇格試験を合格した場合正社員になれるケースが例としてあげられます。

魅力的な制度にも見えますが、正社員登用制度は企業によって導入されていない企業もあるので入社時に確認が必要不可欠です。

また、求人情報に正社員登用制度の記載があっても正社員登用制度の実績が無かった場合、正社員登用はかなりハードル高いと思われるため正社員になる期待ができないことも。

転職をした方が早い場合も

具体的に希望している業界や正社員として働きたいと考えている場合は転職をして、ゼロから正社員を目指す方が早いこともあります。

転職サイトを使ってでコツコツと自分で探し進めていくのもいいですが、客観的な視点を得るためにも転職エージェントを利用してみるとさらに効率が上がるかもしれません。

なぜなら転職エージェントは企業とのパイプがあるため、採用されやすい人材を把握していることから自分に合った企業を紹介してくれる可能性が高いからです。

他にも転職エージェントは充実したサポートを転職したい人に提供しています。転職に慣れていない人でもアドバイスを受けながら転職に取り組むことができるでしょう。

正社員に向けて

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

おすすめ転職エージェントの比較

人気転職サービス4社の対象属性比較
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス

マイナビジョブ20s
向いている年代20代~30代20代~30代20代~40代20代
中卒の方向け

求人少・サポート△

求人少・サポート△

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
高卒の方向け

求人多・サポート◎

求人並・サポート〇

求人並・サポート〇

求人多・サポート◎
専門・短大卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人並・サポート〇
大卒・大学院卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎
第二新卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
既卒の方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
フリーターの方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
社会人経験なし求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
ハイクラス向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人を紹介できない