フリーターが正社員に就職するには?フリーターの現実や就職する為の方法。

フリーターが正社員に就職するには?フリーターの現実や就職する為の方法。

フリーターとして働いているけど、そろそろ正社員に就職したい。

将来が不安、もっと給料がほしい。

人によって理由は様々ですが、そのように考えている人も多いでしょう。

そこで、今回はフリーターの現実や正社員として就職するにはどうすればいいか紹介します。

関連:ブラック企業の見分け方、企業選びの時に絶対確認!

関連:大学中退した場合の就職活動の方法や、中退者の割合、理由

関連:非正規雇用の実態や問題点。非正規社員が増えると何が起こる?

スポンサーリンク

フリーターの現実

フリーターとして働くことは、やはりデメリットが多いです。

まずはフリーターの現実を紹介しましょう。

生涯年収がかなり低い

フリーターの生涯年収は、正社員に比べると極端に低いのはよく知られています。

正社員で働いた場合、およそ2億円~3億円程度ですが、フリーターは約6000万円程度と言われています。

フリーターとして働いている場合、昇給が無い為、若い時はまだ収入の開きは小さいですが、年齢が高くなるほど差は開いていきます。

また、ボーナスが無い、退職金が無いといったこともあげられます。

年齢が高くなると仕事を選びにくくなる

正社員でもそうですが、バイトであっても、若い人のほうが採用されやすいです。

その為、年齢が高くなると時給の高い良いバイトになかなかつけず、時給が低いバイトで我慢しなければならずに、複数のバイトを掛け持ちしなくてはならないということもあります。

ただ、掛け持ちはかなり大変でしょう。全く休む間もなく働き続けて、体を壊す可能性も高いです。

ただ、今はどこの企業も人手不足で、バイトを募集してもなかなか望んでいるほとの人がこない為に、年齢が高くても希望しているバイトに受かりやすいです。

しかし、その状態はいつまでも続くわけではないので、安心しているわけにはいきません。

年齢が高いほど正社員に就職することが難しくなる

フリーターとして働いている人が、正社員に就職することは、正社員から正社員に転職するよりもずっと難しいのが現実です。

それは、年齢が高ければ高いほど難易度はあがっていきます。

フリーターとしての経験は社会人経験としてはみなされずに。完全な未経験者として見られます。

年齢が高くて、かつ社会人未経験の人が、他の転職希望者に勝つことは難しいのが現実です。

スポンサーリンク

フリーターが正社員に就職するには

上記でもあげたように、フリーターが正社員に就職するのは、転職に比べて難しいのは確かです。

ではどうすれば正社員に就職することができるのでしょうか。

とにかくすぐ就職活動をする

フリーターの人で、正社員に就職したいと考えていながらも、就職することが難しいだとか、就職活動が面倒だという理由から実際には何もしない人が多いのが現実。

ただ、これでは就職できるわけがありません。

それどころか、時間がたち、いつの間にか年をとっていき、どんどん正社員に就職しづらくなってしまいます。

とにかくまずは就職活動を始めましょう。

仕事は選びすぎない

仕事内容、収入、労働条件。

正社員に就職するとなると、いろいろな希望があると思います。

しかし、選びすぎると就職することはできません。

まずは、仕事を選びすぎず、何でもいいから働いて社会人経験を積まなければなりません。

やりたいことがあるならば、社会人経験をある程度つんでから、転職するという方法にしたほうが可能性は高いです。

派遣社員、契約社員として働く選択肢も

最初から正社員になることを目指しても、全然受からないという状態に陥ってしまうこともあります。

その場合は派遣社員や契約社員として働く選択肢も持ったほうが良いです。

派遣社員や契約社員であっても、社会人経験として認められますから、ある程度働けばフリーターからよりもずっと正社員になりやすいです。

最初から高望みするのではなく、1歩ずつ段階を踏んでいく必要があるのです。

資格よりも就職活動

資格をとれば就職活動では有利になると思い、まず資格取得を目指して勉強する人もいるでしょう。

しかし、資格を持っていたからといって就職活動でそこまで有利に働かないことが多いです。

その資格を使った経験も必要なのです。

もちろん、持っていないよりは持っていたほうがいいのですが、優先すべきは就職活動であり、資格取得を目指すと同時に就職活動も行っていく必要があります。

スポンサーリンク

何もしないと始まらない、まずは動き出そう。

正社員に就職したいと思っているだけでは、結局なにも変わりません。

まずはとにかく動き出さなくてはなりません。

将来をしっかり考え、諦めずに行い続ければなりません。

フリーターから正社員になることができた人は、たくさんいますから、動き出せばなることは可能なのです。

まずは転職サイトを見る、転職エージェントを利用して相談することから始めましょう。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:アルバイトやパートから正社員になることは可能?

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

関連:人手不足の業界ランキング。就職するかしないかはあなた次第。



このページの先頭へ