会社を辞めたいと思っていて本当に辞める人と、結局辞めない人の違い

会社を辞める、転職するというのは中々勇気がいること。辞めずに働き続けるという人も多いはずです。

絶対辞めるべきのブラック企業、絶対に転職した方がまともな生活ができるであろうブラック企業ですが、辞めない人もいますからね。

ただその一方で、本当に辞める人、スパッと転職していく人というのも決して少なくありません。

会社を辞めたいと思った時に、「本当に辞める人」と「結局辞めない人」にはどのような違いがあるのでしょうか。

関連記事
主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

会社を辞めたいと言い続けているのに辞めない人は意外に多い

会社を辞めたいという人は多いですが、実際に本当に辞める人よりも辞めずにずっと不満を抱えながら働いている人の方が多いように思います。

私の知り合いにも、もう10年以上「会社を辞めたい」と愚痴を言いながら、結局ずっと同じ会社で働き続けている人もいます。

もちろん安易に辞めたいからと言って会社を辞めるべきではありません。

たださすがにそこまで不満を抱き続けるくらいなら転職すればいいのに、せめて他に何かいい会社がないか探してみたり転職活動してみればいいのにと思ってしまいます。

なぜ、ここまでかたくなに仕事を続けてしまうのでしょうか。

会社を本当に辞める人と、結局辞めない人の違い

会社を辞めたいと言ってそれを実現させ本当に辞める人、それに対して辞めないまま、いつまでたっても会社を辞めたいと愚痴を言っている人。

両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

とりあえず転職活動をしてみたか、転職サイトや転職エージェントに登録してみたか

実際に転職した人の中で、転職活動を始める時点から「絶対に転職する」と決めている人というのは実は少なくありません。

良い企業があれば転職しようかなと思って転職活動を始めたという人も多いですし、そんなに期待してなかったけどとりあえず転職サイトや転職エージェントに登録してみたら真剣に転職活動に取り組む気になったという人も多いです。

たった数分で終わる転職サイトや転職エージェントの登録。

このわずかな差で会社を辞めたい人が、本当に辞めることができるか、結局ずるずる続けることになってしまったかの差をわけています。

全員がというわけではないですが、特に転職エージェントを使ったことがある人だと意外に転職先ってあるんだなと思っている人は多いのではないでしょうか。転職エージェントは非公開求人も多くてそれなりに希望に合った仕事を紹介してくれますから。

逆に会社を辞めたいと思っているにも関わらず、全く使ったことがない人は「どうせ無理」と決めつけてしまっているのです。

自分に自信がない、悲観的に物事を考える

自分には転職するスキルなんてない、自分は他の会社で通用するわけないといったように、やってみる前から悲観的になって悪い方向に決めつけている人も結局辞めない人によくある特徴の一つ。

なんで転職しないの?と聞くと、だいたいどうせ転職できないしと返ってきます。そして転職活動してみたの?と聞くと何もしていない、転職サイトなどへの登録すらしていないといいます。

本当に会社を辞める人も、めちゃくちゃ自分に自信があるとか、なんでもポジティブに考えるという人ばかりなわけではありません。

少しでも「もしかしたら」という気持ちが持て、行動してみることができるかどうかが大きな差を生むことになります。

めんどうくさがりかどうか

転職活動では、転職サイトや転職エージェントへの登録、面談、求人選びに履歴書や職務経歴書の作成、そして面接などやることは盛沢山。

これらをプライベートの時間を削ってやらなければいけないわけで、めんどうであるのは確かです。

結局辞めずにいる人に話を聞くと、転職活動をやろうやろうと思いつつ、めんどうくさくて時間ばかりが過ぎていったという人もいました。

思い切ってスタートさせてしまえば多少大変でも進めることができる人が多いのですが、一番難しいのが最初のスタートをきること。

そのスタートをきることができるかどうかが、本当に仕事を辞めるか辞めずにずるずる続けるかを大きく左右することになります。

長期的にものごとを考えることができるかできないか

今から3ヶ月間のことを考えれば、辞める為に転職活動するよりも、全く転職活動せずにこれまでと同じように過ごしていく方がよっぽど楽であることは間違いありません。

仕事をしながら転職活動するというのはやはり大変ですから。

ただ1年後、5年後、10年後と考えるとどうでしょうか。

辞めたい会社を辞めることができた場合と、相変わらず会社を辞めたいと言い続けながらずるずる続けている場合であれば、前者の方が良いはずです。

長期的に物事を考え、どちらが自分にとって得なのか、どちらが自分にとってメリットがあるのかを考えることができるかどうか、そしてその為に多少の犠牲を払うことができるかどうかというのも、大きな違いを生む点の一つです。

転職に対する知識があるかないか

会社を辞めない人の中に、転職に対して間違った思い込みをして必要以上に恐れたり悪いイメージを抱いている人というのは多いです。

本当は転職ってそんなに悪いものではないです。

  • 転職市場は売り手市場でかなり転職がしやすい状況になっています。
  • 年収が下がる人も多いですが、逆に上がる人もたくさんいます。年収は転職前に知ることができますから、年収アップを狙っていたのに年収が下がったなんてことはそうそうありません。
  • 転職の満足度は思いの他高く、転職して後悔する人よりも満足している人の方がずっとずっと多いです。転職後に不満を感じているという人は10%もいません。
  • 転職後の人間関係に不安を感じる人も多いですが、実際に転職した人の中で人間関係に不満を感じている人は10%ほどしかいません。
  • どうせ転職できないと思っていても、実際にやってみると思いのほかできます。評価されることも多いです。
  • 検索しても希望にあった求人が見つからないのは公開求人だからです。世の中にある求人(しかも大手や好条件の求人ほど)の多くは非公開求人で、転職エージェント等に紹介して貰う必要があります。

こういったことを知っている人は、とりあえず転職活動はしてみようかなと思えるはず。

しかし知らずに悪いイメージばかり抱いているせいで、会社を辞めたくても結局辞めないまま過ごしてしまうということになってしまっています。

参考:あなたの転職に対するイメージは正しい?転職先の会社に対する満足度、不満を感じている人は意外に少ない。

辞めることがベストではない、ただ何かしらやってみることは必要

会社を辞めたいからと言って、決して辞めることがベストであると言っているわけではありません。

中には辞めない方がいいだろうと言う人もたくさんいるでしょう。

ただ少なくとも、辞めるか辞めないかを決断する必要はあります。

辞めたいと思いながら、ずっと続けるなんて辛すぎますから。

今一度、今の仕事に対して真剣に考えてみるというのも良いでしょう、とりあえず転職活動を始めてみるというのも良いでしょう。

転職に対して勝手なイメージをもったり、何もやらないうちから悪い方向に決めつけたり、めんどくさいと何もしなければ、いつまでたっても何も変わりません。