仕事の人間関係が辛い時にすべきは転職活動。退職・転職に向けて一歩踏み出そう。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事の人間関係が辛い時にすべきは転職活動。退職・転職に向けて一歩踏み出そう。

仕事の人間関係の苦しみは決して生易しいものではなく、それこそすぐにでも辞めるべき場合もあるくらい辛いものです。

しかし、給料が少ない、残業が多すぎる、休みが少ないなど労働条件に関することに比べ、人間関係による問題は周りにも理解してもらいにくいし、自分自身の中でも中々転職に踏み切れず無理をしてしまいがちです。

ただそのまま無理を続けていても、結局は余計に辛いだけで何も楽しくないし、最悪の場合、体を壊すことにもつながってしまうので気を付けなくてはなりません。

関連記事

 

仕事の人間関係が辛いのはとてつもなく大きなストレス、辞めたいと思うのは当たり前

上司からのパワハラや同僚からのいじめや無視、陰で馬鹿にされたり飲み会にされなかったり、標的にされて怒られ続けたり。

仕事では様々な形で人間関係での問題が起こります。

そして、その問題による辛さは実際にそれを受けている人にしかわかりません。

巻き込まれていない人や、強い立場からその問題を起こしている人はそれがどれほど辛く苦しいものなんかを全くわからないのです。

人間関係くらいで辞めるなんて甘えだ、逃げだ。

辛いのは今だけだし人間関係なんて変わっていくべきだから我慢すべき。

簡単にそんなことを言う人もいます。

ただそんなことを言うのは、おそらく今までそれほど人間関係で悩んだことのない人です。

どれだけ辛いことなのか、どれだけ苦しいことなのか、当事者になったことがなくわからないからそんな安易なことが言えてしまうのです。

ですから、もしあなたが人間関係が辛くて辛くて仕方がない状況におかれているならそんな人が言う言葉に騙されてはいけません。

あなたが辞めたいと思うのは当たり前のことで、あなたが弱いからではありません。

そして仕事を辞めるのは甘えでも逃げでもなく、むしろそうすることは当然のことであると考えたっていいくらいのことです。

人間関係による退職・転職は積極的にするべき理由

給料が増える、残業が少なくなる、休みが増える、やりたい仕事が増えるなど自分にとって何か前向きな理由があると転職には踏み切りやすくなります。

ただ人間関係が理由となると中々そんな風に前向きに考えることができず、それ故に転職することにメリットがないと思ってしまって中々踏み切りにくい面があります。

しかし、実際はその転職にも大きなメリットがあるし、その転職も前向きなことはたくさんあります。

だからこそたとえ理由が人間関係が辛いということであっても、退職・転職は積極的に行うべきです。

我慢し続けることにメリットはない

そもそも人間関係に我慢し続けることにメリットはありません。

仕事に悪影響を及ぼして仕事すらも全然上手くいかなくなり余計に辛くなる。

仕事が上手くいかなくなって成長もできないし、仕事自体もつまらなくなる。

毎日何時間も耐え続けなくてはならない。

あなた自身の本当のポテンシャルを活かすことができないまま、ただ辛い毎日を過ごすだけで時間を消費してしまうことになります。

大きなストレスに我慢していれば、いずれ体を壊すこともある

大きなストレス下で我慢し続けていれば、いずれ体を壊すこともあります。

他人ごとだと思ってはいけません。

実際、私もそういった人をたくさん見てきました。

残業は少なく休みも多い。仕事もそこまで厳しいというわけでもない。

それでも上司や同僚から怒られたり馬鹿にされた結果、うつ病にかかって休職、そして結局退職することになってしまったという人もいました。

人間関係以外のことがたとえ充実していようとも、その仕事を続けるべきだとは限らないのです。

容易に解決なんてできず、むしろ悪化していくことも多い

そもそも人間関係の問題はそんな容易に解決できるものではありません。

自分でなんとかしようとあれこれやってみても、ほとんどの場合に不発。

一度構築されてしまったその人間関係の形を変えることは、相当な労力や時間が必要となるのです。

それどころか、時間が経つとむしろどんどん悪化していくことも多いのが現実。

特定の人から標的されていたものが、どんどん広がってたくさんの人から標的にされてしまうようになることは少なくありません。

自分を否定するようになってしまう

そんな辛い毎日を送っていれば、物事をポジティブに考えることになんてできません。

そしていつのまにか自分で自分のことすらも否定するようにもなってしまいます。

そうなってしまえば、会社生活は余計に辛いものになってしまい、どんどん追い込まれていってしまうでしょう。

転職によって人間関係が改善できることが多い

給料、残業、休日などの労働条件であれば、転職後どうなるか数字としてはっきりわかるので転職にも踏み切りやすいです。

たとえば給料が100万円あがる、残業が40時間から10時間に減る、休日数が年間10日も増えるなんてこともわかった上で転職できますからね。

しかし人間関係となるとそうはいきません。

今の人間関係からは脱却できるとしても、転職先ではどうなるかなんてことは実際に働きださなければ正直わかりません。

だからこそ、転職に対して大きな不安を感じることになってしまいます。

ただ実際はそんなに不安になることでもなかったりします。

構成労働者が行った「転職者実態調査」によると、転職後の人間関係の満足度は以下の通りになっています。

  • 満足・・・26.8%
  • やや満足・・・32.0%
  • どちらでもない・・・28.5%
  • やや不満・・・8.6%
  • 不満・・・3.4%

もちろんみんながみんな満足できるわけではありません。

ただ不満を感じているのはたったの1割程度で、ほとんどの人は不満は感じていないのです。

参考:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。

そもそも今の辛い人間関係から抜け出せるだけで大きなメリット

そもそも今の人間関係が退職・転職を考えるくらいに辛いのであれば、次の会社での人間関係がどうなるかは置いておいて今の状況から抜け出せるだけでも大きなメリットだと思いませんか?

何もしなければ、この先もずっと今の状態が続いてしまいます。

それは決してあなたが望んでいることではないはずです。

仕事の人間関係が辛い時にやるべきは転職活動、退職・転職に向けて一歩踏み出そう

こういった理由から、もし仕事の人間関係が辛いと思っているなら、退職・転職を前向きに考えてもいいと思います。

ただそうは言っても、次の仕事が見つかるかわからない、まともな仕事が見つかるか不安という気持ちを持つ人がほとんどでしょう。

だからこそまずやるべきことは、転職活動です。

それが今の辛い人間関係から抜け出す為の第一歩となります。

納得できる会社が見つかれば転職することにすればいいだけで、退職・転職に対するリスクを最小限に抑えることができるし、転職活動を通じて今の仕事・今の職場環境を客観的に見ることにもつながります。

また人間関係の辛さからの解放にとどまらず、給料等の労働条件も良くなる可能性だって大いにあるわけです。

ぜひ退職・転職に向けて今から第一歩を踏み出してみてください。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ