正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?

正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?

本当は正社員として働きたいにも関わらず、正社員の仕事が見つからずに、やむを得ず派遣社員や契約社員で働いている人は数多くいます。

しかし、一方で正社員で働いている人の中には、正社員を辞めたいと思っている人も多くいます。

そして、あえて正社員から派遣社員や契約社員になる人も中にはいます。

そこで、今回は正社員から派遣社員や契約社員になることに焦点を当てて紹介していきます。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:労働者派遣法の改正の概要や影響、今の働き方で大丈夫?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

正社員を辞めたい、その理由は?

なぜ正社員を辞めたいと思うのでしょうか。

正社員になりたくてもなれない人にとっては理解しがたいかもしれませんが、辞めたいという人にはそれなりに理由があるものです。

いくつかその理由を紹介します。

仕事の責任の重さにうんざり

正社員として仕事をしていると、責任の重い仕事を任されることは多々あります。

責任の重い仕事を任されることを魅力的に感じる人もいますが、一方でその責任の重さが仕事が辛い原因となってしまう場合があります。

その辛さから、責任の重い仕事をやりたくない、責任の重い仕事を任されにくい派遣社員や契約社員として働きたいと思い、

正社員を辞めたいと思ってしまう人も少なくありません。

サービス残業にうんざり

正社員として働いている人の中で、サービス残業をしたことがある人はどれくらいいるでしょうか?おそらく相当数いるでしょう。

いくら働いても、残業代はでず時給で考えると相当低い。そんな人も多いでしょう。実際、約半数程度の人はサービス残業をしているそうです。

そう考えると、時給で決められている派遣社員のほうがいい、正社員なんか辞めたいと思ってしまってもしかたありません。

仕事をすればした分だけ確実にお金を貰うことができる派遣社員の働き方は、魅力的に感じます。まあ正社員であっても本来そうあるべきなんですが。

正社員の場合には、それ以外にも自己研鑽として、労働時間以外にも勉強しなくてはいけないだと、給料は貰えないけれど時間ばかりとられるなんてことも少なくありません。

長時間労働にうんざり

たとえ残業代はでるとしてもそもそも残業が多く、労働時間が長い人も多くいるのではないでしょうか。

そのせいでプライベートの時間は全く持てず、仕事ばかりの人生にうんざりしているなんてことも多々あるでしょう。

正社員だと、それ以外にも労働時間外に自己研鑽として何かと勉強しなければならなかったりと、プライベートの時間が奪われてしまうことが多々あります。

人間関係にうんざり

人間関係は、仕事を辞める原因として上位にいます。

正社員だと、面倒な人間関係も何かと気を遣い、上手くやっていかなくてはなりません。

そのことに疲れてしまう人も多くいます。

有期雇用であれば、そこまで周囲の顔色を伺わず、断りやすいというメリットがあり、そのことに魅力を感じる人もいます。

出世競争にうんざり

正社員だと、出世競争に巻き込まれることはよくあること。

それに嫌気をさす人も多くいます。

無駄に上司の顔色をうかがって、言いたいことも言えずに神経をすり減らす毎日が嫌になってしまう。

これが正社員を辞めたいと思う理由にもなります。

週5日も働くことができない

正社員を辞めたい理由で最も多いのが、週5日も働くことができないという理由によるものです。

結婚、子育て、介護といった様々な理由から、週5日、8時間勤務は厳しいということはよくあることです。

この場合、働き方に融通が利く非正規雇用の働き方を選ぶのは最もなことです。

スポンサーリンク

正社員から派遣社員、契約社員になることのデメリット

正社員から派遣社員、契約社員になることは、やはりデメリットもあります。

もし、その道を選ぶのであれば、デメリットについてはしっかり知っておく必要があります。

正社員になることが難しくなる

正社員から一度派遣社員や契約社員になってしまうと、再度正社員になりたいと思っても、転職することが難しくなることが多いです。

キャリアの一貫性がないと見られてしまったり、年齢相応のスキルがないとみなされてしまいます。

正社員を一度辞めた理由をしっかり説明できないと、また辞めるのではないかとも思われてしまいます。

正社員から正社員に転職するよりも難易度があがることを忘れてはいけません。

年齢が高くなると仕事が少なくなる

若い時は仕事が見つけやすい非正規雇用であっても、年齢が高くなると仕事を見つけることが難しくなってきます

企業が欲しがるスキルを持っていない限り、より若い人を雇いたいと思うのは仕方ないことかもしれません。

今は人手不足の企業も多いため、仕事はありますが、リーマンショックのような不景気となると仕事がないという状態に陥ってしまうかもしれません。

年収の低さは想像以上に辛い

正社員に比べて、派遣社員や契約社員は年収が低いことがほとんどです。

若い時はそこまで差がありませんが、30代、40代となると、差はどんどん開いていきます。

これくらいあれば生活できると思っていても、想像以上にお金がないことは辛いです。

特に年齢が高くなればなるほど、より強く思うようになります。

退職金もないため、老後の為に貯金をしなくてはいけない。

しかし、生活するのにいっぱいいっぱいで貯金ができない。

そういったことになってしまうかもしれません。

正社員か、それとも派遣社員、契約社員か

正社員と派遣社員や契約社員にはそれぞれメリットもデメリットもあります。

正社員で働くことが必ずしも正しいわけではありません。

しかし、どんな働き方を選ぶにしろ、しっかりとその働き方について理解し、将来についても考えなければなりません。

もし、派遣社員や契約社員として働くのであれば、将来も働き続ける為に、必要な人材となっていく必要があります。

また働き方を選ぶにも、本当に正社員ではだめなのかということを考えましょう。

今不満になっている理由は、正社員であっても転職すれば解決できることかもしれません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

関連:派遣の仕事を辞めたいよくある理由や正しい辞め方、辞めた後の事

関連:限定正社員とは。制度の概要、働き方やメリット、デメリット。

スポンサーリンク



このページの先頭へ