職場の雰囲気が悪い会社で働くことはデメリットしかない。改善の余地はある?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

職場の雰囲気が悪い会社で働くことはデメリットしかない。改善の余地はある?

職場の雰囲気が悪いというのは、働く側の人間にとって大きなストレスとなることであり、それを理由に会社を辞めてしまうという人もいます。

もし現時点でそういった状況で働いている人がいれば会社にいること自体が苦痛なものとなっており、こんな状態で働き続けるのは無理だと感じている人も少なくはないでしょう。

今回は職場の雰囲気が悪いことによるデメリットや改善の方法について紹介していきます。

関連:人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

関連:新卒で人間関係が最悪な職場に入ってしまった。辞めたいなら転職するのはあり?なし?

職場の雰囲気が悪いというのは大きなデメリット

職場の雰囲気が悪いというのは、メリットなんて何もなくデメリットしかありません。

そしてそのデメリットは、人生の大半を注ぐ仕事にするにあたり致命的な問題となります。

デメリットとしては例えば以下のものがあります。

  • 仕事で協力し合うことができず、成果が上がらない
  • 仕事を教えてもらうことができずに人が成長しない
  • 職場に居ることが辛く、会社に行きたくなくなる
  • 情報の共有ができず、大きなミスにつながる

仕事で協力し合うことができず、成果が上がらない

仕事を進めていく中で、もちろん個人それぞれが担当している仕事をきっちりすることも大事ですが、一つのチームとして不足してい部分を補ったり、手助けしたりということは成果を上げる為に非常に重要なことえす。

職場の雰囲気が悪く、協力することができない状態では当然成果をあげることができにくくなり、結果的に仕事が終わらずに長時間労働、賃金の低下等にも繋がる可能性があります。

仕事を教えてもらうことができずに人が成長しない

仕事を覚え、知識や経験を広げていく為には先輩や上司から教えて貰うということがやっぱり必要になってきます。

もちろん内容によっては見て覚える、やってみて覚えるというのも大切ですが、それだけではどうしても時間がかかってしまったり、思わぬところに見落としが生まれてしまう場合があります。

雰囲気が悪い会社の場合、一応最低限のことだけは教えてくれるかもしれませんが、わからないこと、自分で調べるには時間がかかりすぎることに対してもアドバイスもなく相談にも乗ってもらえないなんてことになり、成長が遅れてしまうことにつながります。

実際、同じ会社に就職し同じ部に配属された人の中で、所属した課の雰囲気が違い1年後にかなり差がついてしまっていたという事例も見たことがあります。

職場にいることが辛く、会社に行きたくなくなる

1日8時間以上、週5日以上と多大な時間を仕事にさくことになります。起きている時間に限れば、最も長く過ごすのが職場です。

誰だって雰囲気の悪い中で長時間過ごすというのは苦痛なことであり、それがしばらく続けば会社に行きたくないというのは至って当然のことです。

さらに長く続けば続くほどにその気持ちは大きくなっていきストレスは溜まり、いずれ限界が来てしまうなんて人もいるのも事実です。

情報の共有ができず、大きなミスにつながる

職場の雰囲気が良いと、大きなことから小さなことまで情報がしっかり共有され、その情報からミスを未然に防ぐことができる場合が非常にたくさんあります。

しかし雰囲気の悪い職場では、情報がしっかり共有されずにだれ方一度してしまったミスをまた違う人がしてしまうなんて場合もよくあるし、中にはミスするだろうと思っていてもあえて口にださないなんて場合もあります。

なぜ職場の雰囲気が悪くなる原因

本来は会社にとっても、そこで働く人にとっても、職場の雰囲気が良くしていたほうがメリットがあります。

それにも関わらず、職場の雰囲気が悪くなってしまっている場合が多々あります。それはなぜでしょうか。

原因として考えられる部分については、以下のことが考えられます。

  • 和を乱す人がいる
  • 社員同士の競争意識が高すぎる
  • 能力、成果の差によって力関係が決まる
  • 仕事が忙しすぎて、それぞれが自分のことで精いっぱい
  • パワハラに対して会社として改善する気がない

和を乱す人がいる

職場の雰囲気は良いほういいと考えている人のほうが多いのですが、中にはあまりそんなことを気にせず自分の感情通りの行動をするという人もいないわけではありません。

そういった人が一人でもいると、それだけで雰囲気としては悪くなる場合があります。

特にそれが職場の中で強い立場であればあるほど、周囲に及ぼす影響が高くなってしまいます。

社員同士の競争意識が高すぎる

営業職で毎月件数を競わされたり、日頃の仕事ぶりから給料やボーナスなどで大きな差をつけられるといった場合、社員同士に高い競争意識が生まれます。

それが、社員のモチベーションアップに繋がる場合もありますが、上手くやらなかった場合、互いの足を引っ張る、ミスを望む、成果を上げた人間を妬むといったことに繋がってしまう場合も多々あります。

当然そうなれば職場の雰囲気も悪くなってしまうでしょう。

能力、成果の差によって力関係が決まる

どの会社においても、能力が高く成果を上げている人ほど強く、そうではないという人が立場が弱くなってしまうというのは多かれ少なかれあると思います。

ただあまりにそのことによる差が大きくなってしまえば、職場内で悪口を言ったり、いじめが起きてしまい自然と雰囲気は悪くなってしまいます。

仕事が忙しすぎて、それぞれが自分のことで精いっぱい

やらなくてはいけない仕事の量が多く、残業も長くなってしまっているのが当たり前になってしまっている場合、それぞれが自分のことで精いっぱいになってしまい協力関係を築くことができなかったり、常に疲れた状態でピリピリしていることになり雰囲気も悪くなってしまいます。

パワハラに対して会社として改善する気がない

パワハラはどんな理由があろうとも許されない行為です。しかし部下の気持ちなんて全く気にせずにパワハラ行為をしてくる上司、自分がやっていることがパワハラだと気づかずに行っている上司というのも確実にいます。

それを会社から無くす為には会社として行動を起こさなくてはなりません。

管理職に対する教育、パワハラ相談窓口の設置、パワハラを行った人への罰則などしっかり対策を打っている会社もありますが、中には全く気にせずに野放し状態という会社もあり、そういった会社で運悪くそういった上司の元についてしまった場合、かなり辛い会社生活を送ることになってしまいます。

職場の雰囲気を改善する方法はあるのか

では、職場の雰囲気を改善する方法というのはあるのでしょうか。

それはどんな原因で雰囲気が悪くなってしまっているのかということによっても違います。

例えば、だれか特定の人によって雰囲気が悪くなっている場合、その事実をさらに上の人に相談することによって改善に向かうかもしれません。

会社としても職場の雰囲気が悪いことは決して喜ばしいことではありませんから、改善に動いてくれる可能性があります。

また、「待つ」というのもやはり有効的な手段。上司が変わるだけで雰囲気が一変するなんてことは良くあることです。

ただいずれにしてもすぐに解決ではなく、ある程度の時間がかかることは覚悟しておかなくてはなりません。

一方、原因が組織全体にある場合だと改善の余地はあまり無いと考えたほうが良いでしょう。一人でなんとかできる問題ではありません。

職場の雰囲気の悪さは、職場にいる「人」の影響が大きいと考える人がいるかもしれませんが、実は「会社」自体によって決まってくる部分もかなりあります。

会社として良い雰囲気が築くのが難しい環境ができてしまっている場合、改善することは厳しいと考えたほうがよいでしょう。

しかもその場合、異動によって運よく雰囲気が良い職場に入ることができたとしても、また雰囲気が悪くなってしまう可能性が高いという問題があります。

無理だと判断したら転職を検討するのもあり

雰囲気がwるく居心地が悪い職場で働き続けるというのは、決して楽なことではありません。

大半の時間を費やす仕事だからこそ、いくら仕事とはいえ居心地が良く楽しく仕事ができたほうが良いに決まっています。

若い人にとっては今後の成長という観点でも多大な影響を及ぼすものであり、今この瞬間の不遇な環境が将来にまで影響しているということも忘れないでください。

もちろん転職するかどうかはそう簡単に決めることができるものではありません。ただ、長い目で見て自分がより良くなっていける可能性として検討してみるのもありでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。



このページの先頭へ