出張が多い仕事の特徴やメリット、デメリット。意外に大変なことが多いかも

出張が多い仕事の特徴やメリット、デメリット。意外に大変なことが多いかも

社会人になる前、出張について若干憧れたり、楽しみにしていませんでしたか?

私自身、色々なところに会社のお金で行けることがちょっと楽しみでした。

でも実際、出張の多い仕事についてみると、そんなに魅力あるものではなかったというのが正直な感想。

というわけで、今回は出張の多い仕事の特徴やメリット、デメリットを紹介します。

関連:残業代ゼロ!サービス残業が当たり前?それは大きな間違い!

関連:【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

スポンサーリンク

出張が多い仕事の特徴

まずは、どういった仕事だと出張が多いのかについて紹介していきましょう。

支店や関連企業が多い

大企業だと、全国各地に支店や営業所、工場があり、何かと行かなくてはならない場合が多々あります。

テレビ電話等も普及してきましたが、現地に行って対応していかなくてはならないことも多いのです。

また協力会社、グループ会社などにも多々行かなくてはならないことも多く、海外への出張も頻繁にある場合もあるでしょう。

取引先が全国、全世界にある

支店や関連企業が少なかったり、あっても割と近くにある場合であっても、取引先が全国各地や全世界にある場合も出張は増えます。

取引際には当然行かなくてはいけないこともありますから、仕方のないことです。

技術職や営業職

上述したことにあてはまる企業であっても、全ての社員が出張が多いわけではありません。

職種によって出張の多い職種、少ない職種があります。

出張の多い職種としては、技術職や営業職が挙げられます。

技術職は取引先で問題が起きた場合に行ったり、勉強会や情報収集の為に行ったりと何かと出張が多かったりします。

営業職の場合は支店や各営業所に行く機会も増えますし、遠方の取引先に行かなくてはならない場合も多々あります。

スポンサーリンク

出張が多い仕事のメリット、デメリット

出張の多い仕事にはメリットもデメリットもあります。

最初は出張があったほうが良いと思っていても、意外にデメリットも多いです。

メリット

まずはメリットから紹介していきましょう。

外に出れる

出張があるメリットの一つめは、会社の外にでること。

同じ場所でずっと働くとやっぱり息が詰まりますよね。

たまにでも全然違う場所に行けると、それが仕事であっても割と楽しく仕事ができます。

出張手当が貰える

出張する場合、交通費や宿泊費とは別に出張手当を貰うことができる会社が多いですね。

一日数千円貰うことができる為、出張が多ければ多いほど、給料が増えます。

もちろんそういった手当をしっかりだしてくれる会社に限りますが。

色々なところに行ける

会社のお金で色々なところに行けるというのも大きなメリットと言えるでしょう。

長期の出張で休日等を挟む場合であれば、その休日に観光したりなどもできますね。

旅行が好きな人にとって、交通費がかからずに色々なところに行けるのは非常に魅力的なことかもしれません。

デメリット

では次にデメリットを紹介します。

移動時間に残業代がでない

出張時の移動時間が勤務時間内であればいいのですが、時間外の移動となると残業代がでないことがほとんど。

早朝に出発したり、夜遅くの移動になっても仕事の為に出張して疲れるのに、全くお金は貰えないのです。

夜遅くの移動となる場合、泊まってから次の日の勤務時間中に移動できればいいのですが、まあそんなこと会社は許しませんよね。

帰れる状況にあるならば、帰らなくてはいけないというのが実情だと思います。

出張が多いと帰る時間が遅いのに、残業がまったくつかずに給料が低いなんてこともしばしばあるのです。

ホテル代が全部出ない場合も

仕事の為に出張しているのですから、ホテル代は会社持ちだというのは当然のこと。

ただ、場合によってはホテル代に自腹を切らなくてはならなくなるなんてこともあります。

多くの会社ではホテル代に上限を設定しています。

その上限内であればいいのですが、繁忙期なんかだと安いホテルが全然なくて、上限を超えるホテルしか取れないなんてこともあるのです。

特に、出張は急に決まる場合も多いので、そうなってしまうことも多々あります。

何かと出費が増える

出張手当が貰えるといっても、実はそれ以上に何かと出費が増えてしまったりもします。

食事代だったり、お土産代だったり。

特に複数で出張に行くと夜に一緒に飲みに行くことも増えてしまいます。

かなり遠くても日帰りさせられることも

上述したように、仕事が終わり帰れる状況であるならば帰らなくてはならないことがほとんど。

東京から九州や北海道への出張であっても日帰りでさせられるなんてこともよくあることです。

早朝に家を出て深夜に帰宅する為、かなり疲れますし残業代は一切でません。

観光なんてする時間はない

休日をはさんだ出張であればまだしも、そうでなければ仕事に追われて観光なんてする時間はないことがほとんど

色々な場所に行けるとは言っても、観光なんてなにもできないので全く意味がなかったりします。

家族と過ごす時間が減る

海外出張などで長期の出張が増えると当然家族と過ごす時間は減ってしまいますよね。

中にはそれをメリットと捉える人もいるかもしれませんが・・・。

転職を考えているなら

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ