中卒の女性が手に職をつけるには?学歴がなくても正社員を目指せる職種5選

中卒の女性の年収はどのくらい?

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

中卒の女性の年収はどのくらい?

何らかの理由で中学校を卒業後に高校へ進学しなかった場合、学歴は中卒となります。

その後すぐに働き始めるとしても、高卒や大学卒よりもほとんどの方が就職で厳しい道を歩むことになるでしょう。

そこでまず、中卒で仕事に就いている女性が得られる年収はどれぐらいなのかということを確かめていきます。

ユースフルの「労働統計2020」によると、60歳まで働いた場合の中卒女性の退職金を含めない生涯年収は約1.5万円となっています。

女性は高卒で約1.88億円、高専・短大卒で約2.06億円、大卒で約2.44億円と、出産や子育てで仕事を離れる時期ができることがあるため、生涯年収は男性よりも低くなりがちです。

中卒の女性が正社員などの安定した仕事に就くためには、手に職をつけることが大事になるため、そのポイントをチェックしていきましょう。

参考:ユースフル「労働統計2020」

参考:ほくぎんマネーのツボ

中卒の女性が手に職をつけるためのポイント3つ

中卒の女性が手に職をつけるためのポイント3つ

中卒で就職活動や転職活動を行うには、学歴の壁や偏見などによって、困難であるということが多いため、正社員といった安定した職に就きたいと思ったときには、漠然と就職活動を行ってもなかなか決まることはないでしょう。

中卒の女性が正社員を目指すには手に職をつけることが一番の近道になりますが、どのようなポイントに気をつけるとよいのかをチェックしましょう。

これと決めた仕事を長く続ける

中卒の就活生でネックとなるのは、「なぜ中卒なのか」ということになり、不安視される理由の一つに「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」「努力をしてくれるのだろうか」ということがあります。

そのため、中卒の女性が安定した職に就くには、ここなら長く続けることができるという仕事を見つけ、しっかりと働き続けているという経歴を築く必要があります。

長く働くことで、職務経歴書に書くことのできる経歴を作ることができ、経験や実務をこなすことのできるスキルを身につけることもできます。その経験を元にキャリアアップを目指した転職を行うことができるようになります。

資格取得を目指してみる

手に職を付けるといえば、資格を取得するという方法があります。

資格は将来自分が就きたい仕事に関するものでもいいのですが、現在の仕事に関係のある資格であれば、資格取得ための支援や補助を出す制度を用意している会社もあります。

資格を取得することで、念願の仕事で働くことができたり、資格手当を得ることができて年収を上げることができます。

また資格取得には時間がかかるため、働きながら取得できる仕事・仕事をしながら取得できる資格という視点でも探すことが大切です。

ビジネスマナーなど仕事に必要な基本スキルを身に付ける

仕事をしていく上で大事になるのが、社会人としてのビジネスマナーです。

ビジネスマナーは相手に不愉快を与えないためにあり、円滑なコミュニケーションのために必要なものであるため、いくら仕事に問題がなくても、ビジネスマナーが身に付いていないと問題視されたり、仕事を任されなくなってしまうという可能性も考えられます。

ビジネスマナーと同様に、パソコンの操作が必要な職場ではパソコンのスキルなど、仕事に必要な技術を身につける努力も必要となります。

中卒の女性が手に職をつけるのにおすすめの職業14選

中卒の女性が手に職をつけるのにおすすめの職業14選

営業職

営業は学歴不問であることが多く、中卒でも正社員として働く始めることができる職業です。

営業には様々な種類があり、ルート営業や訪問販売、不動産営業などでは比較的中卒でも働きやすく、考えるよりも行動が必要な場面が多いため、行動力がある方に向いています。

資格や学歴よりも能力を重視する世界であり、ノルマの達成が大変ではありますが、実力を発揮すれば高い年収を稼げるようになる可能性も秘めています。

看護師

看護師は医師の診察や指示に従って、診察の補助や患者に直接触れ合う仕事であり、体力も精神力もいる過酷な仕事ではあります。

ただ、その分給料は安定しており、慢性的に人手不足な業界であるため、どこへ行っても働くことのできる職業です。

看護師は学歴が重視されず、看護師学校を卒業して、国家資格である看護師の資格を取得しなければならないため、勉強が苦手でどうしようもないという方には向いていません。

保育士

女性に人気の高い保育士の仕事も、慢性的な人手不足になっています。

そのこともあり、保育助手や資格なしで業務を行える現場もあるため、学歴を考慮しないことが多い職業です。

保育士として働くには保育士の資格が必要ですが、5年以上かつ7,200時間以上の実務を経験することで、保育士資格の受験資格を得ることができます。

こどもと遊んでいるだけではなく、清掃、保育計画の立案や保護者との関わりが必要となるなど、実は過酷な仕事ではありますが、やりがいのある仕事としても人気です。

公務員

公務員試験には年齢の上限はありますが、下限の年齢制限がなく、試験に合格すれば中卒でも公務員として働くことができます。

公務員試験には上級・中級・初級、または1類・2類・3類と分けられており、それぞれ大学卒業程度、短大卒業程度、高校卒業程度の学力が求められているため、相応の勉強は必要となります。

高校や大学の新卒者は定期的な試験と募集時期が設けられていますが、社会人枠は必要に応じて募集をかけるため不定期であるため、常に募集を探しておくことが重要です。

税理士

税の専門家として、納税者からの税に関する相談を受けたり、代わりに申告を行うというのが主な仕事内容となる税理士は、資格取得が必要な職業ではありますが、日商簿記1級や全経上級の資格を保有すれば、受験の資格を得ることができます。

税理士になるまでの道のりは長いものの、なることができれば高年収を狙うことのできる職業です。

介護職

介護の仕事は慢性的な人手不足であり、学歴不問や未経験歓迎である施設も多いので、中卒でも正社員として働きやすい仕事です。

基本的に資格はなくても働くことができますが、資格を取ることができれば手当をもらうこともできるでしょう。

資格は3年以上の実務経験を積むことで国家資格である介護福祉士の受験資格を得ることができます。長く続けることで、その上位資格であるケアマネージャーや認定介護福祉士を目指すことができ、キャリアアップをしていくことができます。

警察官

公務員である警察官は、警察庁と都道府県警察の二つの組織があり、警察庁は国家公務員、都道府県警察は地方公務員です。

警察全体を取り締まる警察庁は大卒程度の学力が必要となるため、中卒では都道府県警察のⅢ類(高卒程度の学力)試験を受けることがおすすめです。

受験資格は地域によって異なることがありますが、17~30歳で日本国籍を有していることとなっており、社会人枠や希少職種枠では募集がない年もあります。

柔道か剣道を必ず行わなければならないため、経験者が多いのも特徴です。そのほか逮捕術などの特別な訓練もあるため、身体的な強さや体力が必要です。

また書類をまとめたり、犯人を追跡するための分析や解析のためにパソコンを使う業務もあるので、基本的なPC操作を覚えておきましょう。

消防士

消防士には「鎮火」と「人命救助」の仕事があり、いずれも知識や体力が必要です。一瞬の判断ミスで重大な事故に繋がることがあるため、判断力を鍛える必要があり、重要な判断を行うためのコミュニケーションスキルなども大切です。体力も精神力もハードな仕事です。

自衛隊

過酷な訓練を耐え抜く必要のある自衛隊は、18歳以上33歳未満という年齢制限があり、中卒では一般曹候補生、自衛官候補生などの試験を受験することができます。

体力や精神力とともに、協調性や忍耐力も必要ですが、自衛隊員は国家公務員であることから、賞与や待遇がしっかりしています。社会的信用のある仕事の反面、公務中に危険があることや転勤が多いというデメリットも頭に入れておきましょう。

警備員

警備員の仕事は需要が多く、ひっきりなしに求人募集がされているため、仕事が見つからないということありません。

ただ警備の仕事は24時間勤務であるため、深夜勤務に耐えられる体力が必要となります。仕事中は特に会話などは必要なく、最低限のコミュニケーションを取ることができ、最低限の体力があれば働くことができます。

ネイリスト

おしゃれやファッションに興味のある女性に人気な職業であるネイリストは、店舗によっては中卒でも正社員を狙うことができます。

ネイリスト技能検定」や「JNAジェルネイル技能検定試験初級」などの資格を取ることでさらに仕事を探しやすくなりますが、独学が心配な方は、ネイルについて学べる通信制高校への入学も検討してみましょう。

美容師

美容師として働くには国家資格が必要ではありますが、美容学校の卒業へ入学するか、中卒に受講資格がある通信課程のコースで勉強することで、受験資格を得ることができます。試験には筆記と実技の2種類があり、実技は日々の練習と努力が必要になります。

ウェディングプランナー

人生の中で華やかな1日を過ごす結婚式を支えるウエディングプランナーはサービス業の中でも人気の仕事です。

学歴不問と書いてあっても実際は面接で落とされてしまうということもあるため、式場の様々な業務を経験して、ウエディングプランナーを目指すという方法を検討する必要があります。

現在は自分の好みの個性的な式にしたいという方も多いため、オリジナリティーのある企画するための勉強や、新郎新婦や他の式場スタッフと一緒に人生の一大イベントを行うためのコミュニケーションスキルなどが必要となります。

Webライター

インターネット上のコラム記事の文章作成などを行うWebライターは、読みやすい日本語を書くことができ、取材や根拠のしっかりしている情報を探すことができれば、学歴など関係なく行うことができる仕事です。

正社員の仕事を見つけることは難しいものの、文章の作成は独学で勉強しながら、実務を行って力を付けていくことで、将来フリーランスとして働くことを目指すことができます。

中卒の女性が手に職をつけるのに役立つ国家資格5選

中卒の女性が手に職をつけるのに役立つ国家資格5選

国家資格には受験資格によって中卒では受けることのできないものがありますが、国家資格を保有していると、正社員を目指すことが格段と楽になります。

中卒でも受けることのできる国家資格にはどんなものがあるのかをいくつか調べておきましょう。

宅地建物取引士(宅建)

不動産業界はもともと学歴不問であることが多い業界であり、資格がなくても働き始めることのできる仕事です。

土地や建物の売買や物件の賃貸借契約の際に、お客様が不当な契約で損害を負うことがないように「重要事項説明」ということを行う必要があり、重要事項説明を行うためには宅地建物取引士の資格が必要となります。

宅建の保有者は会社から重宝され、転職や独立などのチャンスを得ることができます。

宅建には受験資格がなく、学歴や実務経験問わず受けることができるため、努力をすれば取得することができます。

調理師・製菓衛生師(パティシエ)

飲食業界では資格がなくても働くことができますが、資格を持っていることで働き方や就職先に幅広い選択肢が生まれます。

調理師と製菓衛生師は調理師学校に通うか実務経験によって受験資格を得ることができるため、中卒の方は飲食店で2年以上の調理の実務経験を積むといいでしょう。

旅行業務取扱管理者

旅行の企画立案、取引や実施することに必要な旅行業務取扱管理者の資格は、営業所に必ず1人は資格保持者が必要であると決まっています。

国内旅行業務取扱管理者資格を取得することで、総合旅行業務取扱管理者資格(海外)の試験が一部免除となるため、まずは国内旅行業務取扱管理者の試験の合格を目指しましょう。

中小企業診断士

経営コンサルタントとして唯一の国家資格である中小企業診断士は、経営について幅広い角度から診断し、解決策を提案するという仕事です。

試験だけではなく実務補習があるため、資格取得までには時間がかかりますが、経営コンサルタント以外にもマーケティングや経営スタッフなどの仕事にも就くことができます。

受験資格には学歴や実務経験は必要なく、一部数式や経済学の知識が求められます。ほとんどの人が知識のない状態から勉強を始めるので、同じようなスタート地点から試験勉強を開始することができるでしょう。

貴金属装身具製作技能士

「中央職業能力開発協会(JAVADA)」が主催する技能検定である貴金属装身具製作技能士は、指輪やネックレスといった装飾品の制作技術を認定する国家資格であり、一般的にジュエリーデザイナーの仕事に就く人が取得する資格です。

最難関である1級、2級、3級と分かれており、3級は学歴や実務経験は必要ありません。

2級と1級は、受験資格に専門学校や実務経験などの条件が入ってくるため、3級を取得したら働きながら上位級を受けるようにしていくことがおすすめです。

中卒の女性が手に職をつけるための求人の探し方

中卒の女性が手に職をつけるための求人の探し方

中卒の女性が手に職をつけるためには、「ハローワークを利用する」「求人サイトを利用する」「就職支援サービス(就活エージェント)を利用する」を利用するという方法があります。

仕事を探すためにはハローワークや求人サイトが有名ですが、ハローワークは掲載料が無料であることで、ブラック企業などの掲載が混ざっていることもあり、求人サイトでは全て自分で準備をしなければならないというデメリットがあります。

そこで、そういったものをカバーできるように、就活エージェントなどの就職支援サービスを利用することをおすすめします。

エージェントは無料で利用できるにも関わらず、キャリアアドバイザーに相談することができ、性格や適性を判断したうえで就職を推薦してくれるので、ミスマッチが起こりにくいです。

なかなか面接まで進めないという方やどのように就活をしたらいいのかわからないと悩んでいる方は、就活エージェントに登録をして、正社員を目指してみるといいでしょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。