28歳女性の転職事情と転職成功に向けてすべきこと。28歳はターニングポイント!

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

28歳女性の転職事情と転職成功に向けてすべきこと。28歳はターニングポイント!

学校を卒業して社会人になってから数年。30代も近づいてきた28歳。

仕事においてもプライベートにおいても、色々と将来のことについて考える機会は増えているのではないでしょうか。

特に仕事の面において、このまま今の会社で仕事を続けていくのか、全く違う未経験の仕事に転職するのか、キャリアアップしていくのか、私生活での兼ね合いを考えながら模索していくことになります。

関連:20代女性が転職した時にありがちな失敗事例。勢い任せの転職は失敗の可能性大。

関連:女性が働きやすい会社に転職する為の方法。将来を見据えて今のうちに転職を!

28歳女性の転職事情

28歳だと女性の場合は転職が遅いなんて思ってしまう人もいるのですが、決してそんなことはありません。

まずは28歳女性の転職事情について紹介していきましょう。

転職成功者の平均年齢は下回っている

転職サイトDODAの転職成功者の年齢調査によると、年齢は全体で32.1歳、男性が32.8歳で女性が29.7歳となっています。

男性に比べて年齢による影響が大きく思われている女性であっても、平均は約30歳。

28歳は平均年齢を下回っていて、年齢が問題で転職が難しいということはまずありません。

需要はそこそこ高い

社会人としてそこそこの経験があり、若さがあって順応性の高い28歳は転職市場においてそこそこ需要は高いです。

求人広告でも応募条件で30代未満としているところも多く、選択肢も幅広いというメリットもあります。

同じ場所で長く働けば働くほど、どうしても考え方、仕事の進め方が固定されてしまいがちですが、28歳なら前の仕事で経験した良さを生かしながら新しい環境で馴染むことができやすい為、企業にとっては非常に魅力的な人材なのです。

結婚、出産、育児との兼ね合い

男性の場合だと結婚や出産が転職に対して影響することがあまりありません。

しかし女性の場合だとどうしてもそれらが影響します。

特に28歳だと企業はそれらのことを意識せざるを得ません。

採用しても結婚してすぐ辞めてしまうのではないか、すぐに出産して産休・育休に入ってしまうのではないかという点は企業側としも気になります。

またすでに出産して育児している人の場合だと、保育園に預けて働くとしても頻繁に休むことになってしまうのではないかという懸念を持たれる場合もあります。

転職活動時にはこの点を意識して進めていくことが28歳女性にとってどうしても必要となることでしょう。

仕事に対するモチベーションが高くすぐに辞めることはないと安心させるような工夫をする、女性の産休、育休に対して偏見の無い働きやすい会社を選ぶ等はいくら需要が高い年代とは言え必須なことです。

未経験の仕事に転職することに関して

未経験の職種への転職では特に年齢を重視される傾向にあり、正直なところ、28歳よりも25歳以下で転職してしまう方が有利ではあります。

ただ28歳であればまだまだ未経験職種への転職は十分可能な年齢です。

30歳を超えると応募できる企業は段違いに少なくなるとともに難易度が増します。労働条件面はかなり妥協する必要がでるでしょう。

仕事を変えたいなら28歳のうちに終わらせておく。これは非常に重要なことです。

28歳女性が転職を成功させる為にすべきこと

28歳女性が転職を成功させる為にすべきことがいくつかあります。

いくら需要が高いからといって適当に転職活動を進めていても、その転職は失敗に終わってしまう可能性が高くなるので注意してください。

何ができるかを整理

社会人として数年働いてきた中で、自分は何ができるようになったのかはしっかり把握しておきましょう。

28歳になって何のスキルもありませんが熱意はありますというのは通用しません。

中途採用をするからにはある程度のスキルを保有していて欲しいし、何よりこれまで何年も働いていてアピールできることがないような人材は採用していても成長を望むことができませんから企業側としても採用したいと思うわけがありません。

まずはほんの些細なことでも構いませんので、新卒の時と比べて何ができるようになったのかをできるだけたくさんリストアップしてみましょう。

そうするとそこからアピールすることが見つかるはずです。

何がしたいかを整理

自分が何をしたいのか。わかっているようで意外にわかっていない場合が多いです。

仕事内容にしろ、待遇にしろ、働き方にしろ、勢いで転職先を決めるのではなく、一度落ち着いて自分が理想としている姿を整理してみましょう。

もし28歳での転職が本当に自分がしたいこととずれてしまっていた場合、そこからまたやり直すのはかなり苦労を要します。

すぐ転職するにも短期間で転職を繰り返すことになってしまうので転職活動では不利になりますし、かといって我慢して数年働けばもう30代で28歳時点で転職するよりも難易度は増します。

だからこそ今回の転職は確実に成功を収める必要があり、まずはしっかり自分がしたいことを整理することが必要なのです。

将来どうなりたいかを整理

現在独身の人は男女問わず、この先結婚や出産があります。

男性であれば変わらず働くことになる人がほとんどでしょうが、女性の場合だとこのタイミングで独身時とは同じように働くことができなくなる、もしくは働き方を変えたくなる可能性もあります。

それを踏まえて将来どうなりたいのかをしっかり考えましょう。

例えば出産後もバリバリ働いてキャリアアップしていきたいのか、出産後は仕事を抑えて働きたいのかによって仕事の選び方、会社の選び方も変わってきますから。

もちろん現時点で考えるキャリアプランは実際に結婚、出産によって大きな変更せざるを得ない場合もあるでしょう。

ただそれでもこうありたいという姿を持つことは、仕事選びの軸を持つことができるので大切です。

転職サイト、エージェントは必ず利用すること

転職活動時には転職サイト、転職エージェントを必ず利用するようにしましょう。

無料で利用できるにも関わらずその恩恵はかなり大きいです。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

28歳は女性にとってターニングポイントになる

あなたはなぜ今の会社で今の仕事をしていますか?

とりあえず学生時代に就職活動をして内定を貰った会社だから、昔からやりたいと思っていた仕事だったから、待遇や仕事内容にはそこそこ満足しているから、人間関係が良くて働きやすいからなど人によって理由は様々だと思います。

ただどんな理由であれ、今の状態をこのまま続けていくかどうかについては28歳で一度考えてみなくてはなりません。

なぜなら女性にとって28歳は一つのターニングポイントになるから。

仕事を変えるにしても、今の仕事を続けるにしても、このタイミングだからこそできることがあるのです。

とりあえず流れに身を任せているのは確かに楽ですが、そのままでいるといつかきっと自分の仕事に対して疑問を感じる時がきます。

ただその時にはもしかしたら選択する余地が少なくなってしまっていて、その後は本来やりたいことと違った道しか選べなくなってしまうかもしれません。

そうならない為に今のタイミングでしっかり自分の仕事、そして将来と向き合うことが非常に重要になるのです。

ぜひこの機会にしっかり自分と見つめあい、自分の進むべき道を考えなおしてみましょう。



このページの先頭へ