会社で孤立するデメリットや、孤立する人の特徴・性格。平気でも損することは多いかも。職場で孤立するデメリットはかなり大きいものです。

たとえ一人が好きで平気という人であっても、仕事面などで損をすることも多いので極力避けた方が良いでしょう。

では、どういった人が職場で孤立してしまうのでしょうか。

今回は、孤立する人の特徴や性格について紹介していきます。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

会社で孤立する人の特徴、性格

会社で孤立する人の特徴、性格

職場で孤立する人は、どういった特徴や性格の人でしょうか。

もしあなたが孤立してしまっているなら、これから紹介する中に原因があるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事ができない、結果をだせていない

会社という場所では、仕事ができるかどうかが人間関係を大きく左右します。

そして周囲に比べて著しく仕事ができない場合、その人のせいで迷惑をかけられたり、自分の仕事が増える原因になったりするので、周囲から嫌われ孤立する事態が高い確率で起こります。

また、その人のいないところで悪口の対象として話題になりやすいのも孤立に繋がる原因です。

態度、会話がそっけない

せっかく周囲の人が話しかけてくれても、そっけない態度や会話をしていると、周りは次からその人と話そうという気がなくなります。

周囲の人からしてみれば、楽しくないし悲しいですからね。

そして、それを色々な人に対して何度も続けていると、誰も話しかけてはこなくなり孤立していくのです。

もしも自分が人に話しかけた時、そっけない態度を取られたらどう感じるかを考えてみてください。

「もう話しかけるのはやめよう」と思いませんか?

あなたは周囲に対して、実はそう思わせているのかもしれません。

会話が成立しない

会話が成立しない人と話すのはかなり疲れます。

仕事で必要な会話であれば仕方ないと割り切れたとしても、それ以外の話題について話すのはやめておこうと思うくらい疲れるでしょう。

人と話すというのは、相手次第で楽しい気持ちになったりリラックスできたりする一方で、相手の対応次第では疲れてしまいますよね。

そして、誰だって楽しかったりリラックスできたりするなど、プラスになる人と話したいものです。

疲れる、しんどいなどマイナスが多い人とは、必要な話以外できる限り会話はしたくないし、距離をおきたくなります。

空気が読めない、デリカシーがない

多くの人と関わりながら過ごす職場において、空気を読むというのはとても重要な能力です。

真面目な場面でそれを乱すような言動をとったり、逆に多少おちゃらけるような場面で一人真面目にふるまったりすると、その人は嫌がられ面倒くさがられてしまいます。

また、デリカシーの有無も同様です。

相手が気にしているかもしれない内容に気にせず突っ込んだり、腹立たせるような発言を平気で言ったりすれば、そんな人は嫌われて当然でしょう。

そして、距離を置いてできる限り近づかずにいたいと思われてしまうのは当たり前です。

自分から行動を起こさない

意外に大事なのが、自分から行動を起こしているかどうかです。

誰かに話しかけられたり、仲間に入れてもらえるのを待っていたりなど、周りに何かして貰える前提で考えている人は多いのではないでしょうか。

ただ、人間関係は一方通行ではありません。

何かしらのアクションを望むのではなく、自分からアクションを起こすのも非常に大切です。

ただ待っているだけだと、「あまり人と関わりたくない人」「一人が好きな人」などと勘違いされてしまう場合も少なくありません。

自分から話しかけたり自分から輪に入っていったりする、といった行動もやらなくてはなりません。

あなたがそうであるように、自分からアクションを起こしはしないけど起こしてもらえれば受け入れるという人は意外に多いんです。

飲み会等に一切参加しない

職場の飲み会や親睦会にできる限り行きたくないという人も少なくはないでしょう。

確かに、面倒で楽しくないうえにお金もかかりますからね。

ただ毎回ではないにしろ、ある程度は参加しておいた方が「人間関係」という面では良い方向に働きます。

その場でしかできない話などもあり親交は深まります。

毎回断ってしまうと、有益な情報を得る機会が失われてしまうためデメリットは大きいです。

また、断るとその人に対しての印象も悪くなってしまいます。

せっかく「みんなで」と言っているのに参加しないでいると、「場を乱す人」「自己中心な人」とだと思われてしまいます。

会社で孤立するデメリット

会社で孤立するデメリット

職場での孤立と聞くと、人によっては平気と言う人もいるでしょう。

確かに、人と関わらずに済むためメリットはあります。

例えば、「無駄な付き合いがなくなる」「自分の時間が増える」「人間関係に疲れなくて良くなる」などが挙げられます。

ただ、たとえ自分が平気だとしても職場という空間で孤立するのは何かとデメリットも多いんですよね。

役に立つ情報が入ってこなくなる

休憩中の単なる雑談の中にも、仕事に役立つ情報が入っているため、孤立すると有益な情報が入ってこなくなる場合があります。

そして、それが原因で仕事がやりにくくなってしまいます。

例えば、「本当はもっと違うやり方があった」「効率の良いやり方があった」「誰かがよく知っている内容だったから聞けば良かった」といったケースが考えられます。

人と話していればもっと楽に、もっと確実に、もっと早くできた作業が、知らなかっただけで進まないという事態は仕事をしていると意外に多いのです。

知り合いが多ければ多いほど、会話の機会があればあるほど、やはり情報というものは入ってくるものです。

仕事を頼みにくくなる

仕事をしていると、「自分に余裕がないから少し仕事を頼みたい」「自分が休みで対応できないから誰かに代わりを頼みたい」といった状況は誰にでもあるはずです。

もし職場の同僚との人間関係が良ければ、仕事を頼みやすいですし、相手も自身の作業の進捗状況次第で快く引き受けてくれるでしょう。

もちろん、逆に自分も頼まれた時には引き受けることが必要です。

ただ、もし職場で孤立していると必要な時に周囲の人に頼みにくく、自分の中で抱え込まざるを得なくなってしまいます。

こうなると、特に風邪など突発的に休む際は大変です。

評価を下げられる

上述した理由などから仕事が効率良く進められない人は、当然、周囲に比べて成果面で見劣ってしまいます。

とは言え中には、周囲とのかかわりとは無関係でバリバリと成果を上げられる人がいるのも事実です。優秀な人は優秀ですからね。

ただ、そういった人でも本来よりも評価を下げられれるケースはあります。

本来は、客観的に見るべきところであっても上司だって人です。

職場で特に話さない人より、普段から仲良く話している人の方が心象として良くなり、評価時にもそれが影響するケースはよくあります。

また、将来的にマネジメント側の立場になると想定した場合、職場で孤立し周囲と関わろうとしない人に対して不安を感じるでしょう。

ただの孤立が悪化していじめ等に発展する

孤立して特に話す人がいないだけならましです。

実際、その方が良いという人も少なくはないでしょう。

ただ、それだけで済まない場合も残念ながら多いのです。

孤立している人に悪口や陰口を言うようになり、さらにひどくなると嫌がらせをしてくる場合だってあります。

単に放っておいてくれればいいのに、それだけでは済ませてくれないのです。

ここまでくると、さすがに「別にいい」という人は少ないでしょう。

ある程度の人間関係はやはり大切

仕事をスムーズに行い、職場で下手にターゲットにならないためには、やはりある程度の人間関係の構築が大切でしょう。

もちろん、それでも上手くいく人や気にせずにいられる人もいますが、そういった人はかなり少数派か周囲の人間に恵まれているかです。

会社で孤立しないためには

会社で孤立しないためには

続いては、会社で孤立しないためのポイントについて解説します。

笑顔であいさつする

会社で孤立しないためのポイント1つ目は、笑顔であいさつすることです。

あいさつするだけなら、普段話さないような人にも違和感なく言えるでしょう。

そして、あいさつをきっかけに話し始めれば、スムーズにコミュニケーションがとれます。

大切なのは”笑顔”です。

笑顔であいさつされれば、誰も嫌な気はしませんし、相手からも話しかけやすくなるでしょう。

丁寧な会話を心掛ける

会社で孤立しないためのポイント2つ目は、丁寧な会話を心掛けることです。

誰でも、そっけない返事をする人や何を質問しても一言でしか答えない人には話しかけたくないでしょう。

やはり、話しかけた時に丁寧な会話をしてくれた方が相手は気持ちが良いため、その後も積極的に話しかけてくれます。

仕事に関するちょっとした会話でも、丁寧な話し方をするようにしてください。

無理して馴染もうとしなくてもいい

無理して馴染もうとしなくてもいい

会社で孤立すると、居心地が悪かったり仕事がスムーズに進められなかったりする恐れがあります。

しかし周囲に馴染もうとして、かえって辛い思いをする必要はなく、決して必要以上に周囲に気を遣う必要はありません。

なぜなら、無理して馴染もうとしなければならない会社は、あなたに合っていない可能性があるからです。

そして、必ずあなたに合う会社はあります。

どうしても無理しなければ馴染めないなら、転職を検討した方が良いでしょう。

転職エージェントを利用すれば、次のようなメリットが得られるだけでなく、孤立しない会社を見つけるに際しても役立ちます。

  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 履歴書・ESの添削を受けられる
  • 面接対策&模擬面接を実施してもらえる

では、なぜ転職エージェントを利用すれば孤立しない会社を見つけられるのか、その理由をご紹介します。

アドバイザーがあなたの性格分析などもしてくれるから

孤立しない会社を見つけられる理由1つ目は、アドバイザーがあなたの性格分析などもしてくれるからです。

転職エージェントでは、最初にあなたと面談して「どのような性格なのか?」「どんなスキルを持っているのか?」などを聞き出します。

そして、それらの情報を基にあなたにピッタリの職場を見つけ出してくれるのです。

当然、仕事のスキルや能力がマッチしているだけでなく、性格的にも合っているか考えてくれるので、あなたが馴染みやすい会社に出会える可能性が高いでしょう。

転職エージェント側がすぐ退職されると困るから

孤立しない会社を見つけられる理由2つ目は、転職エージェント側がすぐ退職されると困るからです。

もし、あなたに馴染めない会社を紹介するとどうなるでしょうか。

当然、あなたは再び職場に馴染めずに退職を考えるでしょう。

しかし転職エージェント側からすると、すぐ退職されるのは困る事態を招きます。

なぜなら、転職エージェントは紹介者がすぐに退職すると紹介料(利益)が得られないのです。

極端な話、紹介者が職場に馴染んで長く働き続けてくれないと、転職エージェントは倒産してしまいます。

この理由から、転職エージェントは何が何でもあなたが馴染める職場を紹介する必要があるのです。

なので今の職場で孤立しているなら、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)