実力主義の会社に転職するなら知っておきたいこと、転職して後悔する人も多いので要注意

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

実力主義の会社に転職するなら知っておきたいこと、転職して後悔する人も多いので要注意

高い能力があって高い成果を上げることができているならばそれに見合った待遇を受けるべきだというのは当然の考え方と言えるかもしれません。

しかしながら日本企業の多くは古くから年功序列制度を採用しており、能力が低くても年齢が高く勤続年数が長いというだけでそれなりの給料を貰っている人がいる一方で、高い成果を上げていてもただ若いというだけで見合った給料を貰うことができていない人もいます。

そのことで恩恵を受けている人もいるかもしれませんが、逆に不満を感じてしまっている人も多いことでしょう。

ただそんな不満は解消することができないわけではありません。会社のシステムとしてそういった形になってしまっているので同じ会社に勤めていても変わることはありませんが、実力主義を採用している会社に転職すれば若くても能力に見合った待遇を受けることができる可能性は高まります。

最近では外資系企業に限らず、年功序列ではなく実力主義制度を取り入れている会社は増えてきているので転職すること自体もそれほど難しいわけではありませんからチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

ただ希望していたはずの実力主義の会社に転職したにも関わらず、想像していたものと違って思い通りにはいかなかったり大変なことも多かったりで、転職したことを後悔する人も少なからずいますから注意が必要。

少なくとも転職を決める前に実力主義のメリット、デメリット、そして実態についてはしっかり理解しておかなくてはなりません。

関連:年功序列制度と成果主義の意味やメリット、デメリット。どちらを望む?

関連:転職して良かった人、転職しなきゃよかった人。あなたはどっちになる?

実力主義とは

実力主義とは、まさにその名の通り実力が特に重視されて待遇が決まること。

年齢が低くても実力があれば昇進し高い給料を貰うことができる一方で、実力がないと年齢が高くても昇進もできず給料も上がらないままになってしまうという特徴があります。

実力主義の中でも、特に出した成果で評価をする場合は成果主義と言われています。

実力主義の会社で働く主なメリット、デメリット

実力が高ければ評価が高くなり、その分待遇も良くなる十力主義。シンプルで当たり前のようにも思われるやり方ではありますが、そこにはメリットもデメリットも存在しています。

転職する際、メリットばかりに目が行きがちですが、デメリット面も必ず理解しておく必要があります。

実力主義のメリット

実力主義のメリットは、言わずもがなで年齢が低くても実力次第で待遇は良くなるという点。頑張れば頑張るほど、給料など目に見える形で評価をして貰うことができるということによって仕事に対するモチベーションが高くなりますし、それがやりがいにもつながっていきます。

年功序列制度の会社では、年齢によって昇給できるタイミングが決められていてどれだけ高い実力があっても、年齢が高い人に役職も給料もかなわない場合が多いです。

ろくに仕事もせず成果もあげていないにも関わらず、ただ年齢が高いというだけで自分よりも高い役職で大きな顔をしているのを見ていると、能力が高い人によってはやっぱり不満を感じてしまいますよね。

実力主義のデメリット

では逆にデメリットの部分はどういったことがあるのでしょうか。

まず一点目が実力がないと思われてしまった時に厳しい現実が待っているという点。

二点目が競争意識が高いことによる人間関係の難しさ。

そして三点目が仕事に対するプレッシャーの強さと、それに伴う仕事量の増加。

実はデメリットが色々あり、実際に転職した人の中でもこのデメリットによって転職したことを後悔してしまう人もいるのです。

次の項目でその失敗について紹介をしていきましょう。

実力主義の会社に転職した時にありがちな失敗

実力主義の会社に転職することでみんながみんな良かったと思うことができるわけではありません。

前の会社と大きく違うシステムの元で、色々と大変な目にあった人も多いみたいです。

実力主義の会社でも評価は正当であると限らない

実力主義の会社であれば、高い成果をだせばそれが正当に評価をされて正当な待遇を受けることができると思っていたら大きな間違い。

営業のように目に見えて数字が見えるものがあればまだいいんですが、結果が数字としてはっきり表れないものだと特にそうです。

結局年功序列の会社であろうが、実力主義の会社であろうが、評価するのは上司。上司が部下それぞれの仕事を完全に見ることができていない場合も多いですし、個人的な感情によって左右されてしまうこともあります。

もし正当に評価がされなかったとしたら、実力主義の会社では大変。ずっと低い待遇のまま、周囲からも冷たい扱いを受ける可能性だって十分にありえることです。

自分の能力を過信しすぎているかもしれない

自分は実力がある、そう思っていても実はそうではないかもしれません。

自分の能力を過信してしまっていたり、その会社では仕事ができるほうだったとしてもそれは井の中の蛙で、転職先では平均以下となってしまう場合だってあります。

本当に自分の能力が高いのかどうなのか、それを自分だけで理解するのには限界もあり実際にやってみなくてはわからない部分もあるので難しい判断をしなくてはなりません。

プレッシャーが強い

仕事でのプレッシャーは高くなる場合が多くなります。

より成果を重視される環境におかれることによって、なんとか成果を上げなくてはならない、他の人より高い結果を出さなくてはならないと思うようになり、そのことが大きなストレスとなってしまう可能性があるのです。

そしてそれによってサービス残業をしてしまう人も少なくはありません。

残業すること自体がマイナス評価となってしまう場合もあり、残業することはできないけど仕事を終わらせなくてはならないとなり、こっそり家に持ち帰って仕事をするようになる人がいるのです。

職場の雰囲気が悪い

実力次第であるが故に人間関係の部分が難しくなってしまい、職場の雰囲気が悪くなってしまう場合も少なくありません。

高い成果を挙げた人がいると、それを素直に喜べずにねたんでしまったり、成果を上げないように足を引っ張り合ってしまうような場合もあります。

また年齢が低い人が上司になることも、その上司にとっても部下となる人にとってもやりにくい部分でしょう。

転職前にはしっかり考えるべき

実力主義の会社には一長一短な部分があります。

決して良いことばかりではないということは覚悟をしておきましょう。

ただその覚悟ができているのであれば、一度くらい挑戦してみるのはいいかもしれません。もしかしたらその転職があなたにとって良い意味での人生のターニングポイントになるかもしれません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ