転職で経験不足、スキル不足を補う方法。意外に逆転はできるので挑戦してみればいい。

仕事を辞めたい、転職したい。そう思っていても実際に行動する人はそこまで多くはありません。

その理由の一つに自分はまだ経験やスキルが不足している為、転職は不可能だ、転職したところで条件が悪くなるだけだといったことを考えている人が多いです。

確かに新卒採用と違って中途採用では経験やスキルがどれだけあるかということを重視され、応募条件としても課している場合が少なくありません。

しかし実は求められている条件に対して経験やスキルが不足していても採用される人は意外に多く、やる前から諦めてしまっているのはもったいないかもしれません。

関連記事

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

転職は経験、スキルが不足しているとどうしようもない?

転職において、経験やスキルが不足しているともうどうしようもないと考え応募することすらしないという人が多いかと思います。実際のところどうなんでしょうか。

中途採用において経験やスキルが重視されるのは当たり前

確かに中途採用において、経験やスキルの面を重視し厳しい応募条件を課し、その条件を満たない場合には応募があっても書類選考の段階で落としてしまう企業は存在します。

経験者採用として応募条件を課している場合、入社してからすぐに仕事ができる即戦力を採用したいと考えている場合がほとんどですから、それまでの経験やスキルが重視されるのはまあ当然であると言えるでしょう。

もしそこを全く気にしないのであれば新卒社員を採用すればいいだけです。

経験、スキルが直接的に生きるわけではない未経験者を採用する場合にも言えます。社会人としてこれまでどういった仕事を行ってきたかというのは評価する際に重要な項目になります。

応募条件は絶対条件ではないことが多い

ただ、求人票において応募条件を課していながらもその条件が実は絶対条件ではないという企業も決して少なくはありません。

たとえスキルや経験が不足していたとしても、その他の点においてそれを補うくらいのものがあれば採用するという企業も多数存在しています。

さすがに全くの未経験であればそれを逆転することはかなり困難になってしまいますが、例えば近い分野での経験があったり、経験年数が1年足りなかったりする程度であれば逆転できる可能性は十分にあると言えるでしょう。

企業にとってみれば確かに即戦力として使える人材のほうがありがたいというのは確かなんですが、そこだけを見ているだけではありません。

人を採用する場合、1年2年程度雇うわけではなく、数十年雇うことを意識するわけですから、現在の能力だけではなく、今後の成長も見据えて決めることになります。

転職エージェント経由で紹介して貰えることもしばしば

転職エージェントを利用した場合、紹介して貰うことができる企業というのはあくまで応募して受かる見込みがある企業だけです。

応募条件が企業の求めているものとは合っていなく、応募したところで絶対に落ちるような企業は転職希望者にとっても企業側にとっても転職エージェント側にとっても良いことはないのでそもそも紹介してもらうことができません。

そういった中で紹介してくれる企業の中で、求人票に書かれている応募条件に満たないものを紹介してもらったという経験を持っている人は意外に多かったりしますし、実際に受けてみたら受かったなんていう人も少なくありません。

転職活動で経験不足、スキル不足を補う方法

もちろん企業が求人票に掲載している応募条件に対して経験やスキルが不足している場合、その応募条件に達している人に比べれば評価上不利になってしまうというのは当然あることです。

その為、その企業で採用されようと思ったらどうにかしてその不利な状況を覆すだけのものを持っていなくてはなりません。

企業が重視しているのは熱意

中途採用活動を行っている企業に対しアンケートを取ったところ、転職希望者に対して最も重視していることはスキルでも経験でもなく、熱意であると回答する企業が最も多いのです。

熱意がある人ほどすぐに仕事を辞めることがないし、成長のスピードも速い傾向があるので、企業としてもどれほど熱意を持っているのかという点は特に重視される項目なのです。

ですから、他の転職希望者に比べて高い熱意があるということを十分にアピールすることができたならば、内定を貰える可能性は十分に高くなると言えるでしょう。

その熱意はどうアピールすることができるでしょうか。

熱意は単に自己PRで問われるものではなく、様々な点から試されていると考えてください。

どれだけその企業について、業界について調べているか、転職理由がその会社に入りたい理由と繋がっているか、入社後の自分の姿をしっかりアピールできているかなど、あらゆる点から熱意というのは試されます。

履歴書や面接の応対からどれだけ労力や時間を費やし、絶対に受かりたいという意思が感じられるか、企業は本当によく見ています。

その他に生かせるスキルを持っていないか

応募条件において求められている経験やスキル以外にも、それ以外にどういったスキルを持っているかというのも企業は重点的に見ている点です。

仕事をする上で必要になるスキルというのは決して一つではありません。応募条件としてだしているスキル、経験を持っていたとしてもその人が仕事をできるかというと決してそういうわけではありませんし、逆に応募条件には書かれていないスキルであっても実は仕事に生かすできるものというのはたくさんあります。

そういった点を転職活動でアピールしていけば、十分応募条件に不足している部分を補うことができるでしょう。

基礎能力を高いと思わせる

コミュニケーション能力や論理的思考力といった社会人として基本となる能力は熱意についで企業が重視する部分。

これらの能力が高い人はポテンシャルが高く、応募条件からは多少不足していても今後の成長に期待できる為、採用に繋がる可能性が高くなります。

それゆえに面接において質問の意図をよく理解し、筋道のたった回答をすることができるかというのは非常に重要になってきます。

その為にも面接の練習は必ずするようにしてください。面接が苦手、面接でうまく答えることができないというのは大半が練習不足によるもの。しっかりと準備することで面接のレベルは上げることができます。

まずは挑戦してみればいい

応募したい企業があったけど経験、スキルが不足している。そこで応募してみることにリスクはありません。

やる前から諦めてしまっていては可能性がゼロ。だめで元々でもとりあえず挑戦してみればいいんです。

関連記事

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。