年間休日96日は少ない?違法?内訳や労働時間との関係

年間休日96日は少ない?違法?内訳や労働時間との関係

年間休日96日。そんな数字を求人広告ではよく見ます。

特に、飲食用や小売業に見受けられますが、労働条件としては正直言ってあまりよくありません。実際、働いている人も休日が少なすぎると感じる人が多いでしょう。

では具体的に働くとしたら、どんな風に働くことになるでしょうか。今回は年間96日の内訳や法律との関係性について紹介します。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:会社、仕事の不満は転職で解決しよう。労働時間、休日、仕事内容で満足できる人は非常に多い。

年間休日96日の内訳。かなり少ないほうかも

完全週休二日制で、毎週2日休みがある場合だと年間休日は104日になります。すなわち年間休日96日となると、週によって1日しか休みがないということもあり得るということです。

96日を12ヶ月で割ると、1ヶ月間の休みは8日間となりますから、年末年始やGW等の長期連休がない場合で1ヶ月に1度くらいは1日しか休みがとれない週もあるということです。

もしくは隔週で週一休みと週二休みが入れ替わる4週6休制とし、残りを年末年始等の休みにあてたり、祝日を休みにする場合もあります。

具体的に考えてみるとこんな感じになります。

日曜休みで52日、土曜日隔週休みで26日、祝日休みで16日、年末年始休み2日(1/1は祝日に含む為除く)で合算すると合計96日になります。

年間休日数の平均は113.2日となっていますし、年間休日数が100日未満の企業は21.9%しかないという点を考えると、やはり96日というとかなり少ないほうになります。

ただ、年間休日が69日以下の企業も1.8%ありますからまあそれに比べたら恵まれていますね。

ちなみに、よく年間休日数の判断基準として120日という数字をよく耳にしますが、これは土日かつ祝日、年末年始休みの場合、年間休日は120日を超えるところからきています。

労働時間が違法となっている場合もあるので注意

労働基準法において、休日は週一日または4週で4日以上あればいいとなっている為、最低52日休日があれば違法とはなりません。

ただ、もし労働時間が8時間あると注意が必要です。

労働時間は週40時間以内と定められており、もし週に1回しか休みがなくて毎日8時間働くと、48時間となってオーバーしてしまいます。

この場合、8時間分は時間外労働、すなわち残業となります。

残業をさせるには36協定を結んでいることが条件ですし、当然割増賃金を支払われる必要があります。

もし年間休日が96日しかないにも関わらず、1日あたりの労働時間が8時間以上で残業代が支払われていないのであれば、それは労働基準法に抵触していることになります。

参考:36協定とは?特別条項や違反時の罰則をしっかり理解。

もっと休みが多い会社に転職しよう

上述したように、年間休日96日というのはかなり少ないほうです。もちろん、年間休日が少なくたって、仕事が楽しいから良い、1日の労働時間が短くて良いと感じる人もいるので絶対に悪いというわけではありません。

ただ、もっと休みがほしい、やっぱり週に2回は休みたいと考えているならばもっと休みの多い会社に転職することを考えましょう。

およそ8割の会社は年間休日が100日以上あり、およそ半分の会社は年間休日が110日もありますから、もっと休みが多い会社に転職することは十分に可能です。

年間休日120日以上の会社はたくさんある

年間休日120日は、かなり魅力的だけど、そんなのは大手だけだろうと思っているかもしれません。

確かに大手のほうが休日数は多いです。従業員が1000人以上の企業で年間休日が120日を超えるのは50%以上であるのに対し、従業員が100人未満の会社だと25%程度しかありません。

ただ、逆に言えば中小企業であっても4社に1社以上は年間休日が120日以上もあるわけです。年間休日は業界にも大きな違いがあるので、他業界への転職を考えてみてもいいでしょう。

休日数に不満があるならとにもかくにも転職活動を始めてみましょう。

転職活動をする際には転職サイト、転職エージェントを有効活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

関連:仕事から帰って寝るだけ、休日に寝るだけの生活は早く抜け出したほうが良い。息抜きができない状態は危ない



このページの先頭へ