フリーターが正社員に就職するには?フリーターの現実や就職する為の方法。

フリーターが正社員に就職するには?フリーターの現実や就職する為の方法。

フリーターとして働いているけど、そろそろ正社員に就職したい。

将来が不安、もっと給料がほしい。

人によって理由は様々ですが、そのように考えている人も多いでしょう。

そこで、今回はフリーターの現実や正社員として就職するにはどうすればいいか紹介します。

関連:ブラック企業の見分け方、企業選びの時に絶対確認!

関連:大学中退した場合の就職活動の方法や、中退者の割合、理由

関連:非正規雇用の実態や問題点。非正規社員が増えると何が起こる?

スポンサーリンク

フリーターの現実

フリーターとして働くことは、やはりデメリットが多いです。

まずはフリーターの現実を紹介しましょう。

生涯年収がかなり低い

フリーターの生涯年収は、正社員に比べると極端に低いのはよく知られています。

正社員で働いた場合、およそ2億円~3億円程度ですが、フリーターは約6000万円程度と言われています。

フリーターとして働いている場合、昇給が無い為、若い時はまだ収入の開きは小さいですが、年齢が高くなるほど差は開いていきます。

また、ボーナスが無い、退職金が無いといったこともあげられます。

年齢が高くなると仕事を選びにくくなる

正社員でもそうですが、バイトであっても、若い人のほうが採用されやすいです。

その為、年齢が高くなると時給の高い良いバイトになかなかつけず、時給が低いバイトで我慢しなければならずに、複数のバイトを掛け持ちしなくてはならないということもあります。

ただ、掛け持ちはかなり大変でしょう。全く休む間もなく働き続けて、体を壊す可能性も高いです。

ただ、今はどこの企業も人手不足で、バイトを募集してもなかなか望んでいるほとの人がこない為に、年齢が高くても希望しているバイトに受かりやすいです。

しかし、その状態はいつまでも続くわけではないので、安心しているわけにはいきません。

年齢が高いほど正社員に就職することが難しくなる

フリーターとして働いている人が、正社員に就職することは、正社員から正社員に転職するよりもずっと難しいのが現実です。

それは、年齢が高ければ高いほど難易度はあがっていきます。

フリーターとしての経験は社会人経験としてはみなされずに。完全な未経験者として見られます。

年齢が高くて、かつ社会人未経験の人が、他の転職希望者に勝つことは難しいのが現実です。

スポンサーリンク

フリーターが正社員に就職するには

上記でもあげたように、フリーターが正社員に就職するのは、転職に比べて難しいのは確かです。

ではどうすれば正社員に就職することができるのでしょうか。

とにかくすぐ就職活動をする

フリーターの人で、正社員に就職したいと考えていながらも、就職することが難しいだとか、就職活動が面倒だという理由から実際には何もしない人が多いのが現実。

ただ、これでは就職できるわけがありません。

それどころか、時間がたち、いつの間にか年をとっていき、どんどん正社員に就職しづらくなってしまいます。

とにかくまずは就職活動を始めましょう。

仕事は選びすぎない

仕事内容、収入、労働条件。

正社員に就職するとなると、いろいろな希望があると思います。

しかし、選びすぎると就職することはできません。

まずは、仕事を選びすぎず、何でもいいから働いて社会人経験を積まなければなりません。

やりたいことがあるならば、社会人経験をある程度つんでから、転職するという方法にしたほうが可能性は高いです。

派遣社員、契約社員として働く選択肢も

最初から正社員になることを目指しても、全然受からないという状態に陥ってしまうこともあります。

その場合は派遣社員や契約社員として働く選択肢も持ったほうが良いです。

派遣社員や契約社員であっても、社会人経験として認められますから、ある程度働けばフリーターからよりもずっと正社員になりやすいです。

最初から高望みするのではなく、1歩ずつ段階を踏んでいく必要があるのです。

資格よりも就職活動

資格をとれば就職活動では有利になると思い、まず資格取得を目指して勉強する人もいるでしょう。

しかし、資格を持っていたからといって就職活動でそこまで有利に働かないことが多いです。

その資格を使った経験も必要なのです。

もちろん、持っていないよりは持っていたほうがいいのですが、優先すべきは就職活動であり、資格取得を目指すと同時に就職活動も行っていく必要があります。

スポンサーリンク

何もしないと始まらない、まずは動き出そう。

正社員に就職したいと思っているだけでは、結局なにも変わりません。

まずはとにかく動き出さなくてはなりません。

将来をしっかり考え、諦めずに行い続ければなりません。

フリーターから正社員になることができた人は、たくさんいますから、動き出せばなることは可能なのです。

まずは転職サイトを見る、転職エージェントを利用して相談することから始めましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:アルバイトやパートから正社員になることは可能?

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

関連:人手不足の業界ランキング。就職するかしないかはあなた次第。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ