職場で孤立するデメリットや、孤立する人の特徴・性格。平気でも損することは多いかも。

職場で孤立してしまうことによるデメリットというのはかなり大きいです。

単に辛いということもありますが、一人が好きで平気という人であっても仕事の面などで損をしたりすることも多いので、極力避けたいです。

ではどういった人が職場で孤立してしまうのでしょうか。今回は孤立する人の特徴や性格を紹介します。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

職場で孤立、あなたは気にならない?それとも辛い?

周りが和気あいあいとしている中と会話しているけれど自分には話しかけられない。

お昼ご飯も一人ぼっちで、仕事終わりに遊びに行くのも誘われない。

そんな風に職場で孤立し、一人ぼっちになってしまったらあなたはどう感じますか?

一人でいる方が好きだし、人間関係に疲れることもなくなるし、仕事もはかどるようになるから全然気にならないという人もいるでしょう。むしろそのほうがありがたい、そうなりたいなんて言う人もいるかと思います。

しかし一方では孤立はしたくないと思う人もいるでしょう。実際に孤立してしまい辛いと感じている人もいますし、それを理由に退職することになったという人もいます。

だいたいは孤立だけでは済まず、陰口を言われたり、下手したら嫌がらせなどに発展することもありますからね。

職場で孤立することが平気でも、デメリットは正直多い

職場で孤立する。人によってはそれが平気と言う人もいるでしょう。確かにメリットもあります。

たとえば無駄な付き合いがなくなる、自分の時間が増える、人間関係に疲れなくて良くなると言ったことです。

ただ、たとえ平気だとしても職場という空間で孤立してしまうことは、何かとデメリットも多いんですよね。

役に立つ情報が入ってこなくなる

休憩がてらにする単なる雑談の中にも、仕事に役立つ情報が入ってこなくなってしまう場合があります。そしてそれが原因で仕事がやりにくくなってしまうといったことに繋がります。

本当はもっと違うやり方があった、効率の良いやり方があった、誰かがよく知っている内容だったから聞けば良かった、他の人がすでに悩んで解決していたので同様のやり方をやれば良かった。

人と話していればもっと楽に、もっと確実に、もっと早くできたことが、知らなかったということでできなかったということは仕事をしていると多いです。

知り合いが多ければ多いほど、そして会話の機会があるほど、やはり情報というものは入ってくるものです

仕事を頼みにくくなる

自分がいっぱいいっぱいだから少し仕事を頼みたい。自分が休みで対応できないから誰かに代わりを頼みたい。そういったことって仕事をしていれば誰にでもあるはずです。

もし職場の同僚との人間関係が良ければ、こういった時も頼みやすいですし、相手も状況によりけりではあるものの快く引き受けてくれるでしょう。もちろん、逆に自分も頼まれた時には引き受けるということは必要ですが。

ただもし職場で孤立していると、必要な時にも周囲に人に頼みにくく、自分の中で抱え込まざるを得なくなってしまいます。

こうなると特に風邪など突発的に休むことになってしまった時は大変です。

評価を下げられる

上記の理由から仕事が効率良く行うことができない人は、当然周囲に比べて成果面で見劣ってしまうことが多いです。

とは言え中には、そんなこと関係なしでばりばりと成果を上げることができる人というのがいるのも事実です。優秀な人は優秀ですからね。

ただそういった人でも、本来の評価よりかは下げられてしまうことはよくあることです。

本来は客観的に見られるべきなのかもしれませんが、上司も人です。職場で特に話すこともない人より、普段から仲良く話している人の方が心象としてよくなり、評価時にもそれが影響することはよくあることです。

また将来的にマネジメント側の立場になるということを想定した場合、職場で孤立し周囲と関わろうとしない人に対して不安を感じるということもあるでしょう。

ただの孤立が悪化していじめ等に発展する

孤立して特に話す人もいないくらいなら、まだまし。その方が良いという人も少なくはないでしょう。

ただそれだけで済むわけではない場合も残念ながら多いです。

孤立している人に悪口、陰口を言うようになり、さらにひどくなると嫌がらせをしてくる場合だってあります。

単に放っておいてくれればいいのに、それだけではすませてくれないのです。

ここまで来ても別にいいという人はさすがに少ないでしょう。

ある程度の人間関係はやはり大切

仕事をスムーズに行い、職場で下手にターゲットにならないという為には、やはりある程度の人間関係を築いていくことは大切なことでしょう。

もちろんそれでも上手くいく人、気にせずにいられる人もいますがそういった人はかなり少数派の例外か、周囲の人間に恵まれているかです。

職場で孤立する人の特徴、性格

では職場で孤立する人は、どういった特徴や性格の人でしょうか。

もしあなたが孤立してしまっているなら、これから紹介する中に原因があるかもしれません。

仕事ができない、結果をだせていない

会社という場では、仕事ができるかどうかというのが人間関係にも大きく左右されます。

そして周囲に比べて著しく仕事ができない場合、その人のせいで迷惑をかけられることが多かったり、自分の仕事が増える原因になったりするので、周囲から嫌われ孤立してしまうことになるということが高い確率で起こります。

またその人がいない場で悪口の対象として話題になりやすいというのも、孤立に繋がる原因です。

態度、会話がそっけない

せっかく話しかけても態度や会話がそっけないと、次からその人と話そうという気がなくなってしまいます。

楽しくないし、悲しいですからね。

そしてそれが色々な人に対して何度も続くと、誰も話しかけてはこなくなり、孤立していくのです。

もしも自分が人に話しかけた時にそっけない冷たい態度を取られたらどう感じるかを考えてみてください。もう話しかけるのはやめようと思いませんか?

あなたは周囲に対して、実はそう思わせてしまっているのかもしれません。

会話が成立しない

会話が成立しない人と話すのはかなり疲れます。

仕事で必要な会話であれば仕方ありませんが、それ以外のことでわざわざ話すのはやめておこうと思うくらい疲れます。

人と話すというのは、相手次第で楽しくなることもあれば、リラックスできることもあれば、疲れることもありますよね。そして当然楽しかったり、リラックスできるなどプラスになる人と話したいですよね。

疲れる、しんどいなどマイナスのことが多い人とは、必要なこと以外出来る限り話したくはないし、距離をおきたくなります。

空気が読めない、デリカシーがない

多くの人と関わりながら過ごす職場において、空気を読むというのはとても重要な能力。

真面目で集中を要する場でそれを乱すような言動を行ったり、逆に多少おちゃらけるような場で一人真面目にふるまったり。

そういった人は嫌がられたり、面倒くさがられてしまいます。

またデリカシーの有無も同様です。

相手が気にしているかもしれないことを気にせず突っ込んだり、腹立たせるような発言を平気で言ったり。

そんな人は嫌われ、そして距離を置いて出来る限り近づかずにいたいと思われてしまうのは、当然のことです。

自分から行動を起こさない

意外に大事なのが、自分から行動を起こしているかどうかです。

誰にも話しかけられない、仲間に入れてもらえないなど、周りに何かして貰える前提で考えている人は多いのではないでしょうか。

ただ人間関係というものは一方通行ではありません。何かアクションを起こしてもらうことを望むばかりではなく、自分からアクションを起こすということも非常に大切です。

ただ待っているだけだと、「あまり人と関わりたくない人」「一人が好きな人」などと勘違いされてしまう場合も少なくありません。

自分から話しかける、自分から輪に入っていく。こういったこともやらなくてはなりません。

あなたがそうであるように、周りも自分からアクションを起こしはしないけど起こしてもらえれば受け入れるという人は意外に多いんです。

飲み会等に一切参加しない

職場の飲み会や親睦会が出来る限り行きたくないという人も少なくはないでしょう。めんどうで楽しくない上、お金もかかりますからね。

ただ毎回ではないにしろ、ある程度は参加しておいた方が「人間関係」という面では良い方向に働きます。その場でしかできない話などもあり親交は深まります。

毎回断ってしまうと、その機会が失われてしまうということで、そのデメリットは大きいです。

また断ることによってその人に対しての印象も悪くなってしまいます。せっかく皆でと言っているのに、場を乱す人、自己中心な人といったことをおもわれてしまいます。