新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

よく新卒で就職すると、どんな仕事でも、どんだけ辛くても3年は働きなさいということを言われます。

その為、他にやりたいことがわかっていたり、あまりにもひどい労働環境で辛い会社生活を送っていても、退職することをとどまってしまう人も多くいるでしょう。

しかし、会社をすぐに退職、転職はそんなに悪いことなのでしょうか。

そこで今回は、新卒入社後にすぐに退職してしまうことのメリット、デメリットについて考えていきます。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

スポンサーリンク

なぜ新卒がすぐに退職、転職することが悪いとされているのか

そもそも、なぜ新卒で入社した会社をすぐに退職することは悪いことだとされているのでしょうか。

よく言われる理由は以下のことです。

  • 3年程度働かないと、その仕事の楽しさはわからない
  • すぐに退職してしまうと、違う会社に転職することが難しい
  • 辞め癖がついて、次の仕事も続かない

さて、これは正しいのでしょうか。

私の感覚としては、正しい部分もあり、間違った部分もあると言えます。

仕事の楽しさ

まず仕事の楽しさですが、これは部分的には正しいと感じます。

新卒で入社後、すぐに退職する人の理由として、思っていた仕事とは違ったというのがあります。

ただ、入社後すぐにその仕事の本質はわかりません。

先輩がしている仕事を見て楽しくないと感じても、実際に自分がやってみるのとは大違いです。

3年という期間が必要かというと、それは人それぞれですし、仕事内容にもよりますが、1人前で仕事ができるようになって、ようやくその仕事が楽しいのか、楽しくないのかを判断することができると思います。

すぐに退職した場合の転職のしにくさ

次に、すぐに退職してしまうと転職しづらいということ。

確かに人事の立場から考えれば、それなりに社会人を経験した人のほうがスキルは高いですし、すぐに退職した人はまたすぐに会社を辞めるのではないかと考えます。

どちらかをとるとなると、ほとんどの場合はすぐに退職していない人をとるでしょう。

しかし、それはあくまで同じ土俵で転職活動を行う場合です。

実は、そもそも3年以内の退職と、他の人では土俵が違います。

3年以内の転職は第二新卒というジャンルに分けられます。

この第二新卒は現在非常に需要が高くなっており、大手企業でも採用人数を増やすと明言もしていますし、リクルートエージェント を利用した際にも多くの第二新卒者向け求人を紹介してもらうことができました。

ですから、転職しづらいということは今は全く無いと考えて良いです。

辞め癖がつく

これは、人それぞれです。

安易な理由から退職してしまう人は確かに、辞め癖がついてしまう可能性があります。

しかし、明確な理由や、自分の将来をしっかり考えての転職、あまりにもひどい労働環境による退職であれば、そうはなりません。

実際、ブラック企業が非常に多くなっていますから、すぐに辞めた=辞め癖があるとは、企業の人事も考えてはいません。

そうでなければ積極的に第二新卒を採用しませんから。

しかし、転職回数が2回、3回と多くなっていくと、辞め癖があると判断されてしまいます。

スポンサーリンク

新卒者の退職、転職状況

では新卒者の退職、転職は実際の状況はどうなっているのでしょうか。

退職状況

厚労省;新規学卒者の離職状況に関する資料一覧によれば、直近の3年以内離職率の状況は以下の通りとなっています。

  • 高卒:40%
  • 短大卒:41.5%
  • 大卒:32.3%

最も離職率が少ない大卒ですら、30%以上が3年以内に会社を退職しています。

すぐに辞めることは、特殊な状況でもなんでもなくてよくあることなのです。

転職状況

新卒で入社した会社からすぐに転職する場合、第二新卒として、転職活動を行うことになります。

先ほども述べたようにこの第二新卒は、近年非常に需要が増えてきており、非常に転職しやすい状況となっていますし、

大手企業も採用枠をかなり増やしています。

上記でも紹介したように、3年以内の離職率は非常に高くなっており、その結果、企業も将来を担う若手の人材が不足している点や、一度違う業界、職種を経験した人に入社して貰いたいという考えから、積極的にとるようになっています。

第二新卒は、その職種特有のスキルは求められません。

ある程度のビジネスマナーややる気、将来性によって判断されます。

ライバルは皆同様に、すぐに退職した人達ですから、すぐに辞めたことが不利になることはありません。

すぐに退職、転職することのメリット、デメリット

では、具体的にすぐに退職、転職することのメリット、デメリットを紹介します。

すぐに退職、転職するデメリット

  • 仕事の本質がわからないまま退職し、社会人経験が増えていくことで、理解し後悔する。
  • 同期を失う
  • 一部の人に「すぐに辞めるダメな人」と思われる
  • また新しい環境でゼロからスタート

すぐに退職してしまうことには、それなりにリスクが伴います。

しっかり退職する理由、自分がどうなりたいかを考えなければなりません。

また、すぐに退職することに対して悪いイメージを持っている人も多い為、周囲からはそういった目で見られることの覚悟は必要です。

自分の中で、すぐに退職、転職することはポジティブなことだということを強く考え、周囲の目を気にしない強さは必要です。

すぐに退職、転職するメリット

  • 辛い状況から抜け出せる
  • やりたいことを実現できる
  • 複数の会社を経験することにより、視野が広がる
  • 視野が広がり、自分が本当にしたい仕事を見極められる
  • 違う職種にチャレンジできる

すぐに退職した場合、まだ若い為、違う職種への転職も可能です。

これが30代以上になってくると、非常に困難な状況になってきます。

また、一度社会人として経験したことは非常に価値のあるものであり、経験したことで自分についてよく理解できたり、視野が広がるというメリットもあります。

大切なのはしっかり考えること

新卒で入った会社を退職し、転職することは、何も悪いことではありません。むしろ現在の第二新卒としての転職しやすい環境を考えれば積極的に行っても良いと思います。

どちらがいいかということは、自分自身の頭でしっかり考えてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:第二新卒で公務員への転職する方法や公務員のメリットやデメリット

関連:新入社員の平均年収や手取り、ボーナスの実態。中には500万円超えもいる?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ