たとえ給料が高くても派遣社員より正社員として働いたほうが良い理由

たとえ給料が高くても派遣社員より正社員として働いたほうが良い理由

仕事を探す際、仕事内容だけでなく給料も重要となりますよね。誰だって給料は高いほうがいいはずです。

ですから正社員で安い給料で働くより、派遣社員でも給料が高いほうが良いと思う人もいるかもしれません。

ただ、目先の給料に捉われてしまうと、いずれ後悔することになる可能性があることは覚えておいてください。

若い時は派遣社員のほうが給料が良いことも多い

派遣社員として働いた場合、毎月の給料はどのくらいになるでしょうか。

時給1500円でフルタイムで働いたとしたら、年間休日120日、毎月10日の休みがあるとして月給25万円程度になります。

もし残業あれば給料はもっと増えるでしょう。

この条件ってかなり恵まれていますよね。年間120日の休日があって月給25万円って、20代であればそれほど悪い条件ではありません。

大卒の初任給は平均で20万円程度だし、なかなか昇給もできずに20代後半になっても25万円なんていかない人はたくさんいます。それでいて休日数は105日しかない人も多いですよね。

さらに派遣社員であれば、仕事内容に制限があったり、仕事に対する責任が軽かったり、残業も少なかったりと働くにあたり給料以外の魅力的な部分も多数あります。

変な会社に派遣されてしまったら更新のタイミングで違う仕事を紹介してもらうなんてこともできますしね。

それでもやっぱり正社員として働いてたほうが良い

これらのことだけ考えれば、20代のうちは派遣社員として働いてもいいんじゃないかと思ってしまいますよね。

ただ、これらのことを考えても、やっぱり正社員として働いたほうがいいというのが私の意見です。

それこそ最初の給料が派遣社員として少なかったとしてもです。

正社員との差が付き始めることに転職しても遅い

正社員と派遣社員の大きな違いが昇給。

正社員が年齢を重ねるごとに昇格し、昇給することが多い一方で、派遣社員は時給があまり変わりません。

同じ内容の仕事につく限りは、多少の違いはあるにせよほぼ変わりませんし、これまでの経験を武器に派遣会社に時給アップを交渉しても50円上がればいいほうで、月給にすれば1万円にもなりません。

また、差が付き始めた時に正社員に転職したとしても、経験がないことから年齢相応の給料を貰えることなんてなかなかできません。

結局、その時に転職活動しても派遣社員時代よりも給料が高い仕事を見つけることができずにまた派遣社員として働く続けることになり、正社員として働いている人との差はどんどん大きくなっていくのです。

給料以外でも恵まれていることが多い

正社員の場合は、毎月の給料以外でも恵まれていることが多いのも理由ですね。

ボーナスが支給されたり、退職金制度があったり、福利厚生による手当があったりと直接の金銭面でのメリットもありますし、

教育面であったり、休職時の対応であったり、産休や育休の取りやすさであったりと、金銭面以外での充実度も異なってきます。

正社員としての経験は重要

正社員として経験がある人と、派遣社員としての経験がない人では、転職する際に有利になるのは前者です。

まだ若い時であれば大きな差とはならないことも多いですが、年齢が高くなるにつれて如実に大きな影響をもたらすことになります。

たとえ最初は給料が低くても正社員として働いてきたという実績を作ることで、数年後に年収アップを目指した転職をすることもできるようになりますが、派遣社員として働いて年齢が高くなった場合は徐々に贅沢なんて言えなくなってきます。

正社員はそう簡単にクビにされない

会社が正社員をクビにするのにはかなり高いハードルがあります。

経営悪化を理由にする場合にしても、解雇にならないように最大限の努力を行うことが求められますし、能力不足を理由にする場合だと、合理的な理由を示し、さらに会社側が能力不足を解消する努力も求められます。

しかし派遣社員の場合は単に契約を延長しなければいいだけ。たった数ヶ月しか働く期間を保証されていないのです。

会社にとってみれば、正社員はこれまでも実績を積んできた貴重な人材。しかし、派遣社員は誰でもできる仕事をしてもらう替えのきく人材。

そのことをよく知っておかなくてはなりません。

ずっと働くか辞めるかはわからない

女性の場合だと、いずれは結婚、出産して仕事を辞めるつもりで、長く働くつもりなんてないから正社員になる理由なんてないという人も多いかもしれません。

確かに20代後半で辞めるのであれば派遣社員として働いていたほうが貰える給料は多いかもしれません。

ただ残念ながら将来のことに確実性はありませんし、自分の思い描いていた通りになるなんていう保証はないのです。

目の前のことに捉われすぎると後悔することになる

仕事を選ぶ際に重要なのは、目の前のことに捉われるのではなく、しっかり将来も見据えること。

今だけを切り取ってみれば確かに派遣社員として働いたほうが幸せかもしれませんが、長い目で見るとそれが後悔につながってしまうことが多いことを忘れないでください。

正社員に向けて

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:20代後半の人が派遣社員から正社員に早めに転職しておくべき理由

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ