転職するかどうか迷うなら転職はすべきではない?迷うのは当たり前、その時しっかり考えることが大事

転職は時に人生に大きな変化をもたらすもの。だからこそ期待がある一方で不安もあります。

ですから転職するか、それとも止めたほうがいいか。そう悩むことだってあるのも仕方がないですよね。

ただ迷うくらいなら転職をするのは止めておこう、いつか迷いがなくなったら転職をしようと考えてしまう人がいるかもしれませんがそれはダメ。それは考えるのが面倒で先延ばししているに過ぎませんし、いつかなんて言っていてもおそらくその日はやってこないでしょう。

迷うくらいなら止めておこう。もちろんそれは一つの間違ってはいない選択。ただそこの答えに行きつく為にはある程度やらなくてはいけないこともあるはずです。

転職するかどうかは誰だって迷うもの

転職するかどうかを迷うのははっきり言って当たり前のことです。

リストラされて仕事がなくなったり、ブラック企業であまりにも労働環境が悪かったりしない限りは最初から迷わずに転職することを決断できる人はいないと思います。

過去転職を成功させて年収大幅アップや労働条件改善等を実現できた人だって、大なり小なり本当に転職して大丈夫かなと不安もあり迷いもあったはずです。

迷う原因

ではなぜ転職することに迷ってしまうんでしょうか。その原因としては以下のものが考えられます。

  • 失敗して後悔するリスクがある
  • 転職前にわからないことが多いので不安
  • 新たな環境で働くこと自体が不安
  • 一度辞めたら戻ることはほぼできない

もし転職したら絶対に成功する、自分の希望が叶うとわかっていればおそらくそれほど迷うことはないでしょう。もしくはもし転職して失敗したとしても何事もなく前の会社に戻ることができるという場合もそこまで迷わずに転職することができると思います。

しかし実際は人間関係や職場の雰囲気など転職前にどうなるかわからないし、新たな環境で自分自身が上手くやっていけるかも未知。転職で失敗してしまう人も少なからずいるわけで絶対に成功できるとは限りません。

それでいて一度転職してしまえば前の会社に戻ることはほぼ不可能。手放したらそれで最後となれば迷うのは当たり前のことです。

迷ったからと言ってすぐ止めるべきではない

何かを決断する時、迷いながら決断するのと一切の迷いなく決断するのでは後者のほうが後悔する可能性は少ないと思います。

しかし転職すること自体迷うのは当たり前のことであり、どこかでその迷いを受け入れ覚悟を決めなければ転職することは今後もずっとできません。いつか迷うことがなくなったらと思っていてもただ何もせずに待っているだけで迷うことがなくなることはほぼありません。

あるとしたらその仕事で精神的な限界を感じてしまったといったことがあった場合。ただそこまで判断を引きずってしまうというのは決して良いことではありません。

だからこそ迷うことがあったとしても、その迷うことを無くす為の努力をしてはいけないし、迷うことがあったとしても時に勇気をもって変化することにチャレンジしてみるということも大切です。

転職活動する前に迷っているなら

ではここからは少しでも迷う気持ちを無くす為にどうすればいいのかということを紹介していきましょう。

まずはもしあなたが現時点で転職活動等はせずに転職すべきか迷っている場合についてです。

転職先が決まっていない状態では決めきれないのが当たり前

転職活動をまだせず、転職先が決まっていない状態では転職するかどうか決めることができないのは当たり前。

そもそもどんな転職をすることができるのかがわかっていないにも関わらず、転職しようと決めようとしているのがおかしな話です。

転職するかどうか迷うのは、現在の仕事と次の仕事が比較できる状態になってからです。

ただ多くの人はどんな会社に転職できるかわからない、自分がどういった転職をすることができるかわからないという状態であるのもかかわらず、なぜか勝手なイメージで迷ってしまったり、諦めてしまったりしていますよね。

とにかく転職活動をしてみるべき

転職活動が上手くいくか不安という人もいるかもしれません。ただ転職活動を始めること自体には何もリスクがありません。

また転職活動を実際にやってみることで初めて、どういった会社があるのか、どういった条件で転職できるのかといったこともわかってきます。

転職活動をしている中で、やっぱり自分は転職すべきではないかなと気づくこともあるでしょうし、逆に転職する方向にどんどん心が動いていくこともあります。

ですからまずはとにかく転職活動を始めてみるべきです。

転職するかどうかは最終的に自分で判断しなければいけないこと。その判断をする為の材料は自分の手で集めていかなくてはなりません。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

内定後に迷っているなら

転職活動を進めている中で内定を貰ったものの、そのまま転職していいものなのかどうかということで迷っている人も多いと思います。

ここでの判断は最終的な判断になります。だからこそ深く悩むことにもなりますよね。ではそんな時、どうすればいいのでしょうか。

わからないことがあるから迷うのは当然

色々なことが詳しくわかっている現在の会社から、ある程度の労働条件に関してはわかっているものの実際に働いてみたわけではなくわからないことも多い内定先の会社に転職しようとすれば不安になるのはまず当たり前。

人間関係は上手くいくだろうか、新しい仕事を上手くやれるだろうか、不安なことを挙げればきりがありません。

まずそのことを前提として受け入れましょう。不安だから転職は止めたほうがいい、迷ってるんだから止めたほうがいいと決めてしまうのはあまり良いとは言えません。

今ある情報で現在の仕事と徹底的に比較する

出来ることならあらゆる点を比較してどちらがいいかということを判断したいところです。しかしまだ入社していない時点で全てをということは不可能。そこは割り切って考えなくてはなりません。

やるべきことは自分が調べることが可能な情報でしっかり現在の仕事を徹底的に比較してみることが重要です。

現時点での給料差、数年後につくだろう給料差、休みの量、仕事内容など全ては無理でもできる限り多くのことを比較してみましょう。

転職すると得るものもあるでしょう。しかし転職をすると失うものもあるでしょう。その双方を比較し、どちらを選択した場合が自分にとって良いのか納得できるまで比較してみてください。

最後には覚悟を決めることも必要になる

迷ったら転職すべき、迷ったら転職は止めておくべき。それはそちらも間違いでもあり正しくもあること。

結局最後までどうしようか迷うことにはなると思います。完全に迷いがゼロになることはありません。

しかし決断はしなくてはなりません。転職する決断、もしくは転職しない決断。どちらにしろ覚悟を決めて思い切って決断することも必要です。

ただしっかり考えた上で決断した結果であれば、後悔する可能性はきっと低くなるはずです。

関連;転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

関連;転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと