契約社員のメリットは少ない。転職するなら正社員を目指そう

異動や転勤がなかったり、仕事内容も正社員に比べると比較的楽な傾向がある契約社員は、雇用期間が定められているというデメリットがあってもそこそこ人気のある働き方です。

契約社員は、同様の有期雇用者である派遣社員と違って、実際に働く企業に直接雇用されることになりますから、正社員同様直接応募して内定を貰う必要があります。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

契約社員として仕事を見つける方法

契約社員として仕事を見つける方法

契約社員として仕事を見つけるには主に3つの方法があります。

3つとも無料で利用できる方法なので、それぞれの特徴を比較して自分に合う方法を見つけていきましょう。

ハローワークに通う

ハローワークは国内に500ヵ所以上あり、地域性のある職を紹介していることが特徴です。

地元で働きたい場合はハローワークで探すことをおすすめします。

また、厚生労働省が運営する公的機関のため、登録すれば平等に求人を閲覧できることがメリットです。

ただ、ハローワークを利用する際ははじめに求職者登録をしなければなりません。

来所またはインターネットから手続きできるものの、インターネットに不慣れな場合は来所しなければならない点がデメリットと言えるでしょう。

加えて、全ての企業が無料で求人を掲載できるため、質の悪い求人があることも事実です

転職サイトで探す

転職サイトは転職に特化した求人を膨大な求人数の中からいつでもチェックできることが特徴です。

契約社員の仕事探しを自分のペースで進められる点や、求人を比較検討できる点がメリットです。

その一方で、自分で膨大な情報から求人を取捨選択しなければならない点や、希望条件を絞り込んで検索する必要がある点はデメリットと言えます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、登録者と面談を行い一人ひとりに合う求人を紹介してくれることが特徴で、面談では給与や休日など細かいところまで希望条件をヒアリングして求人を紹介してくれます。

転職先企業が見つかり応募する際は、履歴書の添削など転職に関わる業務をサポートしてくれるほか、面接の練習なども行ってくれることがメリットです。

このように、転職に関するさまざまなサポートが受けられるため、初めて転職を行う方にとっても心強い存在となるでしょう。

ただ、エージェントによっては相性が合う・合わないことがあるので、利用する際はいくつか登録して相性が良いエージェントを選ぶことをおすすめします。

次は、契約社員の働き方のメリットとデメリットを見ていきましょう。

契約社員の仕事を探す上で知っておいて欲しいこと

契約社員の仕事を探す上で知っておいて欲しいこと

契約社員の仕事は有期雇用であり、労働基準法では原則として上限3年、専門的な知識を保有する場合や満60歳以上の労働者に対しては最長5年と定められています。

こうした条件を理解した上で契約社員で働く場合、正社員で働くよりも個人の働きやすさは違ってきます。

ですが、契約社員の仕事を探す上ではほかにも知っておきたい注意点があるのです。

ここでは契約社員の仕事を探す上で知っておいて欲しいことを解説していきます。

契約社員は採用されやすいわけではない

契約社員の求人には募集人数が多いものも多々あります。

募集人数が多い求人だと採用されやすいイメージを抱きがちですが、人気企業の場合は倍率も高い傾向があります。

そのため、募集人数が多い求人に次々応募しても、採用されやすいわけではないことから効率的な転職方法とはいえないでしょう。

契約社員の仕事に就きたいなら、正社員への応募と同じようにしっかりと事前に対策を練ることが必要です。

必ず正社員切り替え制度があるとは限らない

契約社員として働いている場合、企業側に正社員登用制度があれば、そのまま正社員になれる可能性はあります。

ただ、すべての企業で正社員登用制度があるわけではないので注意が必要です。

また、正社員登用制度がある企業でも、切り替え時には試験があったり、人事評価によるところが大きかったりとハードルは高い傾向があります。

このようなことから、キャリアアップを狙うなら初めから正社員登用の会社に転職するのも一つの手段でしょう。

契約社員という働き方は柔軟性が高いが、リスクもある

契約社員という働き方は柔軟性が高いが、リスクもある

契約社員は正社員と比べて残業や休日出勤が少ないので、プライベートを重視したい人には嬉しい働き方です。

専門知識を保有する場合を除き、比較的仕事内容のハードルが低めなので、気になっている業界や職種に入る足がかりにとして活用することもできます。

その一方で、長い目で見た場合に年収が上がりにくく、雇用継続も不安定な一面を持っています。

ここでは、契約社員で居続けることのリスクを解説するのでぜひチェックしてみてください。

福利厚生が充実していない

契約社員として働くことに現在は満足していたとしても、年齢を重ねるにつれ価値観やライフスタイルは変わっていくものです。

ライフスタイルの変化により、働きやすさを重視したいと思うなら福利厚生が充実する企業で正社員を目指すことがおすすめです。

また、契約社員の中には勤務時間が正社員と同じにもかかわらず、給料が低かったり、利用できる福利厚生に制限がある職場も存在します

今は良くても、今後働きやすさや条件面を重視していきたいと感じているなら、様々な制度が整っている正社員への転職を検討してみましょう。

契約社員が多い企業はキャリア形成が困難

企業の中には契約社員を多く採用するところがあります。

企業にとって契約社員を採用するメリットは、正社員を雇用するよりも人件費が削減できることや解雇の容易さが挙げられます。

正社員のように自社で時間をかけて育成することを目的としていないので、契約社員として働き続ける間は自分のキャリア形成は難しいでしょう。

契約社員は、契約期間が終了すればまた次の仕事を探さなければなりません。

次の仕事を探す場合にもキャリアの成長がないため、条件の良い企業に入れない可能性があるのです。

変化の早い時代だけにキャリア形成は不可欠です。

加えて、有期雇用であることも含めると生活が不安定になることも念頭に置いて考えなければなりません。

正社員でも自由な職場は多くある

近年では副業OKの企業が増えていて、正社員でも副業をして収入を増やそうとする人が多いです。

企業によっては残業を自宅に持ち帰って作業して良いケースや、仕事に対する責任や仕事量はポジションにより少ないケースもあります。

このように、契約社員のメリットである自由な働き方は、正社員でも実現できる職場が増えているのです。

加えて、リモートワークに対応する企業も多くなってきているので、正社員として働きながら育児や介護ができたり、キャリアアップを目的とした資格取得支援制度があったりなど自由さは契約社員以上の企業もあります。

こうした状況を考慮してみると、正社員として自由な働き方をするほうが魅力的だといえるでしょう。

契約社員から優良企業に転職する方法

契約社員から優良企業に転職する方法

契約社員として働き続けることは、自由さを得られる一方で自身のキャリアアップにつながらないことや、生活面でも不安定など不安要素もあります。

契約社員から正社員に転職した場合、福利厚生はもちろん副業OK、リモートワーク対応の企業ならキャリアアップをはじめ想像以上の自由な働き方ができるでしょう。

ここでは、契約社員から正社員として優良企業に転職する方法を解説していきます。

内定をもらうには、企業の求める人物像を理解すること

優良企業から内定をもらうまでの道のりには、面接で相性が良いことを印象付けられるかがポイントです。

そのためには企業が求める人物像を理解することが重要です。

求める人物像を理解するには、自己分析と企業研究が欠かせないため、しっかりと事前に準備することをおすすめします。

将来像が明確であり、情報収集能力があることは企業にとってメリットとなるため、この2点を高めていきましょう。

隠れ優良企業への転職が狙い目

採用されるハードルの高さから正社員への転職に不安を感じている、隠れ優良企業への転職が狙い目です。

隠れ優良企業の特徴として、知名度が高くはないこと、非公開求人に多いこと、中小企業に多い点が挙げられ、労働条件が良く働きやすい傾向があります。

また、厚生労働省が認定する優良企業とのマッチングサイトである「若者雇用促進総合サイト」を活用して探すこともできます。

「若者雇用促進総合サイト」では、優良企業の証である各種認定を受けたユースエール認定企業1,000社以上に加え、800社以上の一般企業から企業検索が可能です。

企業検索をすると登録企業の採用・定着状況・残業時間・有給休暇取得状況・人材育成情報などを把握できるので、隠れ優良企業探しにはもってこいといえるでしょう。

ただ、多くの情報から自分に合う求人を探さなければならないので、、求人の比較検討が大変だと思う方は、転職のプロである転職エージェントの利用をおすすめします。

情報の取捨選択が苦手なら、プロに相談してみる

隠れ優良企業は知名度が高くはないことや非公開求人に多いことから、転職エージェントから情報提供してもらうことがおすすめです。

転職エージェントは隠れ優良企業の情報のみならず、企業の求める人物像を理解するための自己分析を手伝ってくれるなど、多くのサポートが受けられることが特徴です。

契約社員から優良企業の正社員に転職したい方、働きやすい企業で自由な働き方を満喫したい方は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントの手を借りて正社員を目指そう

転職エージェントの手を借りて正社員を目指そう

契約社員は、残業や休日出勤がほぼなく、仕事に対する責任もさほど重くはありません。

正社員に比べると自由な働き方ができることが魅力でしたが、近年では正社員でもより自由な働き方を実現できるケースが増えています。

契約社員はキャリア形成が難しい上、雇用が不安定であることなど、自由さの裏側に厳しさもある働き方です。

そのため、将来を考えるなら今から正社員に切り替えることをおすすめします。

優良企業を探すことや効率的な転職をするためには、転職エージェントに相談して転職準備を入念に行うことが重要です。

相談する際は、「ライフワークバランスが取りやすい企業」などのように、あなたが求める希望条件をしっかり伝えることがポイントになります。

転職エージェントは、あなたの希望に合う企業の紹介はもちろん、履歴書作成の添削などもをしてくれるので、初めての転職野方でも安心して利用することができます。

また、面接の模擬練習や面接時の適切な受け答えなども教えてもらえるので、面接通過率が上がることも期待できるでしょう。

さらに、面接日や入社日などの日程調整の代行もしてくれるため、在職中でも安心して転職活動を行うことができます。

契約社員から優良企業への転職に力になってくれる転職エージェントの利用料は無料、この機会に登録して転職を成功へと導きましょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。