ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

転職を考え、仕事探しをする際に、公共職業安定所であるハローワークを使う人も多いでしょう。

しかし、ただ何も知らずに使用するではなく、転職で使う際の注意点や登録のメリット、デメリットを紹介します。

関連:仕事を検索してみるメリットや仕事の検索の仕方、求人を見なければ何もわからない

関連:Uターン転職、Iターン転職を成功させる為に注意すべき点

関連:ハローワークの職業訓練校とは?種類や給付金について

スポンサーリンク

ハローワーク(職安)とは?

まずはハローワークがどういった所なのかを紹介します。

ハローワーク(職安)の概要

ハローワークとは、公共職業安定所の名称であり、厚生労働省が設置している行政機関です。

名前の通り、職業安定に関する業務がメインとなっており、職業紹介であったり、雇用保険の手続きなどを行います。

各地方の市町村に600箇所以上設置されています。

公式サイト:ハローワーク

ハローワーク(職安)のサービス内容

ハローワークというと、求人の紹介を行っているという点に目がいきがちですが、他にも様々なサービスがあります。

求職者向けには、

  • 求人紹介、申し込み
  • 職業相談
  • 雇用保険手続き
  • 職業訓練の斡旋

求人の紹介だけではなく、転職、就職に向けた相談も行っています。

相談内容は幅広く、履歴書、職歴書の書き方や面接の練習などのアドバイスも受けることができます。

また、企業向けにもサービスを行っており、求人情報掲載による人材紹介や助成金・給付金の支給を行っています。

ハローワークの利用は無料

ハローワークの特徴の一つが、無料で利用できる点です。

求職者は、求人検索、求人応募、職業相談などすべてを無料で使うことができます。

まあ、これはリクナビNEXT といった転職サイトや【リクルートエージェント】 といった転職エージェントと同じです。

ハローワークが無料であるという特徴は、むしろ求人を掲載する企業側にあります。

ハローワークに求人を掲載する際、費用はかからずに無料で掲載することができます。

一方で転職サイトや転職エージェントはそれなりの費用がかかります。

採用コストを多くはかけることができない中小企業は、転職サイトに登録できないこともありますが、ハローワークになら掲載することが可能になります。

スポンサーリンク

ハローワークのメリット、デメリット

ハローワークの利用にはメリットもデメリットもあります。

求人情報を検索する場合には、ハローワーク以外にも転職サイトがありますから、何も考えずにハローワークだけ使うのではなく、メリット、デメリットを知っておかなくてはなりません。

ハローワーク利用のメリット

ハローワークを利用して求人検索、求人応募をする場合、転職サイトから比べる以下のメリットがあります。

  • 中小企業まで広く探し応募することができる
  • 採用の難易度が転職サイトに比べて低い
  • 地元の求人が多い
  • 職業訓練等の情報を得ることができる

ハローワークが転職サイトに比べて最も有利な点は、中小企業の求人情報を見ることができることです。

先ほど述べているように、転職サイトに求人を掲載するにはお金がかかりますが、ハローワークに求人を掲載する場合にはお金がかかりません。

ですから、転職サイトではなく、ハローワークのみに求人を掲載している企業はたくさんあるのです。

また、転職サイトに比べると競争率は低くなる為、採用の難易度は低い点もメリットとしてあげられます。

地元で、中小企業でもいいから採用されたいという場合にはいい場所である言えます。

ハローワーク利用のデメリット

ハローワークを利用して求人検索、求人応募をする場合、転職サイトから比べる以下のメリットがあります。

  • 大企業の情報は少ない
  • 待遇の良い求人が少ない
  • ただで求人情報を出せる為、ブラック企業も多い
  • 全国の求人が少ない
  • 転職エージェントに比べるとノウハウが少ない
  • ダミーの求人が多い

ハローワークのデメリットは、中小企業の求人が見ることができる一方で、大企業の情報は少なく、待遇の良い条件も少ない点です。

そういった企業は転職サイトに求人を掲載している為です。

大企業や好条件の求人は、転職サイトでもスカウト機能を使ったり、転職エージェントから紹介してもらえる非公開求人であることが多く、もちろんハローワークに載せてはいません。

また、転職エージェントに比べると転職に向けてのノウハウは少ないです。

やはり利益を追求している民間のエージェントは差別化の為にノウハウ等の蓄積を重要視しますが、ハローワークは民間ではない為にそういったことがないことが原因であると言えます。

ただ、なにより最大のデメリットは求人を無料で載せることができることによる、ブラック企業が多い点とダミーの求人が多い点です。

ブラック企業の場合、頻繁に人が辞める為、常に求人しなくてはいけない状態になる為、転職サイトに載せてはられません。

また、社員を使い捨てと考えている為、そこまで人材の質も気にしません。その為、とにかくハローワークに求人を出し続けるのです。

さらに、ハローワークの求人は、実は全く採用する気がないダミーの求人である可能性も高いです。

ハローワーク経由で人を採用すると、国から助成金を貰うことができるという制度があります。そういった制度を悪用している会社もあるのです。

ハローワークだけを使うことは辞めておく

転職サイトにも載っていない中小企業の情報を手に入れるという点は非常に優れています。

中小企業であっても優良企業はたくさんありますから。

ただ、もし転職をしようと考えているのであれば、ハローワークだけを使うのではなく転職サイトも使うようにしましょう。

上記でも述べているように、ハローワークにはメリットもある反面、転職時には絶対避けたいブラック企業が多かったり、好条件の転職は少なかったりする為です。

やはり、お金を払って求人募集をしている企業のほうが安心はできます。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:フリーターが正社員に就職するには?フリーターの現実や就職する為の方法。

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ