なんとなく転職したいという気持ちを大事にするべき理由

なんとなく転職したいという気持ちのまま、転職に踏み切ってしまうのはあまり良いことではありません。理由、動機、目的を明確に転職してしまうと後悔につながる可能性は非常に高いからです。

しかし、その感じたという気持ちは大事にしなくてはなりません。なぜならあなたにとって何かしらのきっかけになるからです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

なんとなく転職したいという気持ちも大事にすべき理由

なんとなく転職したいという気持ちは、それだけでは転職すべきだという結論には至らないものの、あなたにとって良いきっかけを与えてくれるはずです。

はっきりしてなくてもそう思ったのには理由があるはず

たとえなんとなくであっても、転職したいと思ったのには何かしらの理由があるはずです。

たとえば給料に不満がある、将来に不安がある、もっと違うことをしてみたいと思った、もっとステップアップしたいと思ったといったことが、心のどこかであるのではないでしょうか。

転職したいという気持ちになった時は、不満やこの先どうしたいのかを明確にするチャンスです。

追い込まれ、ぎりぎりになってからでは遅い

転職するならば追い込まれてぎりぎりになってからするよりも、心に余裕を持って行った方が成功率は高いです。

追い込まれた状態になってしまうと、頭の中を占めるのは「仕事を辞めたい」という思い。

そうなると次の仕事選びが適当になってしまったり、今働いている会社を実際よりも過少評価しすぎる一方で他の会社を過大評価しすぎるといったことに繋がり、いざ転職してから後悔するということになりかねません。

なんとなく転職したいと思っている時点なら、まだそこまで追い込まれている状況ではないはず。

こんな時だからこそ、冷静に、そして客観的に転職活動を進めることができるので、仕事選びも、そして転職するかどうかの判断も正しく行うことができます。

転職するかしないかという選択肢があることの重要性

転職活動をする際に、「転職しない」という選択を持って行うことは非常に大切なことです。

今は非常に売り手市場で転職がしやすい状態で、今の会社よりも良い会社が見つかる可能性は高いですが、それでも転職活動を行った人の皆が今よりも良い会社を見つけられるわけではありません。

しかし転職したいという気持ちが強くなりすぎて、「絶対に転職する」という状態に陥ってしまうと、たとえ転職活動の結果がどうであろうと転職を断行してしまいます。

そして転職した後になって、転職しなければ良かった、前の会社の方が良かったなんていう風に後悔することになるのです。

真剣に転職について考える良い機会

転職は上手くいけば給料アップやキャリアアップ、労働条件の改善等につながる非常にメリットがあることで、実際、多くの人が転職したことによって何かしらプラスになるものを得ています。

だからこそ長い仕事生活の中で転職という手段も一つの選択肢として持っておかなくてはなりません。

ただ実際のところ、転職についてこれまで真剣に考えたことがあるという人はかなり少ないでしょう。特別転職したいと思わない限り、そんなことをわざわざ考える人は中々いません。

だからこそ、なんとなくでも転職したいと思った時は転職について考える良い機会になりえます。

なんとなく転職したいと思った時にあなたがすべきこと

もしあなたが、なんとなく転職したいと思ったならぜひ以下のことを行ってみてください。

なぜ転職したいと思ったのかをよく考えてみる

なぜ自分はなんとなくでも「転職したい」と思ったのか。まずはそこから突き詰めて考えてみましょう。

転職するかそれともまだ転職しないかの判断はそこを自分の中で明確にしなければできません。

またもし転職するとしても動機や目的が曖昧なままでは上手くはいきません。そのまま転職すれば「期待していたものと違っていた」となって後悔する可能性が非常に高くなります。

あなたがなぜ転職したいと思ったのか。なんとなくでもそれは非常に重要なことです。それは転職の目的や、自分にとっての今後の指針に繋がっていくのです。

迷うくらいなら転職活動を始めてみる

もし転職したいという気持ちがなんとなくでもあって、そう思った理由をわかっているなら、本当に転職するかどうかは置いておいて転職活動はしてみるべきです。

転職するかどうかの判断は、結局のところ次の転職先についてある程度のイメージがつかないとすることはできません。

どういった企業に転職できる可能性があるか、給料はどうなるか、労働条件はどうなるか、自分の描くキャリアに一致しているか。

そういったことがわかってようやく答えが出せます。まずは軽くでもいいから、自分の今置かれている状況を知る為にもぜひ取り組んでみて下さい。

自分にとっての転職のメリット、デメリットを洗い出す

もし不満があっても、転職したところでそれが解消できないようなことなら転職する意味がありません。

もし転職できっかけになった不満を解消できたとしても、それ以上に転職したことによるデメリットが多すぎても、やはりそれでは後悔することになります。

ですから転職したいと思った理由、そして自分の現在置かれている状況、予想される転職先を元に転職することのメリット、デメリットを洗い出してみて下さい。

そうすればあなたにとっての「なんとなく」がクリアになり、今後どうすべきかも決まっていくはずです。

最後に

「なんとなく」という気持ちのままで転職すべきではありません。

ただそれは「なんとなく」程度の気持ちなら転職すべきではないということではなく、最終的にははっきりと目的を明確にすべきだということです。

たとえどうしても転職したいという気持ちがなくても、もし今より良い環境、良い条件、そしてあなたにとってメリットが大きい仕事ができるなら思い切って転職した方が良いです。

ぜひこの機会に、一度真剣に転職について考えてみて下さい。