派遣先で仕事がなく暇すぎて辞めたい時にすべきこと。派遣社員に仕事がないのはよくあることかも

派遣先で仕事がなく暇すぎて辞めたい時にすべきこと。派遣社員に仕事がないのはよくあることかも

上司が仕事を全然仕事を与えてくれない、与えられている仕事が簡単すぎてすぐに終わってしまうようなものばかり、手伝えることを聞いてもないと答えられてしまう。

そんな風に派遣社員として働き始めたものの、仕事がなくて暇を持て余してしまっているという人は少なくないのではないでしょうか。

忙しく働いている人から見るとそれは羨ましいように思うかもしれませんし、それこそ派遣のメリットだと言う人もいるかもしれません。

しかし実際にその場に直面すると、それが実はかなり辛いことに気づくでしょう。

関連:派遣社員が正社員に転職した時の成功体験談、失敗体験談。

関連:派遣社員から正社員に転職した感想。満足した人もいれば不満がある人もいる

派遣先で仕事がないのはかなり辛い

仕事が忙しすぎて毎日仕事に追われながら、派遣なのに毎日何時間も残業しなくてはいけないということに辛いと感じる人も多いでしょう。

しかしあまりに仕事がなくて暇な状態はそれ以上に辛いと感じるかもしれません。

暇で何もすることがない状況だとまず何より時間がたつのが遅くなり、会社で過ごす時間がとてつもなく長く感じられてしまうようになります。

いくら残業がなくても1日8時間程度はある仕事。それだけの長い時間を何もせずに過ごすなんて言うのはかなり地獄です。

そして派遣社員の場合だと他の正社員の人の目も気になります。

自分が暇な時は周りも暇であってくれれば良いのですが、正社員は忙しく働いているのに派遣社員は暇ですることがないというのもよくある話。

自分だけ暇でいるなんてとにかく居心地が悪いものです。

またいずれは正社員になりたいと考えていてそのステップアップで一旦派遣社員として働きスキルを身につけようとか考えている人にとっては何もスキルが身につかないことに大きな不安を抱く原因になるかもしれません。

派遣先で仕事がないというのは意外によくあること

派遣が暇というのは良く聞く話です。

本来派遣は足りない人材を補填する為に採用するわけですから人が足りないというのはおかしな話。

ただ実際に派遣を採用する目的は単に人材補填の為に行われているわけではない為、派遣先によっては派遣社員に対して与える仕事があまりないということがありえるのです。

例えば予算消化の為。そこそこ規模が大きな会社だと毎年各部署に予算が割り与えられていてそれを消化する為に派遣社員を雇用する場合があります。

もし余らせてしまうと翌年の予算が減らされ、逆に来年お金が足りなくなってしまう場合があるので、こういった対応を取ることは少なくありません。

また派遣会社と企業の付き合いで定期的に派遣社員を雇用する風習があったり、今すぐには仕事がなくてもいざという時の為にとりあえず頭数を揃えていたりもします。

また仕事上においても派遣社員に仕事を与えにくくなるという側面があります。

派遣社員は自社の社員ではない為、機密に関わる仕事が付与できなかったり、派遣会社と派遣先の会社間で結ばれる仕事内容の契約上させることができないことが多かったりと仕事がかなり限定されてしまいます。

何でも指示できる正社員と違ってかなり制限のある派遣社員。結局簡単な仕事しか付与できなくなってしまっているということも多いのです。

暇すぎる派遣先ではどうすればいいか

ではもし仕事が暇すぎる場合、派遣社員として何ができるのでしょうか。

正社員の場合なら自主的に仕事を探したり、新しい仕事をとってきたり、部署をまたいで仕事をしたりなど自分の裁量によって多少なりとも手の打ちようがありますが派遣社員の場合はそうもいきません。

多少は目をつぶって貰えるかもしれませんが契約している仕事以外のことは基本的にさせることができないし、機密に関わることもだめ。自分自身でやれることはかなり限られてます。

また職場の上司は部下に対して正社員なら長期目線で育てていかなくてはいけない為、なんとか仕事をつくってあれこれさせようとしますが、派遣社員の場合だとそんな必要も無い為、無理して仕事を作るようなこともあまりしません。

もちろんやれることはゼロではありません。

上司に仕事を与えて貰えないなら他の社員の人に仕事がないかを聞いてみることで仕事は見つかるかもしれません。

現場で働いている人は雑務、単純作業も多く、そこに時間がとられていることも多いので派遣社員としてでもやれることはあるはずです。

ただやれるのもその程度。それでもダメなら耐えるか、派遣会社の担当者に相談するしかありません。

もう耐えれない、辞めたいと思ったら

もしあまりに仕事が暇で辛いと感じているならば、辞めるのも一つの手段です。

契約している期間は働く必要がありますが、それ以上更新はせずまた違う仕事を紹介してもらうように派遣会社に打診しましょう。

せっかくの暇な仕事なのにもったいないのでないかなんて思わず、さっさと違う仕事に移った方が得策です。

暇な状態がこの先続くのって考えただけでもぞっとしまうよね。実際それが原因で精神的に参ってしまう人だっているのです。

このタイミングで正社員を目指してみるのも良いと思います。

特にスキルがついてから正社員になろうと思っていてとりあえず派遣社員として働こうとしている人は特にです。

確かに派遣社員として働くことでみにつくこともあるでしょう。ただそれは正社員として働く場合には及びません。

正社員になりたいなら今がチャンス

現在はかなりの売り手市場となっていて派遣社員から正社員になることも以前に比べると比較的容易になっています。

その為、スキルを身につけてからと先延ばしするよりはさっさと今のうちに転職してしまった方が良いです。

ぜひこのチャンスを逃さないようにしましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ