住宅手当がでないのはかなり損!?住宅手当、社宅の概要や相場。

あなたの勤めている会社では住宅手当がでますか?でませんか?

住宅手当がでないと家賃が全額自己負担となりますから、住宅手当がでる場合に比べると、かなり生活は厳しくなります。

住宅手当がでないとしても、通常に比べて安く借りることができる社宅があればいいですが、それすらないと厳しいですね。

今回はそんな住宅手当、社宅の概要や相場について紹介します。

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

住宅手当、社宅の概要

まず住宅手当、社宅とはどういったものでしょうか。

住宅手当とは

家賃などの住宅費にあてるものとして労働者に支給される手当。もともと第2次大戦中および戦後の住宅難を背景に,社宅等の給与住宅施設を有する企業で廉価な社宅に居住する者とその他との調整を図ることを目的に支給されるようになったもので,高度経済成長期に住宅費負担の急増を反映して普及した。労働省調査によれば,その採用率は1950年に全企業平均(事業所単位)で9%であったが,65年には17%に増加し,80年には採用企業は44%となっている。

引用:コトバンク

住宅手当は、生活する上では必要な家賃の一部を会社が負担してくれるという非常にありがたい制度です。

住宅手当の支給額は会社によって、まちまち。

住宅手当が1円もでない会社がある中で、毎月10万円以上の住宅手当を支給するなんていう会社もあるそうです。

住宅手当がでない会社とでる会社では、基本給が同じ場合ならば給料面で大きく差がでてきますから、住宅手当がでてくれる会社のほうが絶対いいですね。

ただ年収面で見た場合、住宅手当は年収に含まれるので、住宅手当がでない会社で年収500万円の会社と、住宅手当がでる会社で年収500万円は、同じ額をもらっていることになります。

しかし基本給は前者のほうが高くなりますので、残業などが増えてきた場合には住宅手当がでない会社のほうが、残業代はたくさん貰えることになります。

社宅とは

社宅(しゃたく)とは、従業員の福利厚生の一環として、会社が用意した住宅のことである。社有地に設置したり、賃貸マンションやアパートを借り上げて借り上げ社宅とする場合もある。地方自治体や国家機関の職員に対するものは、会社ではないので、公務員住宅・官舎(法律用語としては「宿舎」)などと呼ぶが、公営企業では寮と称する場合もある。

社宅は、会社が用意してくれている住居であり、通常、個人で借りる場合に比べて非常に格安で借りれることができます。

社宅の場合には、手当として支給されるわけではないので、年収が増えるといったことはありません。

ですから社宅に住んでいない場合の年収500万円と、社宅に住んでいる場合の年収500万円では、社宅に住んでいる場合のほうが家賃を低く抑えることができ、生活に余裕がでるということになります。

社宅は周囲にも同じ会社の人間が住んでることで、上下関係などの煩わしさから毛嫌いする人も多く、人気がなくなってきます。

その結果、社宅があっても十分な入居者を集めることができず、社宅制度を廃止する会社も増えてきます。

住宅手当がでない会社はどれだけある?

住宅手当がでない会社はどの程度あるのでしょうか。

リクナビネクストが運営しているTech総研の記事によれば、

  • 住宅手当がでる・・・51%
  • 住宅手当がでない・・・39%
  • 以前はあったが廃止された・・・10%

となっています。

およそ半数が住宅手当がでないのです。

なぜうちの会社は住宅手当がでないのだろう、住宅手当がでないなんてブラックだと思ってしまうかもしれませんが、実は別に少数派でもなんでもないのです。

住宅手当の相場は?

では住宅手当の相場はどの程度でしょうか?

10万円以上などいう会社もたまに耳にしますが、そういった会社はまれです。

リクナビネクストが運営しているTech総研の記事によれば、

  • 1万円未満・・・22.9%
  • 1~2万円・・・33.2%
  • 2~3万円・・・21.3%
  • 3~4万円・・・8.3%
  • 4~5万円・・・3.6%
  • 5万円以上・・・10.7%

住宅手当の支給額で最も多いのは1万円から2万円程度です。

そんなには貰っていない人が多いですが、全くでないよりはましですね。

注目すべきは5万円以上が10%以上いるということ。

毎月5万円だと年間60万円にもなるわけですから、これは非常に大きいです。

住宅手当、社宅の条件は会社によって様々、転職前に情報を手に入れるには?

住宅手当のでる会社で働いていれば、必ず貰えるというわけではなく、社宅のある会社では希望すれば必ず利用できるというわけではありません。

結婚していることが条件であったり、住宅手当がでる期間が決まっておりそれ以降は一切でないという条件がある場合もあります。また共働きの場合はどちらかしか貰えないことが多いですね。

転職時には金額はもちろんのこと、支給条件もしっかり確認しなくてはなりません

住宅手当や社宅の有無に関してはリクナビネクストなどの転職サイトで確認することができますが、より詳細な情報に関しては書かれていません。

ただ、リクルートエージェントを使えば担当者経由で確認してもらうことができるので、もし使っているならこちらから確認を、これから転職活動を行うつもりの人はどこかしら転職エージェントを使うようにしてください。

会社選びの際には住宅手当、社宅有無をチェック

住宅手当がでるかでないか、そして支給の条件は、非常に大事なことです。

場合によっては月5万円以上、年間では60万円いじょうも収入が変わってくるわけですから。

ただ、住宅手当がでないとしても、基本給が高ければむしろそっちのほうがいい場合があります。

会社によっては住宅手当には不公平感がある為、廃止して基本給をあげるというように変更した会社もありますしね。

ただ給料は少ない会社は、住宅手当などの福利厚生も充実していない場合が多いですね。

もしあなたが今の給料に不満を持っているならば、転職することも考えて見た方が良いかもしれません。

最後に

会社選びの際には、住宅手当がでるかでないかということを見逃してしまう人も多いのですが、

住宅手当は生活資金として重要なものです。

どうせなら住宅手当がしっかりでる会社に勤めたいですよね。

約半数の会社では住宅手当がでるので、そういった会社で働きたいですね。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)