新卒で派遣社員として働きだした私が大手企業で派遣から正社員に直接雇用された話

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

新卒で派遣社員として働きだした私が大手企業で派遣から正社員に直接雇用された話

派遣社員から正社員になることはかなり厳しいのが現実。ほとんどの人は希望してもなることはできません。

ただ、絶対に不可能というわけではなく、実際に正社員になることができる人もいるのは事実です。

今回は実際に派遣社員から正社員になれた人、それも就職、転職しようと思ってもかなり難関である大手企業に直接雇用された人の話を紹介します。

関連:派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

新卒で派遣社員に

私が新卒後に派遣社員になったのは単純に就職活動が上手くいかなかったことが原因。希望の会社から内定を貰うことはできず、とりあえず受けていた会社からも内定を貰うことができませんでした。

それでも働かなくてはいけないことには変わりません。

その為、希望とは全く違いましたが、派遣会社の正社員である常用型派遣社員として働くことになりました。それしか選択肢がなかったのです。

この時点で私が考えたのは、とりあえず3年間派遣先で働き、そこそこの経験を積んだ後に転職することを考えていました。

大手企業に技術者として派遣

入社した後は、一定の教育を受けたのちに企業に派遣され仕事をすることになります。私は理系大学を卒業していたので、技術者として大手企業に派遣されることになりました。

派遣先は私のような新入社員ではなく経験者を採用したいと考えていたようですが、人手不足のこともあって他に派遣する人がいなかったので、やむを得ずといった形だったみたいです。

ちなみにその時は同じ派遣会社に入社した同期4人と同時に派遣されることになったので、かなり心強かったですね。

実際に派遣されてからのことを少し話しましょう。

仕事自体はそこそこ厳しかったんですが周りの人もよくしてくれたので、割と楽しく仕事はできていました。

ただ、あくまで派遣社員であるということもあって、そもそも期待されているレベルが高くなかった為、たいした仕事は付与されず、その会社に入社することができた同年代の人達には徐々に差をつけられていることになります。

働く期間が長くなっていくほどにその差は大きなものとなっていき、焦りや不安を感じるようになりました。

正社員に直接雇用

そんな私に転機が訪れたのが働き出して2年がたち、3年たった頃です。

上司から今年の中途採用試験を受けてみないかと誘われたのです。はっきり言って直接雇用されることなんてまずないだろうと思っていたのでかなり驚きました。

話を聞くと、上司からの紹介状があれば合格率はそこそこ高くなる、そしてその紹介状を書いてもらえる、プレゼンもあるが資料作成や練習等もしっかり行ってもらえるということで、可能性は非常に高いということを知りました。

実はその頃には転職活動も始めていて、いくつか書類選考にも応募していたのですが、その話を頂いたので全てを取りやめてその会社の中途採用試験一本に絞りました。

結果は無事合格。なんと普通に就職することすら相当困難な企業に正社員として採用されることになったのです。

私が卒業した大学はそれほどレベルの高い大学ではありませんでしたから、今回直接雇用された会社に私の卒業した大学から就職できた人はいませんでした。

卒業した時点では周囲はそこそこの会社で正社員、私は派遣社員と大きな差をつけられることになりましたが、数年たった後には私が一番の大きな企業に正社員として勤めることになったのです。

給料に関しても周囲に比べて一番低かった私が、最も高い給料を貰うことになりました。

人生は本当にわからないものだと思いました。

なぜ正社員になることができたのか

同じ派遣会社から同時に派遣されたのは私含めて4人いた上に、他の派遣会社から派遣されている人もいましたが、その中で中途採用試験を受ける資格を与えられたのは私だけですか。

なぜ正社員になれたのか、それにはこれらの理由があると思います。

やる気を見せ、成果をだした

まずはやる気を見せること、そしてそこそこの成果をだすことというのは紛れもなく必要なことだと思います。

派遣社員だからだとか、新入社員だからとかいう甘えは捨てて、とりあえず目の前の仕事に対して真剣に取り組み、その上で担当以外の仕事についてもどん欲に学ぶ姿勢をだすことが大事です。

特に「見せる」ということが一番重要だと思います。

胸に秘めていても、それが周囲に理解されなければ上司に声をかけられることはありません。

日々仕事をする中で上手くアピールして行き、より好印象をのこしていかなくてはなりません。

上司との関係を良好に保った

いくら仕事ができていようが、いくらやる気をアピールできていようが、上司との関係が良くなければまず声はかからないと思います。

中途採用試験に送り込むかどうかは、上司の裁量次第であることが多いですから、好かれていれば可能性は高くなるし、逆に嫌われていれば可能性は低くなります。

私の場合は運よく上司にも恵まれて、良い関係を保つことができていたので良かったです。

運が良かった

まあ色々と言ってきましたが、結局私が正社員になることができた一番の理由は運が良かったことです。

それを言ってしまえば元も子もないかもしれませんが、事実そうなんです。

他の同期で私よりも仕事ができる人はいましたし、仕事だけ見れば私が特別優れていたなんてこともありません。

実は後から知ったのですが、私を正社員として雇用することについて裏では以下のことがあったそうです。

  • その年に若手派遣社員の一人に試験を受けさせることが決まっていた
  • 女性技術者の割合を増やすことを目指していた

派遣社員から正社員に直接雇用される人に割合は決して高くなく、過去を見ても数年に1人程度でしかいません。

しかし色んな事情から、私の世代から必ず一人は採用試験に送り込まなくてはいけないということが決まっていたそうです。さらにそれは女性であるほうが望ましいとのこと。

技術者の中で技術者はかなりの少数派です。私の世代で派遣社員として働いていた人も女性は私一人だけです。

結局こういったことがあったのが、一番の理由だと思います。今では本当にタイミングが良かったんだなーと思います。

その後のこと

最後に、正社員として採用された後の話をします。

実は正社員として採用された4年後に私は結婚を理由に退職することになりました。

ただ、本当の理由は結婚ではありません。もともとは結婚してからも仕事は続けていきたいと考えていましたから。

退職することになった本当の理由は、仕事がきつくて仕方がなかったということです。

正社員として働きだすと、当然求められているレベルも高くなってくるし、仕事に対する厳しさも増してきます。それについていけませんでした。

それだけの会社となると優秀な人がほんと多いんですよね。仕事に対する理解力、行動力、段取り、スピードのレベルがやっぱり高いんです。

自分なりには頑張っているつもりでした。それでも標準のレベルになることはできませんでした。

結果、一度精神的にぎりぎりになったこともあります。そういった中でちょうど結婚が決まったので、これ以上続けることはできないと判断して退職するに至りました。

せっかく大企業に入れたのにもったいないということは何度も聞きましたし、紹介状を書いてくれた上司にも申し訳ありませんでしたが、今はその選択を後悔はしていません。

転職するなら

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:20代後半の人が派遣社員から正社員に早めに転職しておくべき理由

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと



このページの先頭へ