派遣先で仕事がなく暇すぎて辞めたい時にすべきこと。派遣社員に仕事がないのはよくあることかも

上司が仕事を全然仕事を与えてくれない、与えられている仕事が簡単すぎてすぐに終わってしまうようなものばかり、手伝えることを聞いてもないと答えられてしまう。

そんな風に派遣社員として働き始めたものの、仕事がなくて暇を持て余してしまっているという人は少なくないのではないでしょうか。

忙しく働いている人から見るとそれは羨ましいように思うかもしれませんし、それこそ派遣のメリットだと言う人もいるかもしれません。

しかし実際にその場に直面すると、それが実はかなり辛いことに気づくでしょう。

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

派遣先で仕事がないのはかなり辛い

仕事が忙しすぎて毎日仕事に追われながら、派遣なのに毎日何時間も残業しなくてはいけないということに辛いと感じる人も多いでしょう。

しかしあまりに仕事がなくて暇な状態はそれ以上に辛いと感じるかもしれません。

暇で何もすることがない状況だとまず何より時間がたつのが遅くなり、会社で過ごす時間がとてつもなく長く感じられてしまうようになります。

いくら残業がなくても1日8時間程度はある仕事。それだけの長い時間を何もせずに過ごすなんて言うのはかなり地獄です。

そして派遣社員の場合だと他の正社員の人の目も気になります。

自分が暇な時は周りも暇であってくれれば良いのですが、正社員は忙しく働いているのに派遣社員は暇ですることがないというのもよくある話。

自分だけ暇でいるなんてとにかく居心地が悪いものです。

またいずれは正社員になりたいと考えていてそのステップアップで一旦派遣社員として働きスキルを身につけようとか考えている人にとっては何もスキルが身につかないことに大きな不安を抱く原因になるかもしれません。

派遣先で仕事がないというのは意外によくあること

派遣が暇というのは良く聞く話です。

本来派遣は、足りない人材を補填する為に採用するわけですから、人が足りないというのはおかしな話ですよね。

ただ、実際に派遣は予算補充などのために派遣の採用が行われていることがあり、派遣先によっては派遣社員に対して与える仕事があまりないということがありえるのです。

また、仕事上においても守秘義務や契約上の関係で派遣社員に仕事を与えにくくなるといったケースもあります。

その際に派遣社員は、機密に関わる仕事が付与できなかったり、派遣会社と派遣先の会社間で結ばれる仕事内容の契約上させることができないことが多かったりと仕事がかなり限定されてしまい、職場が忙しくても暇な状況になってしまいます。

何でも指示できる正社員と違って、かなり制限のある派遣社員。結局、簡単な仕事しか付与できなくなってしまっているということも多いのです。

暇すぎる派遣先の対処法

では、もし仕事が暇すぎる場合、派遣社員として何ができるのでしょうか。

正社員の場合なら自主的に仕事を探したり、新しい仕事をとってきたり、部署をまたいで仕事をしたりなど自分の裁量によって多少なりとも手の打ちようがありますが、派遣社員の場合はそうもいきません。

その際は、どのように仕事を見つければいいのかといった点について解説していき、仕事が無くて暇になってしまった派遣社員の方が取れる行動について紹介いてします。

上司に相談する

多少は目をつぶって貰えるかもしれませんが契約している仕事以外のことは基本的にさせることができないし、機密に関わることもだめ。

自分自身でやれることはかなり限られてますが、上司に聞けば意外と仕事がもらえるかもしれません。

しかし、職場の上司は部下に対して正社員なら長期目線で育てていかなくてはいけないため、なんとか仕事をつくってあれこれさせようとします。

しかし、派遣社員の場合だと短期雇用で育成する必要も無いため、無理して仕事を作るようなことをしない可能性は高いです。

自己研鑽

仕事がなかった場合、自己研鑽に職務の時間を当てるのはおすすめです。

もし、勤務中にパソコンを自由に操作できる環境であれば、マクロの勉強をしてみたり、簿記の資格勉強をして正社員を目指すことは時間効率といった側面で非常に良いでしょう。

ただし、入社してすぐにこれらをやってしまうと、派遣先の人に悪い印象を与えてしまうため、入社してしばらくしてから行うようにしましょう。

派遣先を変えてもらう

派遣会社の営業の人に仕事の暇さを訴えれば、派遣先を変えてもらえるかもしれません。

営業の人も、客先ですぐに辞められてしまうと評価に直結してしまうためできる限りの策は打ってくれるでしょう。

もしかしたら、他の部署に異動出来たり別の派遣先に行けたりします。

暇すぎる派遣先を更新するべき?

暇というのはいいこともありますが、もちろん悪いこともあります。

そのため、ここではメリット、デメリットをまとめてみましたので会社を続けるか辞めるかの参考にしてみてください。

メリット

暇な派遣におけるメリットは、暇なので楽してお金がもらえることが最も大きいです。

精神的負荷なくお金をもらえる環境は、なかなかありません。

特に向上心がなく、お金が欲しい人はこのままいることがおすすめです。

デメリット

デメリットは、もし派遣切りにあったら次の職場が見つからないかもしれない、ということです。

なぜなら、スキル面での向上が見込めず、次の派遣先を探すのに苦労する為です。

また、暇なのが苦痛な人もそのままいることはデメリットになります。

もう耐えれない、辞めたいと思ったら

もしあまりに仕事が暇で辛いと感じているならば、辞めるのも一つの手段です。

契約している期間は働く必要がありますが、それ以上更新はせずまた違う仕事を紹介してもらうように派遣会社に打診しましょう。

「せっかくの暇な仕事なのにもったいないのではないか」なんて思わず、さっさと違う仕事に移った方が得策で、このタイミングで正社員を目指してみるのも良いと思います。

派遣社員として働くことでみにつくこともありますが、正社員には及びません。

正社員になりたいなら今がチャンス

現在はかなりの売り手市場となっていて派遣社員から正社員になることも以前に比べると比較的容易になっています。

その為、スキルを身につけてからと先延ばしするよりはさっさと今のうちに転職してしまった方が良いです。

また転職エージェントを利用することで、面接の練習やどのようなスキルが活かせるのかといったことについて知ることがきるため、転職を志す際にはぜひ転職エージェントを使ってみましょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)