意外に多い期待外れと思われてしまう中途採用者、せっかく採用試験を通ったのにそうなるのはなぜ?

新卒社員と違って入社時点ですでに経験やスキルを持っている中途採用者は会社にとって即戦力になりうる期待の存在です。当然新卒社員に比べて給料だって高く設定されます。

しかし、その期待に応えることができないと「期待外れ」と思われてしまい、会社での立場や居心地が悪くなってしまう場合も少なくありません。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

少なくはない期待外れと思われてしまう中途採用者

これまでのスキルや経験、実績を評価されて入社してきた中途採用者が、いざ入社すると期待していたような仕事ぶりをできずに周囲から「期待外れ」と思われてしまうことが多々あります。

その結果、会社での居心地が悪くて居づらくなってしまったり、日々のストレスから転職したばかりなのに1年たたずに辞めることになってしまう人もいれば、あまりにひどい場合だと最初の試用期間で自分の意志とは関係なく解雇されてしまう人すらいるのが現実です。

いくら良い会社へと転職することができたとしても、そうなってしまっては転職した意味がありません。それどころかむしろ転職しなければ良かったと後悔することになります。

もしこれから新たな会社に転職しようと考えているならば、そうならない為にどうすれば良いかをしっかり考えていかなければなりません。

期待外れと思われる中途採用者の特徴

では入社後に期待外れと思われてしまう中途採用者はどういった人なのでしょうか。その特徴を紹介します。

前の会社での仕事のやり方を引きずり柔軟さがない

いくらスキルや経験があるとは言っても、会社が変われば仕事のやり方は変わるもの。

当然中途採用者は新たに入社した会社の仕事のやり方に柔軟に対応していかなくてはなりません。

それができず、いつまでも前の会社のやり方に固執し、頑固になって自分のやり方を変えずにいれば、周りの人にとってはただの迷惑。

職歴や経験は十分で一見するとばりばり活躍してくれそうだったのに、いざ入社してみるとその会社では全く通用しない「期待外れ」の人材になってしまいます。

採用試験の際に能力を過剰にアピールしている

採用試験の際に自分のことを最大限アピールすることは非常に重要なこと。せっかく持っているスキルも経験も、アピールしないと転職活動では宝の持ち腐れです。

しかしアピールのし過ぎも要注意。できもしないことをできると嘘ついたり、軽くしかやったことがないことをばりばりやってきたように誤認識させるようなことは避けなくてはなりません。

自分の能力を過剰にアピールしすぎれば、入社後に「期待外れ」となってしまうのは当然のこと。

会社側はそれができる人材と思って採用したのに、いざやらせてみるとできないわけですから。

スキルや知識があっても行動力が伴っていない

スキルもあるし、知識も豊富。一見すると仕事ができる即戦力だと思って期待度は高まります。

しかし、いざ仕事をするとなった時にはそれに加えて行動力も重要になります。

いくらスキルや知識があっても、行動力が伴わないと結局仕事はできません。

スキルや知識がある分、期待度が高くなってしまっているので、周りの失望感や期待外れ感は大きなものになってしまいます。

会社の雰囲気、人間関係に馴染めない

仕事を進める上で、会社の雰囲気に馴染み、そして周囲との人間関係を良好に保つことは非常に大切なこと。

特に転職して間もない頃は、わからないことも多くて周囲に色々なことをサポートしてもらわないと中々スムーズに進めることができません。

せっかく能力が高くても周囲との関係がうまくいかないせいでうまく仕事が進めることができず、当初期待されていたような仕事ぶりが発揮できない人も中途採用者にはありがちです。

経験・実績から自分を過信してしまっている

中途採用者にありがちなのが、過去の経験や実績から自分は活躍できるはずだと過信してしまうこと。

周囲の意見をあまり聞かずに、謙虚になって学ぼうともしないせいで仕事に馴染み実力を発揮することができないという人が少なくありません。

転職直後は、たとえこれまで高い実績をあげて自信を持っている人でも仕事に慣れ成果を上げるようになるまでは謙虚になることが大切。

下手な過信を持つと、その態度から期待値が上がってしまったり、気遣って教えてくれるような機会が失ってしまいます。

転職活動で燃え尽きてしまっている

転職において一番大切なのは入社してからです。いくら良い会社に入ったとしても、転職後がうまくいかなければその転職は失敗に終わります。

しかし、実際に転職をする場合、前の会社を辞めたいという思いの強さであってり、転職活動自体の大変さから内定を貰うことがゴールになってしまい転職活動で燃え尽きてしまっている人が少なくありません。

そしていざ入社しても中々モチベーションが上がらず、仕事で活躍できなくなってしまっています。

本人ではなく、会社や周囲に問題がある場合も

期待外れと思われてしまう場合、その原因が中途採用者自身ではなく会社であったり、職場にいる上司や同僚にある場合も少なくありません。

人事が採用試験時に判断できていない

中途採用を行う際、人事はその人がどういった能力を持っているかを面接などから見極めなくてはなりませんが、それができておらず、本来必要としていたはずの能力を有していない人を採用してしまうことも少なからずあります。

そして会社側にしろ職場で一緒に働く人にしろ、こういう人が入ってくるはずだと思っているのに、いざ入ってくると実は違ったとなれば、当然期待外れとなってしまいます。

即戦力であることを過剰に期待している

これまでその仕事での経験がある中途採用者であっても、入社後すぐに即戦力になれるとは限りません。

職種や仕事内容によりますが、同じ仕事であっても環境が変わればそれまで通りにスムーズに仕事ができなくなるのは当たり前のこと。慣れて本来の実力を発揮できるようになるまでは時間がかかります。

しかし、たとえば上司が過去に中途採用者を受け入れた経験がなかったり、たまたま前回の中途採用者がスムーズに即戦力になってしまった経験があると、新たにくる中途採用者に対して即戦力であることを過剰に求めてしまうことがあります。

こうなってしまうと、多くの場合は求められていることにはすぐに答えられず、「期待外れ」と思われてしまうことが多くなってしまうのです。

教育制度が整っていない

新卒社員に対しては教育制度が整っているのに、中途採用者に対しては教育制度が整っていないというのは多々あること。

既に社会人経験があること、既に実務をしてきた経験があることなどからろくに仕事を教えて貰えずに放置されてしまうような場合すらあります。

先ほども述べているように経験がある中途採用者と言えども環境が変われば最初は中々仕事ができないのは当たり前。

しかしそれによって仕事で成果をあげることができない原因だったとしても、周りは単なる「期待外れ」だと中途採用した人の問題に押し付けてしまう場合も少なくありません。

上司が周囲に入社前にハードルを上げすぎている

次入ってくる人は○○の経験が有る人、これから来る人はどこどこで働いてきた非常に優秀な人などと、入社前に上司が周囲に過剰に期待値を上げるような発言をしてしまうことも少なくありません。

そしてそれを聞いた周りの人は当然即戦力となる優秀な人材が入ってくると思い込みます。

そんな中でいざ入社するのは大変。

普通の仕事ぶりであっても、ハードルが高くなってしまっているせいで「期待外れ」なんて思われてしまうのです。

転職は入社直後が勝負、期待外れと思われない為にやるべきことをやろう

せっかく新たに入社するなら、誰だって期待外れだと思われて苦労する会社生活を送りたくはないはずです。

そうならない為にも、転職直後は柔軟さと行動力を持ち、謙虚に振る舞い、精いっぱいやれることをやっていきましょう。

過度な期待を抱かれてしまったり、事前に必要以上にハードルを上げられてしまうなど、自分でコントロールできない部分で苦労することもありますが、自分ができる範囲のことをしっかり行っていけば、あなたは転職きっと成功へと導くことができるはずです。