年間休日130日以上の会社に転職したい!そんな会社はどれくらいある?

年間休日130日以上の会社に転職したい!そんな会社はどれくらいある?

誰だって休みが多ければ多いほど嬉しいですよね。当然転職時には休日の数も会社を選ぶ判断基準になると思います。

年間休日数は会社によって大きく異なります。

1企業当たりの平均は107日程度ですが、会社によっては130日以上ある会社もあれば、逆に70日にすら満たない会社もあります。およそ倍も違うのです。

一応、労働基準法上では4週に4日の休暇を与えれば良いとなっていますから最低は52日であればいいんですが、やっぱりそれは少なすぎ。

せめて平均くらいの休日数、できることなら休日が130日以上ある会社でプライベートも充実させながら働きたいところですよね。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:年間休日96日は少ない?違法?内訳や労働時間との関係

年間休日130日の会社なんてあるの?

年間休日120日以上という会社なら求人情報を見ているとよく見かけますが、年間休日130日以上となると中々見たこともありません。

日本では、たいてい週休二日制か完全週休二日制が導入されていますが、まれに週休三日制を取り入れている会社があり、そういった会社では年間休日が130日以上となります。

では、実際のところどれくらいあるのでしょうか。

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると、年間休日数が130日以上ある会社は全体のたった1.2%しかないという結果になっています。要するにほとんどないということです。

ちなみに、年間休日数が69日以下というなかなか厳しい会社は1.8%。だいたい同じ割合です。

さらに、リクナビNEXT で公開されている公開求人を調べてみました。その結果引っかかったのはたったの30件です。全求人数が7000件以上ある中で30件なので0.5%にも満たない数字になっています。

厚生労働省の結果よりもかなり低い数字ですが、考えられる原因は2つ。休日数が恵まれていて離職率が低い為、あまり求人募集をかけないということと、好条件の会社は公開求人よりもスカウト機能や転職エージェントを経由していることです。好条件の求人は応募が殺到する為、あえて非公開求人を利用することが多いようです。

まあ結果としては、年間休日130日の会社は実際にあるにはあるし、求人もあるということがわかりました。ただ選択肢としてはかなり少なくなってしまいます。

年間休日130日以上の会社に行くとすると他のことは我慢も必要

もし年間休日130日の会社に行こうとすると、かなり選択肢が少なくなってしまう為、他の条件面では妥協しなくてはいけない点もでてくるでしょう。

仕事内容であったり、年収であったり、勤務地であったり。働く上で大切なのは休日数だけではない為、それらを犠牲にしてでも休日が多いほうがいいのかということはよく考えた上で転職しなくてはなりません。

いくら休日が多くても年収が下がって生活が下がったり、あまりにも仕事がつまらなくて仕事をするのが苦痛になってしまうと転職したことを後悔していしまうことになるので注意してください。

年間休日120日以上なら選択肢は広がる

私個人的には転職時の休日の目安は年間休日120日が良いと考えます。土日休みに加えて祝日や年末年始に休めるという形です。さらに有給休暇がとりやすい会社で全消化できる会社であれば20日加わりますから、年間で140日以上休めることになります。

年間休日が120日以上の会社は、全企業の中でおよそ3割の会社が該当しますから、転職時の選択肢としてはかなり豊富です。

その為、休日以外でも仕事内容は給料などの面もこだわって転職活動をすることができます。

転職前に一度、自分がどういた働き方をしたいのか、現実的な状況を確認しながら考えてみるといいと思いまう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

関連:年間休日数が少なくて不満なら違う業界に転職しよう。早めに決断することが重要


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ