転職で年収を下がる人の特徴。年収アップを目指すなら要注意。

転職で年収を下がる人の特徴。年収アップを目指すなら要注意。

給料が安い、年収が低い。そんな理由から転職を考える人も多いかと思います。

そして、実際に年収を上げることは十分に可能です。人によっては300万円も400万円も上がったなんて人もいます。

ただ、、逆に年収が下がってしまう人もいます。その違いはどこにあるんでしょうか。

そこで今回は転職で年収が下がる人の特徴を紹介します。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:年収500万円は転職で実現しよう。出世、昇給に期待してはいけない。

転職では当然年収が下がる可能性もある

転職すれば絶対に年収が上がるならばいいのですが、当然下がってしまう人もいます。

また当たり前のことですよね。

きっと上がるだろうと根拠のない自信をもって取り組んでしまうと、実際には年収が下がってしまい後悔してしまうかもしれません。

だからといって、必要以上に恐れる必要はありません。下がったらどうしようなんてことばかりを考え、せっかくのチャンスを棒に振のは非常にもったいないことです。

転職ではいくつかのポイントを押さえておけば年収を上げることができる可能性は十分にあります。

だからこそ、年収が下がる人はどういった人か、しっかり押さえておくようにしましょう。

転職で年収が下がる人の特徴

では、ここから実際に転職して年収が下がる人の特徴について紹介していきます。

転職先が決まる前に会社を辞めてしまっている

転職する前にすでに会社を辞めてしまっていると年収が下がってしまう可能性は高くなります。

これには2つ理由があり、一つめが早く決めなければという焦りによるもの、2つめが企業にとって弱みを握られてしまうことによるものです。

一つ目の焦りですが、会社を辞めてしまうとどうしても徐々に焦りが生じてしまいます。そうなった時、最初は年収が上がることを目標にしていても、多少下がってもいいと考えるようになっていき、結果的に妥協して入社してしまうということがしばしば起きてしまいます。

極論を言えば、会社を辞めていなければ年収アップとなる転職先が見つけるまでいつまでも転職活動を進めることができます。一方、会社を辞めてしまうとどうしても時間制限がある為、やむを得ずに決めてしまわなくてはならない状況に追い込まれてしまうのです。

二つ目の企業にとって弱みを握られてしまう点ですが、企業にとってすでに会社を辞めてしまっている人はそれほど高い条件を提示しなくても内定をだせば来てくれる可能性が高くなります。

一方、まだ会社を辞めていない人は、少なくともその会社よりも条件面を良くしてあげないと、内定をだしてもなかなか来てはくれません。その為、ほしい人材であればあるほど、高い条件を提示してくれることにつながるのです。

あれもこれもと希望がありすぎる

もしも、その他の条件はどうでもいいからとにかく年収アップすることだけを目的にすれば、かなり実現する可能性は高くなります。

しかし、働く上で大切なものは年収だけではありませんよね、残業の量だったり仕事内容、休日数、勤務地、色々なものを希望すると思います。

ただ、あれこれと希望を増やせば増やすほど、それを実現しようとすると年収が下がる可能性が高くなっていきます。

年齢とスキルが見合っていない

転職において、年齢に見合ったスキルを持っているというのは非常に大切なことです。

例えば、40代であればマネジメント経験を特に重視される傾向があります。

これまでマネジメントの経験があり、それなりに実績を上げていれば、年収アップできる可能性は増えます。

一方、まったくその経験がなければ年収が下がる可能性が高くなるでしょう。

現在の仕事の年収が高い

転職前の会社の条件が、他社に比べて著しく良ければ年収は下がる可能性は当然高くなります。

例えば30代で年収1000万円を超えていれば、どうしても年収が下がることが多いでしょう。

もちろん、その年収以上に貴重で優れたスキルを持っていれば転職してさらに年収がアップすることもありますが、実際はスキルを持っているからではなく、会社のおかげでその年収を実現できている場合が多々あります。

そういった人は基本的に転職時に年収が下がることを覚悟しなくてはなりません。

条件をよく確認していない

転職時には条件面を確認するのは当然のことですが、意外にできていない人も多いです。

年収400万円~900万円と書いていて、自分の年齢から考えると年収700万円程度だろうと思っていたら実際は500万円だったり、月収40万円と書いていたけれどそれはフルで残業した場合の金額で、実際はそこまで残業がなく給料が全然安かったり。

他にも月給40万円、ボーナス3ヶ月分と書いていたけれど、実が月給のうち手当がほとんどで基本給が低く、ボーナスは基本給の3ヶ月分だった為、想像以上に低かったり。

実際に年収はどの程度になるか、しっかり確認しておかなくてはなりません。

年収が下がっても意外に転職が成功と位置付ける人は多い

ここまで、年収が下がる人の特徴を挙げてきました。

ただ、一つ言っておきたいのが、年収が下がることはそれほど悪いということではないということ。

実は、転職した結果年収が下がった人でも、転職したことを失敗だと感じる人は少なく、むしろ成功だったと考えている人が非常に多いのです。

大切なのは、自分がどういったことを希望するかです。

働く中で大切なのは年収だけではありません。

自分の働き方にあった転職をしていくように心がけましょう。

希望を叶える為には転職サイト、転職エージェントを有効利用しよう

転職活動を進めるにあたり、転職サイトと転職エージェントは必ず利用するようにしてください。

転職サイトは求人を探す為のものだけではありません。

スカウト機能を使えば、検索してもでてこない非公開求人からオファーを貰うことができたりもしますし、様々な診断テストなどもあるので強みや弱み、自分の市場価値などを図ることもできます。

転職エージェントは、その人の希望に合った仕事かつ、受かる可能性のある非公開求人を紹介してくれます。

基本的に大手の企業や好条件の企業のほとんどは非公開求人となっており、検索してもでてこないことがほとんどです。

だからこそ、積極的に使うようにしましょう。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

特に以下2つの大手転職サービスへの登録は必須と言えるでしょう。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:年収400万円って平均?少ない?手取りや割合、生活

関連:転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ