保育士の時給、もしかしたら最低賃金以下?

他の職種に比べて離職率の高い保育士ですから、現在転職を考えているという人はかなり多いことでしょう。

なかなか厳しい仕事ですから、色々と不満もストレスもたまりますからね。

そこで今回紹介するのは、保育士の本音の転職理由と、実際に転職活動をして面接で聞かれた際に答えるべき転職理由。

これから転職活動を始めようと考えている人は参考にしてみて下さい。

 

おすすめの転職サービス

各サイトで取り扱う求人が異なるので、複数のサービスに登録しておきましょう。エージェントサービスを利用すれば、非公開求人も紹介してもらえます。

おすすめの3サービス公式

保育士バンク
ブランク・初心者歓迎の求人が豊富
会員登録なしでも応募可能
保育士がおすすめするサービスNo.1

公式

保育ひろば
業界トップクラスの求人数(全国4万の施設の求人を保有)
手厚いサポートで利用者満足度94%

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/大学中退/第二新卒/既卒
向け
・未経験職種でも最短2週間で正社員へ

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

転職理由には本音と建て前が必要

転職活動を行っていく場合、転職理由は2種類考えなくてはなりません。

まず一つ目が転職の動機となった本音の転職理由。そして二つ目が建て前の転職理由です。

本音の転職理由の重要性

転職の動機となる本音の転職理由は、その転職の正当性、転職して後悔しないかを考える上で、そして何より転職における希望条件を決める上でとても重要になります。

なぜ辞めたいのか、実際は複数の理由が色々と重なっている場合が多く、表面的な部分だけで考えてしまうと見落としてしまうものもでてきて、疎かにしたまま転職先を決めてしまうと、転職後の後悔に繋がってしまうので注意してください。

建て前の転職理由の重要性

続いて建て前の転職理由。

本音の転職理由は、おそらくほとんどの人が給料が安かったなどネガティブな理由が多いことでしょう。

しかし転職活動の面接で転職理由を聞かれた際、そのまま本音の通り言うのはNG。

愚痴や不満ばかり挙げる人材を採用したいなんてところはありませんからね。

好印象を与える建て前の転職理由を持っておくことは、転職成功に必要不可欠になります。

保育士の本音の転職理由の例

では保育士が転職したいと思う時の本音の転職理由にはどういったものがあるでしょうか。

自分が感じていることに照らし合わせてみてください。

給料が低すぎる

最も多い理由は給料が低すぎることです。

保育士自体の給料は他の職種と比べて低い傾向にあり、さらにそこから保育園間の格差もあって、中には長く働いても月20万円に満たないなんていう例もありますからね。

転職をして給料が上がることは多いので、給料アップを目的に転職する人は多いです。

労働条件、労働環境が悪い

給料に次いで多いのが、給料以外の労働条件や労働環境。

残業が多すぎる、サービス残業が多すぎる、休みが少ないという理由も多いです。

また中には人手が足りなさ過ぎて仕事量が過多、希望の保育ができる環境ではないといった理由も転職理由として挙げている人もいます。

人間関係がストレスになっている

園長や上司との人間関係、先輩や同僚との人間関係がストレスとなって転職を決意する人も多いです。

保育園は女性が多い職場なので、女性特有の大変なことも多いですよね。

気を遣う程度ならまだしも、実際にいじめを受けたりなどで辛い目にあってしまっている人もいると思います。

人間関係で感じるストレスは相当なものです。

面接時に答えるべき転職理由の例

本音の転職理由として多いのは上記のようなものですが、面接で転職理由を聞かれた時には本音のままぶつけてはいけません。

面接官も何かしら不満があるから転職するとわかってはいますが、それでもやっぱり前向きな人の方が好印象です。

まるっきり嘘をつく必要はありませんが、上手くポジティブに言い換え、好印象を与えるように考えてみてください。

ここではその一例を紹介します。

モチベーションアップ

給料が安い、人間関係が上手くいかないなどが理由である場合は、しっかり評価されることによってモチベーションアップし、これからも前向きに仕事に取り組んでいくとともに成長していきたい、といった言い方ができます。

前向きに仕事に取り組んでくれることは、より良い保育園にしていく為には必要不可欠なことですからね。

成長したい

休みが少ない、残業が多いなどの理由は成長していきたいという理由につなげることができます。

今は休みも少なく残業も多い中で仕事をこなすことで精一杯。だからもっと自分に余裕を持ち、子どもたちとしっかり向き合い、自分自身を成長させるために転職を決意した、なんてことが言えますね。

ただ環境のせいばかりにしていると思われないように、前回の職場では自分なりにどういった工夫をしたかも話した方がいいでしょう。

自分の信念

人間関係などは自分の信念とつなげることがベスト。

園長と方針が合わない、先輩と考え方が違うなどが原因で理想の保育環境に近づけられなかった、などが挙げられます。

そしてその理由を今回の転職先に入社した動機につなげていくことができます。

転職する場合は転職支援サービスを利用しよう

保育士の転職を成功させる為に大切なのは、自分のことをしっかり考えた上で転職先を決め、その転職先から内定を貰うこと。

そのためにもしっかり転職理由について考えましょう。

そして転職活動をする場合は、転職支援サービスを利用するようにしましょう。

保育園や幼稚園だけでなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれるので、少ない労力で満足する転職先を見つけることができます。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【初心者歓迎】保育士バンク


  転職サイト|転職エージェント  

ブランク有・初心者歓迎の求人が豊富で、経験に自信の無い方におすすめのサービスです。

エージェントの利用だけでなく会員登録なしでもサイトから直接応募できるので、気軽に利用しやすくなっています。

利用者の好感度も高いので、まず情報収集だけでもしたい方はここから登録をはじめてみましょう。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【トップクラスの求人数】保育ひろば


  転職エージェント  

業界最大手で全国4万施設の求人を保有しており、地域特有の事情を把握している専属コンサルタントがいるので利用者満足度も94%。

求人が出ていない園にも打診してくれるため、希望通りの転職を実現しやすいサービスになっています。

また登録から入社まで平均1~2週間とスピーディで、転職を急いでいる方にもおすすめです。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴はフリーター・第二新卒・既卒・中退・未経験者の求人を専門に扱っていることで、保育士以外の職種や業界へ転職したい方にもおすすめできるサービスです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのも魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方の強い味方になります。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)