契約社員のボーナスは平均どれくらい?正社員との格差は?

契約社員のような非正規社員は正社員のようにボーナスは貰えないというのは間違いで、支給してくれる会社も少なくはありません。

ただ支給してくれる場合であっても、その金額は正社員に比べてかなり低い場合が多いです。

関連記事

 

契約社員でもボーナスがある会社も少なくはない

正社員にはボーナスを支給しているが、契約社員にはボーナスがないという会社は確かに多いのですが、全ての会社がそういうわけではありません。

たとえば転職サイトdodaで契約社員の求人を見てみても、賞与ありとしている会社は思いの他多いです。

ボーナスがあるかどうかは契約次第

契約社員に対してボーナスがあるかないかは、最初の契約や就業規則によって変わります。

最初の契約時点で「賞与あり」となっていたり、就業規則で契約社員に対するボーナス支給が決められているならボーナスは貰える可能性が高いです。

ただし〇ヶ月分等金額が明確に定まっておらず、業績に連動してボーナスの金額が決定される場合だと業績悪化を理由に「賞与あり」となっていても貰えない場合があります。

金額はまちまち、賞与ありでも数万円だけという場合も。

賞与ありと言っても、企業によってどの程度貰えるかは大きく違います。

大手だと契約社員に対しても夏と冬2ヶ月ずつ、年間で4ヶ月分ものボーナスを支給してくれる会社もあります。

しかしその一方で、支給は年1回のみで、かつ1ヶ月にも満たない(数万円だけ)という会社もあります。

一言「賞与あり」と書かれていても、その差は会社によってかなり多い点には注意しなくてはなりません。

たとえば月給20万円で賞与ありの会社と、月給22万円で賞与なしの会社があったとします。

もし前者で賞与が年間30万円でたら年収としたら年収は270万円。後者の年収は264万円なので上回ります。

しかし年間10万円しかでないと年収は250万円になり、後者の年収を下回ってしまいます。

確かにボーナスは出た方が良く、「賞与あり」の会社の方が良いのですが、その金額まで含めて考えなければ後悔することになりかねません。

契約社員の場合のボーナス支給タイミング

契約社員のボーナスの形、そしてタイミングは主に2通りあります。

正社員と同様に賞与を支給

一般的なのは、その会社で正社員として働いている人と同じタイミングで、同じようにボーナスとして支給されるというパターンです。

正社員同様、賞与として給料とは別に年1回から2回支給されることになります。

更新時、満了時に支給

賞与という形ではなく、契約期間の更新時、満了時に支払われるというパターンもあります。この場合、正社員のボーナスのタイミングとは異なることになります。

例えば6ヶ月契約の場合、6ヶ月おきに更新タイミングが来てその度に給料とは別に慰労金、満了金といった形で支給されることになります。

また更新せずそのまま退職する場合だと、在籍期間に応じて満了金という形で支給してもらえる場合もあります。

契約社員のボーナス支給額

では契約社員のボーナス支給額は、平均どの程度なのでしょうか。

契約社員のボーナス平均額

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、10人以上の社員がいる正社員以外の人の年間賞与は20万4,700円になっています。

年齢別に見ると以下の通りです。

  • ~19歳・・・4万7,800円
  • 20~24歳・・・7万5,400円
  • 25~29歳・・・11万4,400円
  • 30~34歳・・・12万4,400円
  • 35~39歳・・・13万7,600円
  • 40~44歳・・・14万2,300円
  • 45~49歳・・・14万5,500円
  • 50~54歳・・・16万6,700円
  • 55~59歳・・・21万5,900円
  • 60~64歳・・・46万3,000円

見てわかるように定年を迎えた60歳~64歳の人の賞与の額が他の年齢に比べると飛びぬけています。

これは元々正社員だった人が定年後に再雇用され嘱託社員として働いている人も含まれていることが要因だと考えられます。

その為、純粋に契約社員の平均だとだいたい15万円程度となると考えられます。

正社員とのボーナス格差

正社員の年間賞与のデータも見てみましょう(企業規模10人以上)。

正社員の年間賞与の平均は103万6,100円。年齢別に見ると以下の通りです。

  • ~19歳・・・14万4,100円
  • 20~24歳・・・41万3,900円
  • 25~29歳・・・72万6,300円
  • 30~34歳・・・89万8,400円
  • 35~39歳・・・101万5,800円
  • 40~44歳・・・115万1,200円
  • 45~49歳・・・131万5,300円
  • 50~54歳・・・144万100円
  • 55~59歳・・・135万7,300円
  • 60~64歳・・・75万5,800円

見てわかるように契約社員として働く人との格差は相当大きくなっています。

契約社員は元々の額も少なく、増えてもいかない

契約社員の場合、スタートのボーナスも正社員に比べてかなり少ないです。

さらにそこから、中々増えて行きません。

正社員の場合、見てわかるように年齢が増えるにつれてボーナスは増えていきます。

20代前半で41万円だったボーナスは、50代前半だと144万円。100万円以上増えています。

しかし契約社員の場合だと20代前半で7万円だったのが50代前半で16万円。9万円しか増えていません。

20代後半から40代前半までは5歳刻みで1万ずつしか増えません。

よって年齢が高くなるにつれ、正社員との年収格差はどんどん増えていくことになります。

年収に不満があるなら正社員になるべき

契約社員には入社のハードルが低い、正社員に比べて残業が少ない場合が多いといったメリットもありますから、悪い働き方ではありません。

しかし収入の面で言えばどうしても劣ります。そしてそれは年齢が高くなるにつれてさらに強くなっていきます。

契約社員でもスキルアップして年収を増やしていけるという可能性もゼロではありませんが、現実性や上がり幅を考えるとあまり期待ができることではありません。

だからこそ。正社員として働くということも考えてみるべき。

昇給もありますし、転職によっても年収アップのチャンスが生まれます。

この機会に、ぜひ正社員への転職を前向きに考えてみて下さい。

おすすめ転職サービス

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。これまで正社員として働いた経験がなくても使えますので積極的に活用してみて下さい。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事