仕事を休んだことに罪悪感を感じる必要なし。次の日の対応に気を付ければいいだけ。

誰にだって仕事を休むことはあります。

風邪で熱がでたり、葬式にでる必要があったり、平日でなくてはできないことをやらなくてはいけなかったり。中には会社に行きたくなくて、行くのが面倒くさくて仮病で休んだことがあるという人もいるでしょう。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

仕事を休んだことに罪悪感を感じる人が意外に多い

有給休暇は労働者に与えられている権利であり、別に理由がなければいけないというものではありませんから、本来なら仕事を休んだとしても何ら気にすることはないはずです。

仮病はさすがに悪いことだろうと思う人もいるかもしれませんが、そもそも理由を言わなくては休めない状態、理由がなくては休ませてはもらえない状態であることがおかしいのであって、嘘をつくのも仕方がないことだってありますよね。

しかしながら、実際は休んだことに対して罪悪感を感じてしまうという人は非常に多いですね。

前もって休みを計画し、周知していた状態で休むのであればまだしも、体調不良や仮病で急きょ休んだ際は特にそう感じることが多いです。

自分の仕事をやってもらって申し訳ない、打ち合わせがキャンセルになって申し訳ないなんていう風に考えてしまうみたいです。

結局休んでいてもそんなことばかりを考えてしまい、精神的には全然休んだ気にならなかったなんてこともよくあります。

でもそれではせっかく休んでいるのに不健全ですよね。

次の日以降の対応で全て問題なし

まあ確かに急きょ休むことになれば上司や同僚に迷惑をかけることになりますから、罪悪感を感じるのも仕方がないことなのかもしれません。

ただ人にとって休むのは大切なこと。どうしても突発にならざるを得ない時だってあります。たとえ仮病であってもです。

休むのは仕方ない。そう割り切るのってやっぱり大切ですよ。

後は休んだ次の日以降をしっかり過ごせばほとんどの場合は問題ありません。

突発で休んだ場合は周りに感謝を伝える

まずは出社してから状況確認し、やらなくてはいけないことに対応してくれた人に感謝を伝えることが大事です。

打ち合わせ等が入っていれば代理で出席してくれた人がいたか、延期の為の対応してくれた人がいるかもしれません。

昨日までが納期の仕事があれば代理でやってくれた人がいるかもしれません。

本来自分がすべきことを代理でやってくれたという人にはしっかり感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

休んで遅れた仕事を取り戻す

1日休めば当然仕事は遅れます。いくつかの仕事を周りの人がやってくれたとしても、その日やる予定だった仕事全てをしてくれるわけではありません。

その遅れた分についてはできるだけ早く取り戻すようにしましょう。

遅れたままでいると、休んだことに対する後悔の念がどんどん強くなっていってしまいます。

場合によっては他の人の仕事を手伝う

もしも他の人の仕事が、自分が休んだことによって遅れてしまっているようなことがある場合、その人の仕事を手伝って遅れを取り戻すようにするのも大切です。

借りたものはできるだけ早く返したほうが、お互いにとって精神衛生上良いですよね。

普段の心がけも大事

休みやすい環境、休んでも罪悪感を感じないように環境をつくるのは、普段の心がけも大事です。

仕事はできるだけ前倒しで終わらせていく

熱がでても仕事があるから休めない。サラリーマンにはよくあることです。

38度以上熱があっても半分以上の人は会社を休まないらしいです。

ではそうならない為にはどうすればいいのか。それにはできるだけ仕事を前倒しして納期ぎりぎりの仕事を作らないということですね。

まあ毎日仕事が忙しすぎて中々難しいかもしれませんが、日々早め早めを心がける意識は持つようにしましょう。

人が休んだ時には積極的に手伝う

周りの同僚が休んだ時には、面倒だとか思わずに自分の可能な範囲でいいですから仕事を手伝うようにしましょう。

自分が休んだ時には必ず誰かが手伝ってくれることになるわけですから、お互い様です。

それをやっていれば、いざ自分が休むことになったとしても罪悪感は感じないかもしれません。

休んだことに文句を言う会社は要注意

これだけやっても仕事を休んだことに文句を言ってくるような会社は要注意ですね。

そもそも仕事を休むことは労働者の権利。文句を言われる筋合いなんてありません。

そういった会社にいると徐々に休みにくくなってしまい、高熱があっても仕事に行くことになったり、親族の葬式にも行けなくなったりしてしまいます。

仕事を休むことは悪と考えず、職場内で協力関係ができている会社で働きたいものですね。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)