左遷とは?その異動は栄転なのか、それとも転職した方がいいのか

長い会社生活の中で、異動を言い渡されることはよくあることです。

その異動が、前向きなものであればいいのですが、時にはあまり好ましくない、いわゆる左遷の場合もあります。

今回は会社生活において、起こりうる左遷について紹介していきます。

関連:転勤、人事異動の拒否は可能?下手したら懲戒解雇に・・・

関連:退職勧奨と退職強要の違い。違法行為を認めてはいけない。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

左遷とは

まず、左遷とはどういったことを指すのか紹介していきましょう。

左遷の意味

左遷とは、本来以下のようなことを指します。

官職をそれまでよりも低い位置に下げられること、転じて一般に、高い地位から低い地位に落とされることをいう。

引用:コトバンク

ただ、サラリーマンの場合、目に見えるような役職の降格が行われるわけではなく、役職はそのままで、本社から地方の営業所に異動させられたり、花形部署からあまり仕事がない部署に異動させられる場合もあります。

会社によっては地方転勤をした後に本社に戻ってきて出世をするというのが慣習になっているところもあるので、異動になったことですぐに会社からの評価が低くなったと判断するのは早計です。

栄転・出向・配置転換との違い

左遷というと悪い事のように取られることが多いものですが、栄転・出向・配置転換との違いはどこにあるのでしょうか? 

コトバンクで検索してみました。

栄転の意味

[名](スル)今までより高い地位・役職に就くこと。転任をいう尊敬語としても用いる。

引用:コトバンク

こちらが栄転の意味です。

つまりは、前よりも「良い地位」につけたら栄転ということです。

まさに左遷の対義語と言えるでしょう。

出向の意味

雇用形態のひとつ。労働者が出向元の企業との雇用契約を結んだまま、出向先の企業とも雇用契約を結ぶ「在籍出向」と、出向元との雇用契約を解消し、出向先とのみ雇用契約を結ぶ「移籍出向転籍)」とがある。なお、指揮命令権は契約により、出向先、出向元、あるいはその両方が持つ。

引用:コトバンク

出向の場合は、上司や会社に命じられ、雇用されたままに他会社の仕事を始めるということです。

「命令」というニュアンスが強調されていますね。

配置転換の意味

配転とも略称される。同一企業内において職務配置,勤務場所を変えることをいう。一般に異なった事業所に配転される場合は,転勤と呼ぶことが多い。大企業の中にはジョブ・ローテーション一環として配転を一定期間ごとに実施する例も多い。配転には生活の変化や不利益が生じるおそれのあることもあり,最近では就職に際し勤務地を特定して転勤を行わないかわりに,賃金昇進を別扱いにする雇用契約を結ぶケースも生れている。組合活動を理由とする不利益配転や,配転によって組合活動に支障をきたすときは,不当労働行為とみなされる。在籍のまま他企業に就労の場を移すことは出向といい,配転と区別している。

引用:コトバンク

同一企業内で働く場所を変えるのが配置転換です。

事業所そのものが変わるというわけではないのを覚えておきましょう。

このように「左遷」と「栄転」の違いは地位が「下がる」か「上がる」かになります。

そして、「出向」や「配置転換」の場合は見方によって左遷にも栄転にもなりえます。

将来を期待され、様々な経験をさせたいと考えた上での異動であったり、より出世の早い部署に異動となったら栄転です。

しかし、栄転に見えた場合も、実際は特に昇格がないこともあります。

場合によっては、本社から地方に異動する場合であってもそこの支店長になるといった栄転のことがありますし、本会社から子会社に「出向」という左遷のようなマイナスの意味を持つ場合もあります。

人事が前向きに捉えて「配置転換」をしたとしても、本人にとってはその意図が分からずに、栄転ではなく左遷同然のマイナスな出来事と受け取ることもあります。

もし左遷同然だとしても、上司はそれが左遷だとはっきり言うことは少ないでしょう。

例え左遷であっても、前向きなことを取り繕って言う場合が多いです。

その異動が栄転なのか、それとも左遷なのかは、会社の環境、過去の実績やこれまでの自分の評価などから、自分自身で見極める必要があります。

左遷されてしまう理由

何も問題ないのに左遷されたように思えても、よくよく考えると左遷された理由というのはちゃんとあるものです。

左遷される理由には色々なものが考えられますが、大きくわけると2つに絞ることができます。

  • 能力不足
  • 人間関係

それぞれの理由について把握しましょう。

能力不足

今の地位から下の地位に左遷されたということは、今の地位にて要求される仕事を満足にこなせないと判断されたということです。

それは仕事の成果が満足に挙げられなかったり、仕事の負担に耐えられなかったりといった理由もありますし、大きなミスをしてしまったというのも理由になります。

左遷されたと言っても上司や企業の視点では、この仕事では厳しそうだからもっと合った仕事にしてあげようという善意の可能性もあります。

人間関係

どのようなマイナスの出来事でも人間関係は原因として深く絡みます。

上司と合わない、同僚と合わない、後輩の指導で見逃せない問題が起きてしまったなどの出来事があると、その職場には向いていないと考えられた可能性があります。

能力不足が原因での左遷なら納得もしやすいですが、人間関係の問題による左遷は納得しづらいことになりがちです。

どんな時も職場の人間関係には気をつけましょう。

左遷されたら転職すべき?

もし左遷されてしまったら、その会社に見切りをつけて転職するか、それとも会社に残るかを決めなくてはなりません。

自分のキャリアをどう考えているか

まずは、今後の自分がどうなりたいか、自分自身のキャリアプランについて考えてみる必要があります。

どんな仕事をしたいのか、どういう実績を残したいか、給料がどれだけ欲しいか。

左遷によってその道が閉ざされてしまうこともありますし、左遷されても、自分の思い描いているキャリアには影響があまりない場合もあります。

左遷であっても、成長できるか

もし左遷されたとしても、それだけで全てが終わるわけではありません。

左遷されたとしても、その部署での経験がむしろ自分にとってメリットになる場合もあります。

また、その部署で実績を残すことで、再度元に戻ることができる場合だってあります。

終わってみたら、左遷されたことがむしろ良かったと思えることだってあるのです。

もちろん、それは異動先の部署がどういう部署か、自分はどう考えるか、そして会社のシステムがどうなっているかということに大きく依存します。

左遷されるということで、もうどうしようもなくなる場合もありますから、自分がどういう環境に置かれるのかということをしっかり捉えなければいけません。

左遷先でキャリアアップを目指すという手もある

難しいことかもしれませんが、左遷されたということそのものを成長の機会に捉えるということもできます。

どのような理由にしても左遷されたということは元の地位や職場には向いていなかった、まだ早かったと考えることができます。

左遷先でしっかりと経験と実績を積んで、以前の自分から大きくパワーアップということができるかもしれません。

新しいスキル、新しい人脈、新しい可能性などなど、左遷先で育めるものはたくさんあります。

良い転職先が見つかるか

左遷されたからと言って、転職することで必ずしも幸せになれるとは限りません。

年齢が高すぎたり、他の会社でも通用するスキルを持っていない場合だと、むしろ転職せずに会社に残ったほうが良い場合もあります。

左遷されても、降格されなければある程度の給料を貰うことができるでしょう。

しかし、転職によって、その給料が下がってしまうこともあり得ます。

もちろん、仕事に大切なのは給料だけではありませんから、転職によってどういったことを得られるかということをしっかり考えてみましょう。

ただ、転職活動は会社を辞めなくてもできることですから、とりあえず転職活動を始めてみて、良い会社が見つかれば転職するという方法がいいでしょう。

左遷されても辞めないほうがいい会社はある?

左遷になって仕事に対するモチベーションも停滞。

転職も視野に入れ始めるということも珍しくないケースです。

ただ、なかには会社に不満があったとしても辞めないほうがいい会社もあります。

給料・福利厚生自体は良い

左遷になると今までと異なる待遇になることも多いです。

給料が落ちてしまうこともあるでしょう。

たた、その給料が平均年収よりも高く、許容できる範囲であればすぐに転職をすると決断する必要はないでしょう。

仮に転職をしようと思っても希望年収に届くかわかりませんし、逆に年収が落ちる可能性も0ではありません。

また、会社の福利厚生が充実しているならそこも含めて待遇について整理してみましょう。

当たり前のようにもらっていた給料や福利厚生が一般的に見て恵まれていたということもあるからです。

人間関係自体は良好

左遷にあったという事実、給料は下がったとしても人間関係が良好だとしたら、そのまま残るのも選択肢としてありです。

転職をすれば給料が上がるかもしれませんが、会社の雰囲気が悪く、人間関係がギスギスするかもしれません。

会社の人間関係というのは入社してみないとわからない部分が多く、実際に入社したら全然合わなかったとなるこも珍しくないです。

もし、今の職場の人間関係自体が良好であれば、その人達との繋がりを大事にしましょう。

良好な人間関係は作ろうと思っても簡単に作れるものではありません。

いずれ自分のやりたい部署に異動できる見込みがある。

左遷にあったとしても将来的にやりたい仕事ができる可能性があるなら、しばらくは様子を見るのをおすすめします。

当然、必ずしも異動できるかはわかりませんし、結果的に異動できないままの可能性もあります。

ただ、もしも可能性が少しでもあるなら社内の関係者に自分の希望を伝えて、いつか異動をできるように配慮してもらうよう働きかけをするようにしましょう。

左遷後にすぐ辞めない方がいい人

「今回の異動は左遷だな…」と思っても、すぐに転職をしても大丈夫かは人それぞれです。

自分の状況を確認することも大事です。

もう若くない

年齢がもう30代後半、40代以降となってくると転職市場では若手とはいえる年齢ではありません。

ポテンシャル採用はほぼされないですし、自分の経験やキャリアが転職での成功率にそのまま反映されます。

もし、転職ができる実力や実績があるなら左遷のタイミングで転職を検討しても良いですが、あまり自信がないという方はすぐに辞めないで、一旦自分のスキルなどを整理してみるところから始めましょう。

その上で転職の見込みがあれば実際に行動をしてみるのがおすすめです。

感情的に転職しようと思った

「左遷をされた!」とカッと頭に血がのぼって急に退職をするのは控えましょう。

プライドが傷つくこともありますし、会社に対して不満が爆発するかもしれませんが、感情的に行動を起こすとあまり良い結果になりません。

左遷にあったという事実は受け入れつつ、自分の状況や今後のキャリアプラン、会社の状況それぞれを冷静に見極めてから行動をしましょう。

自分にとっての最良の道を考える

左遷されたからと言って、何も考えずにそれを受け入れるのではなく、それをきっかけに自分がどうなりたいのか、自分にとって最良の道はなんなのかについて考えてみましょう。

仕事は一つではないし、会社も一つではありません。

社会には、たくさんの仕事、たくさんの会社があります。

まずは、自分にどんな道があるかを知っていくといいでしょう。

関連:追い出し部屋の実態と対策。追い出し部屋での退職は自己都合?

関連:降格人事や減給となる理由や実施された時にすべきこと

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)