保育士の年間休日数の実態。休みが少ない場合は保育園を変えてみては?

働く上でとても大切な休日数。いくら給料が高くても、仕事にやりがいがあっても、あまりに休みが少なければ続けるのは大変です。

しっかりと休みがあり、プライベートを充実させて身も心も休ませられるからこそ、仕事も充実するものでしょう。

実際に休日が少ないことを理由に転職を決意する人多く、厚生労働省の「雇用動向調査結果」でも、最も多いのは休日等の労働条件が悪いというものになっています。

では保育士の場合、年間休日数はどの程度が平均といえるでしょうか。

 

おすすめの転職サービス

各サイトで取り扱う求人が異なるので、複数のサービスに登録しておきましょう。エージェントサービスを利用すれば、非公開求人も紹介してもらえます。

おすすめの3サービス公式

保育士バンク
ブランク・初心者歓迎の求人が豊富
会員登録なしでも応募可能
保育士がおすすめするサービスNo.1

公式

保育ひろば
業界トップクラスの求人数(全国4万の施設の求人を保有)
手厚いサポートで利用者満足度94%

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/大学中退/第二新卒/既卒
向け
・未経験職種でも最短2週間で正社員へ

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

保育士の年間休日数

一般的な企業では、年間休日数が120日を超えるとかなり良いほうだとみなされます。

120日というのは土日に加えて祝日も全て休日だった場合の数字。土日祝は休めて当たり前なんて思う人もいるかもしれませんが、実際のところそうでもありません。

ちなみに厚生労働省の「就労条件総合調査結果の概況」によると日本の労働者1人あたりにおける平均年間休日数は116日となっています。

よく年間休日105日としている企業も多いですが、これは法律で定められた最低限の数値だからです。

法律では1日8時間、1週間で40時間と労働時間が制限されています(残業時間は除く)。

要するに1日の労働時間を8時間とした場合、1週間に5日間しか働かせてはいけないため、2日の休日が必須となるわけです。

1週間に2日休みだとすると1年間で105日。法律で定められている限界まで働かせているというわけですね。

では保育士の場合はどうでしょう。

認可保育園

認可保育園では日曜日と祝日が休み。他に平日に休みがあり月8から9日程度の休みとなる場合が多いです。

これに加えて正月などに連休があり、年間100日から110日程度となります。

ただ最近はもっと休日を充実させた保育園が増えているのも事実です。

土日祝が完全に休みだったり、日祝休みで土曜に隔週出勤の場合は代休があって、完全週休二日制となっているという体制もあります。

さらに正月休みも含めて、年間休日数が120日を超えるような保育園もでてきています。

認可外保育園

無認可保育園の場合、日曜日や祝日も開いている場合が多いので、休日はシフト制。休日は36協定を適用して4週6日から4週8日としている場合が多いです。

年間休日としては認可保育園同様100日から110日程度のところが多いですが、保育園によっては100日を切ってしまうところもあります。

企業内保育

福利厚生が充実している企業では、自社の社員のために保育施設を併設している場合もあります。

この場合、休日数は企業に準ずることが多いです。

また企業として保育所を開設しているのは大手企業が多いので、年間休日数が120日以上となる場合もあるでしょう。

ちなみに従業員が1000人以上の企業では平均年間休日数が117.7日となっています。

有給休暇取得率も大事

休みについて考える際、有給休暇を取りやすいかどうかというのも忘れてはいけません。

有給休暇は6ヶ月働けば10日、6.5年働けば20日与えることが義務付けられています。

完全に使える人と全く使えない人では1年間の休日数が20日間も違うわけですから、取らないのはかなりの損です。

有給休暇取得は勤めている保育園によっても大きく変わる部分であり、100%取得が可能なところもあれば、逆にまったく取れないところもあります。

全国の保育所実態調査報告書によると、正社員として働いている人の有給休暇取得日数は以下の通りです。

  • 2日以内:2.9%
  • 3~6日:31.3%
  • 7~9日:28.8%
  • 10~15日:25.3%
  • 16~20日:6.8%
  • 21日以上:1.4%
  • 無回答:3.5%

最も多いのは3~6日で、残念ながら付与されている有給休暇のほとんどを使うことができていない結果となっています。

特に若手の人は中々取りにくいという意見が多いです。

有給休暇をとって休む分、誰かに仕事をお願いしなくてはいけなくなるので、先輩や同僚に気を遣いって休みにくいのかもしれません。

休みが少ないなら転職を考えよう

もし休日が少なく、有給休暇も全然取れないという労働環境に不満を感じているならば、我慢せずに転職をすることをおすすめします。

休みが少なすぎることは心身に大きなストレスを与えること。不満をそのままにしてはいけません。

前述したとおり、保育園によっては年間休日120日以上、有給休暇取得率100%というところもあります。

保育士は基本的に人手不足なので、もっと働きやすい場所を見つけられるはずです。

その際には、ぜひ自分に合った転職サービスを利用して効率よく転職を進めてみてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【初心者歓迎】保育士バンク


  転職サイト|転職エージェント  

ブランク有・初心者歓迎の求人が豊富で、経験に自信の無い方におすすめのサービスです。

エージェントの利用だけでなく会員登録なしでもサイトから直接応募できるので、気軽に利用しやすくなっています。

利用者の好感度も高いので、まず情報収集だけでもしたい方はここから登録をはじめてみましょう。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【トップクラスの求人数】保育ひろば


  転職エージェント  

業界最大手で全国4万施設の求人を保有しており、地域特有の事情を把握している専属コンサルタントがいるので利用者満足度も94%。

求人が出ていない園にも打診してくれるため、希望通りの転職を実現しやすいサービスになっています。

また登録から入社まで平均1~2週間とスピーディで、転職を急いでいる方にもおすすめです。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴はフリーター・第二新卒・既卒・中退・未経験者の求人を専門に扱っていることで、保育士以外の職種や業界へ転職したい方にもおすすめできるサービスです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのも魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方の強い味方になります。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)