仕事の休みが欲しいのに取れない人は転職するべき。休みが取れないというのはそもそもおかしい。

「さすがに休みが欲しい。」あまりにも休みが少なく休みが取れていないと、そう思ってしまうのは当然のことです。

誰にでもある程度の休みは必要なもの。

その休みすらも奪われてしまっているなら、その会社からは早めに抜け出すことをおすすめします。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

休みが欲しいと慢性的に悩むのは、会社がおかしい

普通に仕事をしていると、もっと休みがあればいいなと思うことはあっても、休みがないと悩むことはそうそうにないはずです。

少なくとも週に2回は休みがあるし、平日に休みが欲しいと思ったら有給休暇を使って休むことができるのが普通の会社です。

休みがないと感じている方は、おそらくは休日出勤が多くてあまり休みがなかったり、有給休暇を取らせて貰えない職場だったり、そもそもの休みが少なすぎるのだと思います。

それが一時的に繁忙期なだけなら、仕方がないかもしれません。

ホワイト企業であっても、忙しい時期には休日出勤が多かったり、有給休暇を取る余裕がないなんてことはどうしてもあります。(もちろんないのがベストではありますが)

しかし、それが慢性化している状況なら、考えるべきだといえます。

休日出勤は当たり前のように行うものではなく、繁忙期等で仕事が終わらないなど特別な時だけに行うものです。

慢性化しているなら、人を増やすか、仕事を減らすかなど、何かしら会社として策を講じる必要があります。

有給休暇は法律で定められた労働者の権利です。時季変更権など場合によっては取得日を変更することはできますが、取らせないことはあってはいけないことです。

本来、1週間に2日は休めるはずだし、平日も上限日数はありますが休みたい時に休めるはずなので、休みが欲しいなんて慢性的に思うことはないはずなのです。

休みが足りていないことは様々な悪影響をもたらす

休みが欲しいと思ってしまうくらいに休みが足りていないことは、様々な悪影響をもたらします。

実際、どのような悪影響があるのでしょうか。

疲れて休日に何もできない

ただでさえ休みが少なくてプライベートの時間は少ないし、休みの日は疲れ切ってなにもできないという状況に陥ってしまいます。

休日は、趣味をする、家でリラックスする、友達と出かける、など仕事の日にはできない気分転換をするためのものであるのに、疲れを取るためだけに使ってしまうのはもったいないです。

仕事で疲れ切った体をとりあえず回復させて、次の日からまた仕事、という繰り返しをしていては、なかなかエネルギーチャージはできません。

心身に異常をきたしてしまう

休みが少ないと、ストレスや疲れはどんどん蓄積されていき、それが体を壊す原因になってしまう人もいるでしょう。

心と体は、自分の想像以上に疲れているものです。

疲れすぎて体調を崩したり、精神的に疲弊して精神疾患を患ってしまってから対処するのでは遅すぎます。

心や体のSOSサインに早めに気づいて、取り返しのつかないことになる前に対策をしていくことが大切です。

長い目で見て働き続けにくい

今はなんとか若さと体力で乗り切って、勢いで働くことができているかもしれません。

しかし、この先20年や30年も今の状態で同じように働き続けるのは無理があることは明らかなはずです。

年齢が上がるとともに体力は落ちていき、退職を余儀なくされる人も出てくると思います。

仕事を頑張ることももちろん大切なことですが、先まで見据えて休みとのバランスを考えることも大切なのです。

休みが欲しいと思うなら、転職するのが良い

では「休みが欲しい」という希望を叶えるためにはどうすれば良いでしょうか。

その答えは、休める会社に転職するしかありません。

休日出勤や有休が取得できないのが当たり前の会社は、おそらくこの先も休日出勤が当たり前のようにあるでしょうし、部署が変わっても方針が大きく変わることは期待できません。

もちろん会社が良い会社へと変わることもあるかもしれません。

実際に社長が変わってブラック企業がホワイト企業へと変わったなんてこともたしかにあります。

しかし、それは不確定の要素が大きくあまり期待できません。

自分の力で仕向けることはできないし、いつ改善されるかもわからないまま待つことしかできないのです。

あまりにも不確実性が高く、そして実現度が低く、時間がかかってしまうことなのです。

より確実に、短期的に行うならやはり転職です。

しかし、より条件が悪い会社に転職してしまう可能性だってあるし、休みの取りやすさばかりに目がいって転職してから給料など他の条件面で後悔することになることだってあるため、そこは慎重に見極めることが大切です。

今の会社に将来性を感じられない場合は、早めに自分から動いて転職を視野に入れていきましょう。

一人で転職するのが不安という方は、転職エージェントの利用もおすすめです。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。