転職は何か月前から準備するのがいい?2ヶ月前は遅すぎる?

転職は何か月前から準備するのがいい?2ヶ月前は遅すぎる?

いずれは転職しようと考えた時、どれくらい前から準備を始めればいいのかというのは気になる点ですよね。

やろうと思えば転職に向けて動き出してから1ヶ月以内に終わらせることも不可能というわけではありません。

ただあまりに短期間で終わらせようとすると、焦りから満足行く転職ができない場合が多くなってしまう為、ある程度余裕を持って考えておく必要があります。

関連記事

 

転職は何か月前から準備すべきか

実際に転職するとなると、転職活動を開始して内定を貰うとともに、現在の仕事を退職しなくてはいけません。

ここではそれらにかかる平均的な期間から、転職の準備は何か月前に始める必要があるのかを逆算していきます。

転職活動開始から内定までの平均期間は2~3ヶ月

転職活動を開始してから内定を貰うことができるまでの期間は平均的に2~3ヶ月とされています。

そして転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェントでも、だいたい3ヶ月がサポート期間の目安となっています。

応募、書類選考結果の連絡、面接、内定という流れになる転職活動。

ストレートに上手くいったとしてもそこそこの時間はかかってしまうものだという認識を持っておいてください。

内定から退職、そして入社までは1ヶ月

内定を貰ったら次にしなくてはいけないのが現職の退職。

法律上では退職の申し出から退職まで2週間あれば良いとされていますが、退職時のトラブルを防ぐ為に1ヶ月前には申し出た方が良いですし、転職先の会社も、1ヶ月は待ってくれる場合がほとんどです。

最低でも転職希望日の3ヶ月前には転職活動を開始した方が良い

すなわち、転職活動開始から今の会社を退職し次の会社に入社するまでの期間は最低でも3ヶ月かかると考えておきましょう。

順調に行ってもこれくらいはかかるものです。

ただこれはあくまでスムーズに行った場合の話。

転職活動はすぐに決まるような人ばかりではなく、半年程度かかるのも珍しい話ではありません。

その為、もし納得いく企業からの内定を貰えなければ多少転職時期が先延ばしになっても良いくらいで考えておくことも必要です。

情報収集は早いに越したことはない

上述した3ヶ月というのはあくまで具体的に転職活動を開始してからの期間。

それまでは何もしなくてはいいかというとそういうわけではありません。

検討している業界、職種に関する情報や自己分析、スキルの棚卸と言ったことはどれだけ早く行っていても損はないし、それをしておくことによって実際に転職活動を始めた時にスムーズに進めることができるし、転職の満足度も上がります。

在職中に転職活動をすると時間のやりくりはやはり大変。

だからこそあらかじめできることは、余裕があるうちにやっておくようにしましょう。

転職サイト等への登録も早めに済ませておいた方が良いでしょう。

一般的な転職活動の流れ

では具体的にどういった流れで転職活動を進めていくのか、一般的な流れを紹介していきます。

転職4ヶ月前

まず転職4ヶ月前。

この時期にはは自己分析を行い転職の目的、方向性を定めたり、興味ある業界や転職活動に関する情報を確認していきましょう。

時間的な余裕があるならもっと前からスタートさせても構いません。

また情報収集、そして今後に備えて転職サイトや転職エージェントにも登録しておきましょう。

転職サイトでは診断テストがあったり、転職ノウハウが読めますし、タイミングが合えば転職セミナーや転職フェアへの参加が可能となります。

また転職エージェントではキャリアカウンセリングを受けることができる為、具体的な方向性の決定や自己分析を手助けしてくれます。

まだ方向性が決まっていない、明確になっていない段階でも利用はできますし、その後の転職活動もスムーズに行きやすくなるのでさっさと利用してみるというのも一つの手です。

転職サイト、転職エージェントに関しては下記で紹介しています。

転職3ヶ月前

転職3ヶ月前からは具体的に応募して行くことになります。

履歴書等の応募書類の作成、複数回の面接をしていくことになるので、転職活動では最も大変な時期となるでしょう。

また応募から書類選考の結果がでるまで、面接から面接結果がでるまで1週間程度かかるので、応募から内定がでるまである程度時間がかかります。

ここで気を付けなくてはいけないのが、応募書類や面接は手を抜かずしっかり対策を行い質が高い状態にすること。時間がないからと言って適当に終わらせてはいけません。

どれだけ優秀な人材であってもルールを守り自分をアピールして行かなくてはせっかく受かるものもうかりません。

また中途採用は決して合格率が高いものではない為、複数の企業を同時並行で応募していくことも大事なこと。

転職エージェントに相談しながら、スケジュール感をしっかり持って取り組んでいきましょう。

転職1ヶ月前

内定を貰い転職が決定したら退職の手続きを始めることになります。

上述したように、退職の申し出は1ヶ月前にはしておきたいので、転職を決めたらだらだらせずにすぐに申し出るようにしましょう。

退職に関しては早めに伝えた方が会社としても余裕を持って後任者の選定や引継ぎを行うことができる為、トラブルになりにくくなりますから、もし内定から転職まで2ヶ月以上ある場合でも早めに伝えるようにしましょう。

何か月前か考える際に知っておきたい点

ここでいくつか、転職するにあたり時期に関して知っておきたいことを紹介します。

内定後は何か月待ってもらえる?

4月入社、10月入社などある入社日に関して決まっていない場合は転職先の企業としてもできるだけ早く入社してきてほしいもの。

ただ中途採用では在職中に転職活動をしている人がほとんどですから、内定後すぐに入社なんてことはいきませんし、それもほとんどの企業はわかってくれています。

転職サービスのワークポートが調査した結果によると、内定から入社まで待てる期間は以下の通り。

  1. 2~3ヶ月程度・・・55%
  2. 半年程度・・・15%
  3. 1週間程度・・・14%
  4. 1ヶ月程度・・・10%
  5. 1~2日・・・3%
  6. 5~6日・・・2%
  7. 1年程度・・・1%

最も多いのは2~3ヶ月。内定から入社まで十分な期間は待ってくれています。

中には1週間以下の会社もありますが、法律でも2週間前の退職申し出が決められているわけですから気にする必要はありません。無理なものは無理ですからね。

それでも無理強いしてくるような会社なら、そもそも避けた方がよいでしょう。

1ヶ月程度は待ってくれる会社がほとんどだと思って差支えありません。

なお入社日に関しては転職エージェントを通して交渉が可能な部分。内定がでたら退職日との兼ね合いを考えて転職エージェントと相談してみてください。

退職は何か月前に言うべき?

法律上では退職の申し出は2週間前と決められていますが、正直言うとそれでは後任者の選定や引継ぎ等を考えた場合に短すぎる為、退職トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

基本的には最低でも1ヶ月前。就業規則でもそのように書いている場合が多いです。

もし転職を考えているなら、一度勤めている会社の就業規則をチェックしてみましょう。

ただもし転職先が2ヶ月以上待ってくれるならそれに応じて早めに言った方が何かと得。

会社側としても余裕を持った準備ができるし、自分にとっても残った有給休暇取得などができます。

希望日通りにいくとは限らないので日程面で妥協もある程度は必要

転職は希望日通りといくとは限りません。

2ヶ月で決まるだろうと思っていても3ヶ月、4ヶ月とかかってしまう場合もあるし、逆に余裕を持って半年前に初めてみるとあっと言う間に決まってしまう場合もあります。

そして早めに決まったからと言ってどれだけ待ってくれるかも転職先の都合次第。調整可能な部分は限られています。

ですからある程度の予測を立ててそれに合わせていくことは可能ですが、必ずしもそれ通りにいくとは限らないのが転職活動です。

それ故に日程面である程度妥協することも時には必要。

ボーナスを貰ってからがいい、プロジェクトの区切りがいい、繁忙期は避けたいなど色々と考える部分はあるでしょうが、それを重視するあまりに転職先で妥協するようなことはしないように注意してください。

有給全消化は可能?

どうせ退職するなら有給休暇は全部使いたいと思うのは当然のこと。退職してしまえば消えてしまうものですからね。

ただ残っている日数次第にもよりますが、もしかなりの日数残っているなら相当日数転職先の会社に待ってもらわなくてはならず中々難しい部分があります。

例えば残50日ある場合。

有給休暇だけでおよそ2.5ヶ月必要。引継ぎに1ヶ月費やすとなった場合は3.5ヶ月かかることになってしまいます。

なかなか内定からそれだけの時間空くことはなかなかありません。

ですからたいていは有給休暇はある程度残ってしまうのが現実。もし内定から1ヶ月後に入社となる場合はとれて5日程度でしょう。

またもし入社まで十分な時間があって全消化することが可能な場合であっても、実際にそれをすると何かと文句を言われることも多いようです。

本来有給休暇を消化することは労働者の権利であり文句を言われるようなことではないんですけどね。

有給休暇の買取に関して

退職時に有給休暇の買取は原則認めらていませんが、退職時に限り有給休暇を会社が買い取ることが可能となります。

ただしその買取に関して就業規則に記載がない場合、退職する人がいくら買取を願い出ても会社がNOと言えばそれまで。買取して貰えるのは会社側が認めてくれた場合のみです。

転職に向けて登録しておきたい転職支援サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ