転職活動に行き詰ってしまう原因や、行き詰った時の対処法

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職活動に行き詰ってしまう原因や、行き詰った時の対処法

転職活動では、簡単に内定を貰うことができあっけなく終えることができる人もいますが、中々決まらず長期化してしまう人も少なくはありません。

そして後者の人は行き詰まり、どうすれば良いかわからなくなり、中々転職活動が進まなくなったり、人によっては諦めてしまう人もいます。

ではもし転職活動に行き詰りを感じてしまった時にはどう解消していけば良いでしょうか。

関連:転職活動が上手く行かない主な原因と直すべきポイント。見直せばきっと上手く行くはず!

関連:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

転職活動に行き詰ってしまう人は少なくない

転職活動はやることもあるし、努力した分がそのまま結果として表れるものではありませんから決して簡単なものではありません。

これが正解というものもありませんしね。

だからこそ思い通りに進まず行き詰りを感じてしまうのは珍しいことではありません。多かれ少なかれ行き詰まりを感じる人は多いです。

転職活動に行き詰るタイミング

転職活動を行っていれば行き詰るタイミングって色々ありますよね。

まず最初、自分はどこを受ければ良いかわからない、会社の選び方、探し方がわからないというところから始まります。転職サイトを調べても中々これといった企業が見つからない人が多いでしょう。

そして次に履歴書をどう書けばよいかわからずに行き詰ります。初めて行う転職活動。何をどうアピールすれば良いのか、どんな文章を書けば良いのか、スムーズに終わらせることができる人は少なくありません。

いざ応募すると今度は結果に対して悩むことになります。

応募したのに書類選考が全然通過せず、何が悪いのかもわからない。結局職歴のせいにして行き詰ってしまうという人も多いでしょう。

そして最大の難関である面接。苦手な人も多いですよね。

質問に対して上手く返せない、どうしても上手く話せない、おどおどしてしまう。そして当然のように受からず、どう直していけばいいのかわからないまま行き詰ってしまいます。

次から次へと大変なことがある転職活動。全てがスムーズに行く人が少ないのは当然のことなのです。

行き詰った時にやってはいけないこと

転職活動で行き詰ることはよくあることです。ただそんな時にやってはいけないことがあります。

期限もなく休憩する

転職活動に疲れてしまった時、一旦休憩してストレスを解消するのはモチベーションを高める為の一つの手段。

ただ休憩を取るなら取るで期限を決めなくてはなりません。

期限も決めないまま休憩してしまうと、悪い印象がある転職活動に再度取り組むことのがかなり難しくなってしまい、多くの人がそのまま辞めてしまうことになるからです。

そのまま転職活動を進めてしまう

転職活動が上手く行くか行かないかは、運に左右されてしまう部分がないわけではありません。運や縁っていうのはやっぱり大事です。

その為、中々上手く行かずに行き詰った状態でもとにかく無理にでも進めていくと、たまたま上手くいくこともないわけではありません。

ただそれはあくまで運。上手く行くかもしれませんが、ただそのまま長期化してストレスがたまり続けるだけになることも大いにありえることです。

何より最悪なのが、いつのまにか受かることだけが目標になり転職先に対するハードルが下がってしまう場合。内定を貰い入社できたとしても転職後に後悔することになりかねません。

転職活動に行き詰ってしまう原因

ではここで一旦、転職活動に行き詰ってしまう原因について考えてみましょう。

相談相手がいない、教えてくれる人がいない

まず一つ目の原因が相談相手や教えてくれる人がいないという点。

転職活動だと多くの人は一人だけで行い、誰かに相談するなんてことはしない場合がほとんどだと思います。

ただこれだと転職活動で何か上手く行かなかったり、分からないことがあった時にその解決策がわかりません。

第三者として客観的な目で見てくれる人の存在はやっぱり大切ですし、話すだけでも気が晴れることにもつながりますから、相談相手は欲しいところです。

また転職活動は正直わからないことばかりで、答えも中々わからないものですから、教えてくれる人がいないと自分ひとりで悩み答えが見つからないまま行き詰ってしまいます。

転職活動の進め方、コツなどを教えてくれる存在もまた必要ですね。

上手くいくイメージがわかない

転職活動を始めてしばらくたつと、徐々に上手くいくイメージがわかなくなってしまう人も少なくありません。

書類選考で落ちるたびに、ようやく進めた面接に落ちるたびに、自分はどうしたって受からないのではないかと考えるようになり、行き詰るようになります。

特に頑張れば頑張るほど、結果がでなかった時の行き詰まり感は大きくなってしまうでしょう。

転職活動に行き詰った時の対処法

ではここからは転職活動に行き詰った時の対処法を紹介していきましょう。

転職エージェントを利用する、もしくは変える

転職活動では相談相手、そしてやり方を教えてくれる存在が非常に大切。

だからこそ転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは無料であなたの転職活動をサポートしてくれます。進め方を教えてくれるし、なぜ落ちたかのフィードバックもしてくれるので対策が打ちやすいです。

すでに使っているけど上手くいっていない人は会社自体を変えてみてください。

転職エージェントは会社によって特色が変わるし、何より担当者の違いが大きく影響しますから、変えるだけで一変する可能性があります。

もちろん転職サイトを変えてみるのもあり。求人は転職サイトごとに異なりますから。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

実験する

一つのやり方で上手く行かないなら、一定期間を内定を貰うことではなく、色々と試すことに時間をかけてみるのも一つ良いでしょう。

アピール内容などを変えてみたり、業界や職種を変えてみるなど、色々なことをやってみて下さい。

色々と試してみれば、どういったことが武器になるのかということも見えてきますし、選択肢も広がります。

また面接に進むことができれば実戦練習を積むことができますしね。

将来の成功をつかむ為にぜひやってみて下さい。

完全にリセットしてまたゼロから始めてみる

転職活動が上手く行かず、行き詰った状態で時間がばかりたってしまうと疲れはたまっていく一方です。

ただでさえ平日は仕事でプライベートの時間を削って行う転職活動ですから、体力面も精神面も疲労感は大きいでしょう。

ですから、もし疲れている自覚があるなら1、2ヶ月期限を決めて休養を取ったのち、またゼロから転職活動を開始してみてください。

気持ちを一新することでこれまで狭くなりすぎていた視野が広くなるきっかけにもなるはずです。

最後に

転職活動は新卒の就職活動とは違っていつまでに決めなくてはいけないなんてものはありません。

1年通して求人はたくさんでているし、何度でもチャレンジは可能。

ですから結局大切なのは諦めず、試行錯誤を繰り返しながら、何度も何度もチャレンジすること。

ここで転職することを諦めてしまえば、あと数十年辞めたいと思いながら仕事を続ける辛さを味わうことになるわけですから、ぜひ粘り強く続けてみてください。



このページの先頭へ