正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?

正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?

本当は正社員として働きたいにも関わらず、正社員の仕事が見つからずに、やむを得ず派遣社員や契約社員で働いている人は数多くいます。

しかし、一方で正社員で働いている人の中には、正社員を辞めたいと思っている人も多くいます。

そして、あえて正社員から派遣社員や契約社員になる人も中にはいます。

そこで、今回は正社員から派遣社員や契約社員になることに焦点を当てて紹介していきます。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:労働者派遣法の改正の概要や影響、今の働き方で大丈夫?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

正社員を辞めたい、その理由は?

なぜ正社員を辞めたいと思うのでしょうか。

正社員になりたくてもなれない人にとっては理解しがたいかもしれませんが、辞めたいという人にはそれなりに理由があるものです。

いくつかその理由を紹介します。

仕事の責任の重さにうんざり

正社員として仕事をしていると、責任の重い仕事を任されることは多々あります。

責任の重い仕事を任されることを魅力的に感じる人もいますが、一方でその責任の重さが仕事が辛い原因となってしまう場合があります。

その辛さから、責任の重い仕事をやりたくない、責任の重い仕事を任されにくい派遣社員や契約社員として働きたいと思い、

正社員を辞めたいと思ってしまう人も少なくありません。

サービス残業にうんざり

正社員として働いている人の中で、サービス残業をしたことがある人はどれくらいいるでしょうか?おそらく相当数いるでしょう。

いくら働いても、残業代はでず時給で考えると相当低い。そんな人も多いでしょう。実際、約半数程度の人はサービス残業をしているそうです。

そう考えると、時給で決められている派遣社員のほうがいい、正社員なんか辞めたいと思ってしまってもしかたありません。

仕事をすればした分だけ確実にお金を貰うことができる派遣社員の働き方は、魅力的に感じます。まあ正社員であっても本来そうあるべきなんですが。

正社員の場合には、それ以外にも自己研鑽として、労働時間以外にも勉強しなくてはいけないだと、給料は貰えないけれど時間ばかりとられるなんてことも少なくありません。

長時間労働にうんざり

たとえ残業代はでるとしてもそもそも残業が多く、労働時間が長い人も多くいるのではないでしょうか。

そのせいでプライベートの時間は全く持てず、仕事ばかりの人生にうんざりしているなんてことも多々あるでしょう。

正社員だと、それ以外にも労働時間外に自己研鑽として何かと勉強しなければならなかったりと、プライベートの時間が奪われてしまうことが多々あります。

人間関係にうんざり

人間関係は、仕事を辞める原因として上位にいます。

正社員だと、面倒な人間関係も何かと気を遣い、上手くやっていかなくてはなりません。

そのことに疲れてしまう人も多くいます。

有期雇用であれば、そこまで周囲の顔色を伺わず、断りやすいというメリットがあり、そのことに魅力を感じる人もいます。

出世競争にうんざり

正社員だと、出世競争に巻き込まれることはよくあること。

それに嫌気をさす人も多くいます。

無駄に上司の顔色をうかがって、言いたいことも言えずに神経をする減らす毎日が嫌になってしまう。

これが正社員を辞めたいと思う理由にもなります。

週5日も働くことができない

正社員を辞めたい理由で最も多いのが、週5日も働くことができないという理由によるものです。

結婚、子育て、介護といった様々な理由から、週5日、8時間勤務は厳しいということはよくあることです。

この場合、働き方に融通が利く非正規雇用の働き方を選ぶのは最もなことです。

スポンサーリンク

正社員から派遣社員、契約社員になることのデメリット

正社員から派遣社員、契約社員になることは、やはりデメリットもあります。

もし、その道を選ぶのであれば、デメリットについてはしっかり知っておく必要があります。

正社員になることが難しくなる

正社員から一度派遣社員や契約社員になってしまうと、再度正社員になりたいと思っても、転職することが難しくなることが多いです。

キャリアの一貫性がないと見られてしまったり、年齢相応のスキルがないとみなされてしまいます。

正社員を一度辞めた理由をしっかり説明できないと、また辞めるのではないかとも思われてしまいます。

正社員から正社員に転職するよりも難易度があがることを忘れてはいけません。

年齢が高くなると仕事が少なくなる

若い時は仕事が見つけやすい非正規雇用であっても、年齢が高くなると仕事を見つけることが難しくなってきます

企業が欲しがるスキルを持っていない限り、より若い人を雇いたいと思うのは仕方ないことかもしれません。

今は人手不足の企業も多いため、仕事はありますが、リーマンショックのような不景気となると仕事がないという状態に陥ってしまうかもしれません。

年収の低さは想像以上に辛い

正社員に比べて、派遣社員や契約社員は年収が低いことがほとんどです。

若い時はそこまで差がありませんが、30代、40代となると、差はどんどん開いていきます。

これくらいあれば生活できると思っていても、想像以上にお金がないことは辛いです。

特に年齢が高くなればなるほど、より強く思うようになります。

退職金もないため、老後の為に貯金をしなくてはいけない。

しかし、生活するのにいっぱいいっぱいで貯金ができない。

そういったことになってしまうかもしれません。

正社員か、それとも派遣社員、契約社員か

正社員と派遣社員や契約社員にはそれぞれメリットもデメリットもあります。

正社員で働くことが必ずしも正しいわけではありません。

しかし、どんな働き方を選ぶにしろ、しっかりとその働き方について理解し、将来についても考えなければなりません。

もし、派遣社員や契約社員として働くのであれば、将来も働き続ける為に、必要な人材となっていく必要があります。

また働き方を選ぶにも、本当に正社員ではだめなのかということを考えましょう。

今不満になっている理由は、正社員であっても転職すれば解決できることかもしれません。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

関連:派遣の仕事を辞めたいよくある理由や正しい辞め方、辞めた後の事

関連:限定正社員とは。制度の概要、働き方やメリット、デメリット。

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ