保育士の平均年収や残業時間、サービス残業の実態。

保育士の労働環境はあまり良くないと感じてはいませんか。

低賃金で年齢が高くなってもあまり昇給はない、それでいて残業はとても多い。そういったイメージがついてしまっている人も多いかと思います。

では実態はいかほどでしょうか。

今回は保育士の平均年収や残業時間、そしてサービス残業に実態について紹介をしていきます。

 

おすすめの転職サービス

各サイトで取り扱う求人が異なるので、複数のサービスに登録しておきましょう。エージェントサービスを利用すれば、非公開求人も紹介してもらえます。

おすすめの3サービス公式

保育士バンク
ブランク・初心者歓迎の求人が豊富
会員登録なしでも応募可能
保育士がおすすめするサービスNo.1

公式

保育ひろば
業界トップクラスの求人数(全国4万の施設の求人を保有)
手厚いサポートで利用者満足度94%

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/大学中退/第二新卒/既卒
向け
・未経験職種でも最短2週間で正社員へ

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

保育士の平均年収

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、保育士の年収、月収、賞与は以下の通りとなっています。

  • 平均年収:3,267,800円
  • 平均月収;223,300円
  • 平均年間賞与額;588,200円
  • 平均年齢;36.0歳
  • 平均勤続年数;7.7年

30代中盤でこの年収はやはり低いですね。毎月の手取りとしては20万円を切ることになります。

ただあくまでこれは平均。働いている保育園によってはさらに低いところもたくさんあります。

20代の人であれば総支給額が16万円程度、手取りで13万円をきってしまっている人も多いでしょう。

子供の命を預かる責任の重い仕事であるにも関わらず、これはかなり辛いものがあります。

保育士の平均残業時間

では平均残業時間についても見ていきましょう。

同様に厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で発表されているものによれば、平均残業時間はなんと月間4時間。

2、3日に1回30分程度しか残業をしないというのが発表されている数値です。

残業が多い、長時間労働といったことをよく言われる保育士ですが、普通の企業に比べてかなり少ない数字になっています。

もちろん、この数字はが実態と合っているとは言えません。

この調査での集計に使われる数字は残業と認め、残業代を支払った分で残業時間のみ。

当たり前ですが、本当は残業しているのに残業代が支払われていないサービス残業は含まれていないため、実態とは大きな乖離が生まれてしまっています。

実際、保育士として働いている人がこの時間を聞くとありえないと思う人が多いのではないでしょうか。

サービス残業の実態

では実際はどれくらい残業をしているのでしょうか。

保育士の仕事は子供の面倒を見ることだけではありません。

子供が帰った後に事務作業や掃除といったものも多々ありますし、運動会や発表会といったイベントがある時には備品の準備などもしなくてはなりません。

時には家に持ち帰ってまで仕事をする保育士もあり、持ち帰り残業も珍しくないのです。

実際の残業時間はどのくらい?

こういった仕事によって、実際はおおよそ3~4時間程度残業をしているという話をよく聞きます。

1日3時間として月間で60時間以上、1日4時間にもなると月間80時間以上となり、過労死ラインに達するレベルです。

ただでさえ子供を相手にする体力仕事。長時間労働によって身も心もボロボロになり健康を害してしまう人も少なくありません。

本来であれば60時間残業すれば9万円、80時間残業すれば12万円にもなる金額です。

これだけのお金を貰えていない保育士がとても多いことは、あってはならない事態でしょう。

サービス残業は当然違法

言うまでもなく、サービス残業は違法行為です。

労働基準法第32条では労働時間は1週間に40時間と定められており、それを越す場合には2割5分以上の割増賃金を支払わなくてはならないと定められています。

また保育士は休憩がろくにとれていない人も多いですよね。こちらも同じく違法。

労働基準法34条において労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には1時間の休憩時間をとることが義務付けられています。

現在の多くの保育園ではこの労働基準法が守られていないという状況にあるのです。

徐々に改善傾向にはある

昨今の働き方改革や問題提起などにより、ここ最近は徐々に改善傾向にあります。

保育士の待遇改善として給料を増やしたり、残業を少なくする取り組みを行っている保育園も少なくありません。

保育士自体が不足していることも改善の後押しとなっています。

各保育園で保育士を確保するため、これまでに比べて良い労働環境を用意しているところも増えてきています。

もしも現在の労働環境に不満があるなら、そういった保育園を変えることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【初心者歓迎】保育士バンク


  転職サイト|転職エージェント  

ブランク有・初心者歓迎の求人が豊富で、経験に自信の無い方におすすめのサービスです。

エージェントの利用だけでなく会員登録なしでもサイトから直接応募できるので、気軽に利用しやすくなっています。

利用者の好感度も高いので、まず情報収集だけでもしたい方はここから登録をはじめてみましょう。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【トップクラスの求人数】保育ひろば


  転職エージェント  

業界最大手で全国4万施設の求人を保有しており、地域特有の事情を把握している専属コンサルタントがいるので利用者満足度も94%。

求人が出ていない園にも打診してくれるため、希望通りの転職を実現しやすいサービスになっています。

また登録から入社まで平均1~2週間とスピーディで、転職を急いでいる方にもおすすめです。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴はフリーター・第二新卒・既卒・中退・未経験者の求人を専門に扱っていることで、保育士以外の職種や業界へ転職したい方にもおすすめできるサービスです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのも魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方の強い味方になります。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)