無職から正社員に転職する方法。20代か30代かで難易度は大きく変わってくる

無職の状態が長く続くと「正社員として転職できるのかな」と不安に感じるでしょう。実際、無職の期間が長いと転職が不利になると言われています。

では、無職から正社員に転職するのは不可能なのでしょうか?

もちろん、決して不可能というわけではありません。

しかし、非常に困難だという事実には変わりありません。しっかり難しさを理解したうえで、正しい準備と転職活動をしなければならないでしょう。

そこで今回は、無職から正社員に転職する方法について解説します。また、あなたが20代なのか30代なのかによっても難易度に違いがあるので、その点についてもお話します。

本記事を最後まで読めば、現在無職のあなたでも正社員として転職できるようになるので、最後までお付き合いください。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

無職の期間が長いと転職は不利になる

無職の期間が長いと転職は不利になる

無職の期間が長いと転職は不利になります。この事実は何となく知っている方は多くても、なぜ不利になるのかという明確な理由は分からないという方が多いでしょう。

そこで、まずは無職の期間が長いと転職が不利になる理由について解説します。

どの企業からも必要とされていない人材に見える

1つ目の理由は、どの企業からも必要とされていない人材に見えるからです。

単純に考えると、どの企業からも必要とされる人材であれば、無職の期間は長くならないと思うでしょう。

もちろん、能力が高くても自ら行動してアピールしなければ、企業から求められないのは当然です。

しかし、そこまで深く考えなければ「無職=仕事がない=必要とされていない」といった考えになっても無理はありません。

無職の期間が長ければ長いほど、求められていない人材だと考えられがちなので、転職に不利になるというわけです。

仕事の勘が鈍っていると思われる

2つ目の理由は、仕事の勘が鈍っていると思われるからです。

長い期間仕事をしていないのだから、仕事に必要な勘が鈍っていると思われても仕方がありません。もちろん、働き始めれば勘は戻るかもしれないでしょう。

しかし、中途採用では無職の期間がほとんどない人も集まります。企業側に選択権があるなら、わざわざ勘が鈍っている可能性がある人材よりも、最近まで現役だった人材を確保するのは当然のことです。

このような理由から、無職の期間が長いと不利になります。

仕事のモチベーションが下がっていると思われる

3つ目の理由は、仕事のモチベーションが下がっていると思われるからです。

そもそも仕事へのモチベーションが高いのであれば、無職の期間が長くならないのではと考えられます。つまり、無職の期間が長いなら、仕事へのモチベーションが下がっていると判断されても無理はありません。

そして、仕事へのモチベーションが下がっている人材だと、「責任を持って仕事してくれないのでは?」「他の社員に悪影響を及ぼすのでは?」と懸念されて転職に不利になります。

理想やプライドが高いのではと心配される

4つ目の理由は、理想やプライドが高いのではと心配されるからです。

理想やプライドが高いと、当然自分が納得する条件の働き口が見つかりにくくなります。無職の期間が長い理由の一つとして考えられても不思議ではありません。

そして、理想やプライドが高い人材だった場合、「会社に無理な要求をしてくるのでは?」「他の社員と衝突しやすいのでは?」と不安感を持たれてしまい、転職が不利になるというわけです。

無職が転職の際に感じるリスク

無職が転職の際に感じるリスク

続いては、無職の方が転職する際に感じるリスクについて解説します。

収入が途絶えているので就活の費用が苦しい

1つ目のリスクは収入が途絶えているので就活の費用が苦しいという点です。

就職活動や転職活動では、会社まで移動したり、スーツや履歴書などを購入したりするため、意外に費用がかかります。

あるアンケート調査では、就活にかかった費用の平均が9万7,535円だというデータも出ています(*)。

今まで仕事をしていて貯蓄があれば問題ないでしょう。しかし、無職の期間が長くなると、貯金がどんどん減っていきます。

そして、貯金が底をついた状態から転職活動を始めるとなれば、10万円近い費用を出すのも大変になるでしょう。

資金面での不安というのは、転職活動を円滑に進めるうえで大きなリスクとなるはずです。

*出典:マイナビニュース「就活にかかった平均費用は9万7,535円 – 前年より大幅に減少」

職歴に何を書けば良いのか分からない

2つ目のリスクは職歴に何を書けば良いのか分からないという点です。

転職活動では、必ずと言ってよいほど職歴書の提出を求められます。職歴書を求められなくても、履歴書には今までの経歴を記載する欄があるため、その部分に今までの仕事について書かなければなりません。

しかし、無職の期間が長いと記載できる経歴がなく、非常に困るという方が多くなっています。

アルバイトなどでも良いので、何か仕事をしていたという事実を記載できるようにする必要があるでしょう。

履歴書や職歴が充実していないため書類選考が通りにくい

3つ目のリスクは履歴書や職歴が充実していないため書類選考が通りにくいという点です。

書類選考では、あなたの職歴を中心に合格・不合格を判断します。しかし、無職の期間が長く職歴や経歴が充実していないと、当然書類選考の段階で落とされてしまいます。

すると、面接で勝負することすらできないので、転職活動において大きなリスクとなります。

転職活動では、できるだけ書類選考なしで面接に進める企業に絞った方が良いでしょう。

無職から転職する方法5つ!

無職から転職する方法5つ!

続いては、無職から転職を成功に導くための方法について解説します。

ハローワークを利用する

1つ目に紹介するのはハローワークを利用する方法です。

ハローワークはどの地域にもあります。そのため、あなたの住んでいる家の近くにも、必ずハローワークがあるはずです。

無職になると外出する機会が減り、人と話をする場面も少なくなるので、まずはハローワークに足を運んで社会復帰のためのリハビリをしてみましょう。

その際は、次に働きたい職種や勤務時間、給料などを決めておくと、ハローワークの職員の方と話が進みやすくなります。また、悩みや不安がある場合もハローワークの職員であれば親身になって話を聞いてくれるはずです。

仕事に対する能力に不安があるなら、仕事紹介の前に職業訓練を紹介してもらう方法もあります。

生活リズムを整える

2つ目に紹介するのは生活リズムを整える方法です。

無職になると時間に縛られなくなります。当然、朝起きる必要もなければ、夜早く寝る必要もなくなります。

中には、明け方近くまで起きていて、そこから睡眠をとり、昼過ぎから夕方に起きるという生活になっている方もいるでしょう。

その生活が染みついてしまうと、働き始めてからの生活リズムの違いに身体や心が付いていかなくなります。生活リズムを正すのは働き始めてからではなく、転職活動を始める前に済ませておきましょう。

最初は辛くても、しっかり朝起きて夜には眠るという習慣を付ければ1~2週間程度で慣れるはずです。朝起きたら太陽の光に当たるようにすると、体内時計がリセットされて夜型が簡単に治ります。

ネット求人を探してみる

3つ目に紹介するのはネット求人を探してみるという方法です。

外に出て転職活動するのが怖いという場合は、まずネット求人を探すというところから始めてみましょう。

周りから見れば大した行動ではないように思えても、長い間無職だった方にとっては大きな一歩となるはずです。

ネット求人を探すという行動を継続していれば、そのうち自分が働くイメージもできてくるでしょう。また、ここなら本気で働きたいと思える会社も見つかるので、その時は行動に移してみてください。

自己分析する

4つ目に紹介するのは自己分析するという方法です。

まずは、なぜ無職になったのか考えてみてください。そして、なぜ次の仕事をすぐに見つけようとしないのか、何が障害になっているのか洗い出してみましょう。

また、もし自分では分析が難しいようなら、家族や友人に悩みを打ち明けてみるのもおすすめです。

ただし誰かに相談する場合は、あなたの辛い気持ちを理解してくれる人だけにしてください。そうしなければ、逆に責められてしまい辛い思いをする恐れがあります。

転職エージェントを利用する

5つ目に紹介するのは転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントとは、転職に関するあらゆる面からサポートしてくれるサービスで、誰でも無料で利用できるようになっています。

転職エージェントでサポートしてくれる内容は以下の通りです。

✔ 転職に関する悩み相談
✔ 企業・求人紹介
✔ 履歴書・ESの書き方のアドバイス
✔ 履歴書・ESの添削
✔ 面接対策
✔ 模擬面接の実施

長い間無職だった方に対しても丁寧にサポートしてくれます。そして、その状況でも転職が成功するように、一緒に頑張ってくれるので心強い味方となってくれるはずです。

20代と30代で転職活動の難しさは大きく変わる

20代と30代で転職活動の難しさは大きく変わる

あなたの現在の年齢が20代なのか30代なのかによって、転職の難易度は大きく変わってきます。

というのも20代であれば、どの職種でも20代で未経験から始めたという方は大勢いるでしょう。そのため、経験がなくてもポテンシャルの高さや柔軟性などを理由に、採用してもらえる可能性があります。

また、20代なら職歴がなくアルバイトの経験しかなくても珍しくありません。

しかし30代になると、通常一定の職務経験があるものです。そのため、どの職種でも30代の未経験者を採用するケースは少なくなります。

そもそも企業側は、20代なら素直さや柔軟性を求めていて、30代になると実績やスキル、即戦力などを求めています。

もし、あなたが30代なら無職から転職を成功に導くのは、より難しいというわけです。なぜ無職の時期が長いのかという理由を、企業側が納得できる形で説明できるようにしておいてください。

無職が転職を成功に導くためには?

無職が転職を成功に導くためには?

ここまで、無職から転職を成功に導くための方法などについて解説しました。

無職の期間が長いと、どうしても転職成功率が下がるので、しっかり準備して取り組む必要があります。

もし、何から始めれば良いのか悩んでいるなら、ぜひ以下の方法を実践してみてください。

  • 家族や友人に相談する
  • とにかく行動を起こす
  • 資格取得を目指してみる
  • アルバイトから社会復帰してみる

誰かに相談すれば、自分では思い浮かばないような解決方法が見つかるかもしれません。

また、無職から抜け出すには何か行動しなければならないため、どんな些細なことでも良いので行動に移してみましょう。

資格取得に力を入れてみるのもおすすめです。資格があれば、あなたが無職の期間に頑張った証明になります。経歴としても記載できるので、履歴書を埋めるためにも役立つでしょう。

また、いきなり正社員が厳しいようなら、アルバイトから社会復帰するのもおすすめです。この方法でも、履歴を埋められるようになります。

無職から正社員として転職するのは難しいでしょう。しかし、しっかり段階を踏んでステップアップしていけば、決して不可能な目標ではありません。

本記事を参考に、ぜひ無職から正社員への転職を成功に導いてみてください。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)