年功序列の会社は時代遅れだし辞めた方が良い。能力で評価してくれる会社は沢山ある。

日本と言えば年功序列といった印象が強いでしょう。

近年は、実力主義の会社も増えているものの、それでも年功序列の企業は多いのが実情です

年功序列は、確かに誰でも長く働けば出世できるので、自分のスキルや能力に自身がない方にとってはありがたいと言える制度でしょう。

しかし、若い頃からバリバリ稼ぎたい、自分の能力を正当に評価されたいと考える方にとっては、年功序列なんて時代遅れだと感じるものです。

では、年功序列は本当に良い制度なのでしょうか?

本記事では、年功序列が時代遅れと言われている事実について解説します。

年功序列の会社で働くメリット・デメリットについてもお話するので、興味がある方は最後まで読んでみてください。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

年功序列について

年功序列について

年功序列とは、「年齢や勤務年数に応じて賃金や役職を上げる人事制度」です。

個人の能力や実績とは関係なく、勤務年数のみで評価を行う仕組みを指す場合もあります。

確かに、勤続年数が長いほど経験によって知識が増え、技能レベルが向上するため、会社への貢献度が高くなるといった観点から考えると合理的な制度と言えるでしょう。

また、その会社で働き続ければ続けるほど自然と給与が上がり出世ができるため、安定思考の人にとっては魅力的な制度です。

しかし、成果主義思想の人には合いません。

中には、自分よりも働いていない先輩や上司の方が年収が高い状況に不満を抱え、辞めたいと感じる人もいるからです。

ちなみに、最近では年功序列よりも能力重視で評価をする企業が増えてきているものの、依然、日本では年功序列の傾向が高くなっています。

それについては、データブック国際労働比較2018「勤続年数別賃金格差」を参考に見ていきましょう。

勤続年数別の賃金格差

これは、日本、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スウェーデンに関する、勤続年数1~5年の賃金を100としたときの勤続年数別賃金指数を示したグラフです。

男性に関してみると、日本とドイツは勤続年数が長くなるにつれて勤続年数別賃金指数が上昇し、勤続年数30年以上になると勤続年数1~4年の約1.7倍に達します

やはり日本は、諸外国と比べて勤続年数に応じて賃金の上昇率が高く、年功序列の傾向が強いと分かります。

また、日本だけでなくヨーロッパなどの国でも、いまだに年功序列の傾向が残っており、決して日本特有の制度ではありません。

年功序列の会社は時代遅れ!?廃止を進める企業は多い

年功序列の会社は時代遅れ!?廃止を進める企業は多い

まだまだ年功序列を導入している企業は多いのが実情です。

しかし、その一方で高度経済成長期には企業側に大きなメリットを与えた年功序列制度を、いまになって廃止する企業が増えています。

では、なぜ年功序列を廃止する企業が増えているのでしょうか?

その理由としては、次の3つが考えられます。

終身雇用制度への考え方が変わってきている

年功序列を廃止する理由1つ目は、終身雇用制度への考え方が変わってきているからです。

終身雇用制度とは、採用した従業員を企業が定年まで雇用する人事制度で、新卒で就職したら一生涯同じ会社で働き続けます。

しかし、近年はバブル期などに大量入社した世代が50歳以上となり、会社全体の年齢層が上がったことで、人件費が企業を圧迫した結果、早期退職を導入する企業が増えてきたのです。

また、社員側も年まで会社に所属するのではなく、チャンスがあれば転職を望む人も増加しています。

このように、早期退職や転職の一般化するようになり、定年まで働く人を確保するための年功序列の必要性が薄れてきたわけです。

少子高齢化に伴い労働人口が減少した

年功序列を廃止する理由2つ目は、少子高齢化に伴い労働人口が減少したからです。

労働人口が減少している中で、企業は優秀な人材を確保しなければならなくなりました。

そのため、より良い環境と条件を提供するために、成果主義を取り入れる企業が増加しているのです。

また、早期離職者も増加し、新卒一括採用だけでは人材が確保できなくなっています。

そのような状況だと、転職者やシニア、外国人など多様な人材を獲得する必要が出てきて、従来の年功序列という仕組みでは組織運営が困難になったわけです。

急速にデジタル化が進んだ

年功序列を廃止する理由3つ目は、急速にデジタル化が進んだからです。

急速なデジタル化によって人が行う業務内容が変化し、「ベテラン社員ほど活躍できる」という状況ではなくなってきました

というのも、パソコンなどのデジタル機器の扱いは若い人の方が得意です。

実際、年齢が高いほどパソコンやスマホが苦手という意識が強く、現代のデジタルを駆使した働き方についていけなくなっています。

このような状況では、ただ年齢が高いだけで出世したり給料を上げたりは、できないのが実情でしょう。

逆に若い人からすれば、高いデジタル技術を持っていれば、若くして役職に就いたり高所得が狙えたりするので、年功序列は時代遅れと考えるようになっていきます。

年功序列の会社で働くメリットとデメリット

年功序列の会社で働くメリットとデメリット

年功序列の会社で働くことが嫌だ、辞めたいと思うのは、何も悪くありません。

実力を正しく評価してもらい、それに見合った給料がもらえる方がやりがいを感じますし、給与面での不満なども少なくて済みます。

とはいっても、やはり年功序列の会社で働くメリットがないわけではありません。

本項目では、年功序列の会社で働くメリットとデメリットについて解説します。

年功序列の会社で働くメリット

年功序列の会社で働く場合でも、必ずメリットとなる部分はあります。

もし、あなたが年功序列の会社に勤めていて、転職を検討しているなら、まずは辞める前に年功序列のメリットについて知っておくのがいいでしょう。

将来の安定性が高い

年功序列の会社で働くメリット1つ目は、将来の安定性が高い点です。

年功序列は、年齢や勤務年数に応じて賃金や役職が上がるため、将来の不安も少なく「安心・安定した生活」が望めます。

また、そうした「安定感」は社員が会社に定着しやすく、会社への帰属意識が高まるといった会社側のメリットも生まれるのです。

バリバリ働いて出世したいという欲がなく、とにかく安定した生活を求めるのであれば、年功序列の会社で働く方が良いでしょう。

社内の人間関係でそれほど苦労せずに済む

年功序列の会社で働くメリット2つ目は、社内の人間関係でそれほど苦労せずに済む点です。

実力主義であると、上司が年下であったり後輩の方が出世していたりと気まずい場面が出てきます。

しかし、年功序列なら上司の方が年齢が高いため、そういったことがありません。

人間関係で苦労しにくいので、上司や部下といった立場などに頭を悩ませたくない方にはピッタリの環境でしょう。

教育制度が整いやすい

年功序列の会社で働くメリット3つ目は、教育制度が整いやすい点です。

社員の在籍期間が長くなるので、教育制度も長期プランに沿って行えます。

また、ベテラン社員が多いので、若手社員の育成をできる人材が多く、新人を育てるのに困る心配がありません。

加えて、社員同士が成果を競い合うライバルではないため、企業のノウハウを引き継ぎやすいといったメリットもあります。

年功序列の会社で働くデメリット

年功序列の会社で働く場合、メリットだけでなくデメリットも理解しておく必要があります。

この項目では、年功序列の会社で働くデメリットについて解説します。

仕事に対するモチベーションが下がる

年功序列の会社で働くデメリット1つ目は、仕事に対するモチベーションが下がる点です。

どんなに頑張って、どんなに高いスキルを身に付けて、どんなに成果を上げたとしても、年功序列では「自分の頑張りを認めてもらえない」というネガティブな気持ちが付いて回ります。

若手の内に仕事を積極的に引き受け挑戦しても、人事的な評価は上がらず、「何もしなくても時間が経てばキャリアアップできる」というぬるま湯的な環境になってしまうのです。

そのような環境では、当然、仕事に対する士気は下がってしまいます。

有能で向上心の強い人ほど離職しやすい

年功序列の会社で働くデメリット2つ目は、有能で向上心の強い人ほど離職しやすい点です。

有能で向上心が強い人は、とにかく自分の能力や成果を見て判断してもらいたいと考えています。

そのため、年功序列だと適切な評価をしてもらえないと感じ、離職して新たな環境に身を起きたいと考えるようになります。

中には、年齢や勤続年数が評価の基準で成果を出しても出世や昇給に繋がらない環境に対し、モチベーションが低下して、自分の実力を十分に発揮できなくなる方がいるほどです。

毎日モヤモヤした気持ちで働くくらいなら、転職や独立をして、自分がもつ能力を適切に評価してくれる環境に身を置きたいと考える方は多いでしょう。

また、年功序列の会社では有能な人ほど抜けていってしまうため、残った人間だけで回していくのが大変になるというデメリットがあります。

もし、あなたが自分の能力を正しく評価してもらいたいと思っているなら、年功序列の会社で働くよりも、実力主義の会社で働く方が良いでしょう。

大切なのは、年功序列が悪くて実力主義が良いと決めつけるのではなく、それぞれのメリット・デメリットをよく理解したうえで、自分にあった制度の会社を選ぶことです。

年功序列の会社を辞めたいと思ったら転職を検討しよう

年功序列の会社を辞めたいと思ったら転職を検討しよう

もし、「自分自身の能力ならもっと給料をもらってもいい」「年功序列制度のせいで適切な評価を受けられていない」と考えているなら、年功序列の会社で働くのは避けた方が良いでしょう。

実際、あなたと同じ考えをしている人は多いので、早い段階から適切な評価をしてくれる会社もたくさんあります。

当然、給料面でも経験面でも、そのような会社で働くことはあなた自身への大きなメリットとなるでしょう。

また、転職は年齢がかなり影響してきます。

年齢が若ければ若いほど、能力重視の会社に転職できる可能性は高まり、入社後の恩恵も感じやすいので、年功序列に不満を感じているなら、1日でも早く行動に移すようにするのがいいでしょう。

能力で評価してくれる会社への転職なら、転職エージェントを利用しよう

もし、あなたが「自分一人では実力主義の会社を見つけられない」と感じているなら、転職エージェントを利用してみるのも方法です。

転職エージェントとは、転職に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスです。

  • 履歴書添削
  • 面接対策&模擬面接
  • 求人紹介(非公開求人)
  • スケジュール調整
  • 悩み相談

また、転職エージェントは企業を太いパイプを持っており、普通の転職サイトや企業サイトでは分からない内部情報も把握しています。

加えて、転職検討先の条件を詳しく把握しているので、能力で評価してくれる企業を見つけ出してくれるのです。

当然、その企業の面接でよく聞かれる質問や好印象となる回答を教えてくれたり、履歴書の書き方を指導してくれたりします。

自分では話しにくい給与の交渉も代行してくれるので、いまの給与に不満がある方にもピッタリでしょう。

ちなみに、転職エージェントは登録料・利用料が完全無料で、登録するにも特別な条件はいりません。

誰でも気軽に利用できるので、あなたが年功序列は時代遅れと考えているなら、ぜひ転職エージェントに登録して自身の価値を知ったり、転職活動をしてみるのがおすすめです。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。