20代後半の人が派遣社員から正社員に早めに転職しておくべき理由

20代後半で派遣社員から正社員になりたいなら直接雇用を待たずさっさと転職活動を始めよう

派遣社員や契約社員といった非正規雇用者の割合が4割にのぼっており、20代の人でも多くの人が正社員にはならずに派遣社員として働いています。

派遣社員として働いている理由は人それぞれで、正社員の仕事が見つからなかったという人もいれば、派遣社員としての働き方が良くてあえて選んでいる人もいます。

ただ、もしいつかは正社員で働きたいと考えているのであれば、まさに今が目指すタイミングであり、むやみに時間を消費している場合ではないということに気づかなくてはなりません。

関連:派遣社員が正社員への転職を成功させる為にしっておくべき転職活動のコツや考え方

関連:新卒で派遣社員、契約社員として働く人の割合や理由、メリットやデメリット

いつまでも仕事があるとは限らない派遣社員

派遣社員は最大で3年たてば契約満了でその仕事を続けることができなくなります。場合によっては数か月で契約延長してもらえずに続けることがでいなくなる場合もあります。

ただ、今は多くの企業で人材不足が顕著となっていて、契約が終了してもまたすぐに仕事を紹介してもらうことができる為、あまり派遣の仕事に将来の不安を感じなくなってしまっているかもしれません。

ただ、これが不景気になると状況は一転します。

20代後半だとリーマンショックで直接影響を受けたという人も少ないでしょうが、あの頃はかなりひどく、多くの派遣社員が派遣切りされ、さらに全く仕事を紹介されないという事態がしばらく続きました。

不景気になった時にまず切られるのは派遣社員です。正社員だって倒産やリストラにあう可能性はあります。ただそれは派遣社員を辞めさせるなどの対応をした後の話ですから、リスクの高さでいえばやはり派遣社員のほうが高くなっています。

それでいて多くの派遣社員は30代、40代になると昇給がないどころかむしろ仕事を紹介されることが少なくなったり、といった不利益な部分もでてきます。

20代の頃は正社員よりも高い年収を得ていたけれど、30代であという間に抜かれ、40代では逆に大きな差をつけられるなんてことになるのは容易に想像できるし、希望の仕事をやりたいから派遣社員を選んでいたはずが、いつのまにか仕事を選べるほど紹介してもらえなくなってしまい、なんでもいいから仕事をしなくてはいけない状況に追い込まれている人もいるのです。

正社員への直接雇用の確率はかなり低い

派遣社員から正社員へなろうと考える人の中には、とりあえず派遣社員として働いて3年たてば正社員として採用してもらえるなんて期待をしている人もいるかもしれません。

確かに仕事ぶりが認められて派遣社員から正社員に採用されたという人がいるのは確かですし、企業側も正社員登用制度があることをアピールしててします。

しかし実際に正社員になれる人はわずかであり、そもそも正社員としての空きがない為にどれだけ優秀な成果を出したところで正社員にはなれません。かなり運の要素も必要となる厳しいことなのです。

大企業の場合は仕事ぶりを直属の上司に認められても、それで正社員にしてもらえるわけではなく、人事に紹介文を書いてもらえるだけで通常の選考をクリアしなければならないなんて場合もあります。

直接雇用を待っていると30代になってしまう

直接雇用に期待してしまう問題は、正社員になれる可能性が低いという点だけではなく、時間もかかってしまうという点です。

最悪の場合、派遣社員として働き始めて3年たって契約をきられて初めて気づくなんてこともあるのです。

20代後半の場合、その数年によって気づけば30代になってしまう場合もあります。

27歳の人であれば3年たつと30歳、28歳であれば31歳に、29歳であれば31歳になります。

20代前半の頃であればまだ20代が終わるまでは時間もあって、やりたい仕事がわからないからだとか、とりあえず色々な仕事を経験してみたいだとかも多少は許されるかもしれません。

ただ20代後半となったらそろそろ現実を見る必要があります。

時間がたつのは思ったよりも早くて20代前半だと思っていたら気づけば20代後半になっていて、さらに気づいたら30代になってしまいます。

20代のうちに正社員になっておこう

正社員を目指す場合に20代と30代の差はかなり大きいです。

20代まではそれなりに書類選考も通過したのに、30代になった途端に全然通過できなくなったなんてこともよく聞きます。

だからこそ派遣社員から直接雇用されるのを待つことに時間を消費している場合ではありません。

確かに20代であっても、派遣社員から正社員になることは簡単なことではありませんが、決してできないものではありませんし、30代、40代になってからのことを考えるとかなり転職しやすいです。

20代であれば、仕事選びをしっかり行い、履歴書や面接でのテクニックを知ってしっかりアピールすることができれば、十分に正社員に転職することは可能です。

だからこそ、転職活動では転職サイトや転職エージェントをしっかり有効活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。私の中で利用してみて満足度が高かったサイトは以下の4つです。

業界内で上位3位以内の転職支援サービスです。

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ