平日休みの仕事への転職を希望する方に知っておいて欲しいこと

平日休みの仕事に転職したい方は、転職活動はどのように行なえばスムーズにできるのでしょうか。

今回は、土日休みの企業から平日休みの企業へ転職したい方平日休みから同じ待遇で転職したい方に向け、転職活動がはかどる方法を紹介していきます。

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

その理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者が企業に内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

平日休みの会社へ転職がしたいときに取るべき3つの行動

平日休みの会社へ転職がしたいときに取るべき3つの行動

 

現在、平日と土日のどちらかの休みで転職を希望している場合、スムーズさを優先するのであれば、それぞれに転職活動が少しだけ異なります。まずは共通事項から見ていきましょう。

共通事項

平日休みと土日休みの方で共通して言える転職活動のポイントは3つあります。

どの業種・職種にするのかを考える

実は求人を探す前より先にしなくてはいけないのが、業種・職種選びです。

平日休みにも多くの業種と職種があるため、先にどの業種と職種にするのか候補を絞っておくことで求人が見つかりやすくなります。

よく真っ先に求人を探す方がいますが、業種や職種が決まっていないのに探してしまうと範囲が広くなっていまい時間がかかってしまいます。時間を効率良く使うためにもせめて業種を決めてから求人を探すようにしましょう。

求人を探す

業種や職種の候補を決めたら、いよいよ求人探しです。

気になる求人を見比べて、給与・シフト時間・待遇のどこが魅力的なのかをチェックしておきましょう。

この時に、転職において、自分が一番に優先するものはどれなのかを決めておくと求人をさらに絞りやすくなります。

自身で応募するか転職サービスを使うのかを決める

自身で求人を見つけて応募をするのか、転職エージェントを使って応募するのかを決めておくのもポイントです。

ひとりで転職活動をするときは、最初から最後まで自分ですべて行なうことになりますが、転職エージェントを使う場合は、担当者とふたりで活動するため、働きながらの求人検索や面接日程の決定など転職活動は苦にはならないでしょう

転職活動をはかどらせ、スムーズな転職をするためには、この3つの行動が大切になります。

では土日休みの方が平日休みの仕事へ切り替える場合、どんなところを気を付けるべきなのかを確認しましょう。

土日休みから平日休みへシフトチェンジする方はここを気を付けよう

土日休みから平日休みへシフトチェンジする方はここを気を付けよう

元々平日休みの人はそのことに慣れていますが、土日休みの人は平日休みに慣れてはいません。

そのため、平日休みの企業へ転職するときは下記の部分を必ずチェックしておくことをおすすめします。

平日休みであっても週休2日など休みの数を確認しておく

平日休みの場合は週休2日であっても単発休みとなりやすく、連休が難しいとも言えます。

そのため連休希望は出せるのか、年間休日はどれくらいあるのかを事前に確認しておくのがいいでしょう。

転職後に休みが少なかった、納得できる働き方にならなかったということが起きないように情報を得ておくのが大切です。

シフト制の場合の勤務時間

勤務時間が固定であれば問題はなさそうですが、シフト制で早番・日勤・遅番・夜勤などシフト制の場合は、休みの前日の勤務時間についても確認するといいでしょう。

また、なかには勤務と休日を絡めて、夜勤からそのまま連休になるところもあれば、単発の休み翌日の勤務は遅番にしてくれるところもあります。

シフト制が苦手そうだと感じるときは、固定時間の平日休み企業を探しましょう

体調を崩したりはしないか

土日休みから平日休みになったことで、毎週決まっていた休みの曜日がズレてしまいます。

そのため、体調を崩したりしないか、耐えられるのかを今一度しっかりと確認しておくのが良いでしょう。

初めての平日休み企業への転職なら転職サービスを利用すると有利

今回、初めて平日休みの企業に転職することにしたという方は、上記の3つの点から転職エージェントを利用するとスムーズでしょう。

転職エージェントは募集をかけている企業を知ったうえで、人材をマッチングします。

そのこともあり、勤務時間や年間休日、待遇なども外目で確認するあなたよりも知っているため、応募前に気になる点を確認することができるのです。

また平日休みの方は同じ業種経験者というところで評価されることがありますが、土日休みの企業で特に異業種となるとPRする部分を明確にして伝えることが必要になります。

そのため土日休みの方が平日休みの企業に転職するときは、転職エージェントへ登録して担当者のフォローを得ながら転職活動をした方が有利に動くことが予想できます。

転職エージェントとは?

転職エージェントは無料で利用できる転職サービスで、登録後に担当者と希望する年収、職種、待遇などを話し、今までの仕事で得た経験を活かせる職場を見つけてくれます。

履歴書の作成や面談の対策、アドバイスをもらいながら進めて行けるので、仕事をしながら一緒に求人を探したり、応募をしたりすることができるので心強くもあります。面接の日程は担当者が交渉してくれるので安心です。

平日は仕事に没頭していて、転職活動がままならない方はもちろん、異業種に興味がありつつ行動が起こせていないという方も利用することで、自分の良さを再確認し、希望に近い転職先を見つけられるでしょう

ではここからは、平日休みの会社へ転職がしたいときに取るべき3つの行動で触れた共通事項の業種・職種を決めておくことから、業種と職種の見つけ方を業種の例をいくつか挙げていきます。

どうやって見つける?業種と職種の見つけ方

どうやって見つける?業種と職種の見つけ方

転職エージェントに登録をして、担当者とヒアリングすると自分の興味があるもの、できそうな業種が見えてくるので、見つけ方がイマイチ分からないという方は、転職エージェントを利用した方が効率は良くなります。

自分で何となくこの職業に就きたいな。この仕事が気になっているけど職業の名前が分からない。というときは、業種から職種を探していきましょう。

業種から職種を見つける場合

例えばサービスに関わる仕事がしたいと思ったときに、サービス業という大きな業種は決まっています。

そこからサービス業にはどんな職種があるのかを検索しながら探していきます。

サービス業であるホテル業といっても、旅館なのか簡易宿泊所なのか、大きなホテルなのかで求人は分かれ、そこから役割が枝分かれします。
その場合はホテル業の求人から、どんな職種に空きがあるのかを確認して、自分ができそうなもの、気になるものをピックアップしていくのがいいでしょう。

参考:中部経済新聞 業種一覧

職種から求人を探す場合

例えば機械が正常に動くか、欠陥はないかを確認する機械検査の仕事がいいなと思っていたとします。

この場合、機械検査の職種が決まっているため、その仕事がある工作機械検査工、ポンプ検査工、電気製品検査工、電気部品検査工、自動車検査工、時計検査工、輸送機械検査工、レンズ検査工などの求人を見つけましょう。

参考:厚生労働省 職種一覧

平日休みの業種とは? 

平日休みの業種とは? 

ではここで平日休みにはどんな業種があるのかを見ていきましょう。業種ひとつでも職種は細かく分かれています。

今とは違う業種に行きたいと思っている方、まだ転職以外に何も決めていないという方も参考にしてみてください。

アパレル関係

洋服の製造、流通、販売を手掛けている企業のことを言います。

洋服を売る店員というイメージが強いですが、職種は幅広くなっています。

<アパレル関係の職種例>

  • 海外の輸出・輸入に関する貿易事務
  • 通訳
  • 商品の保管と管理、検品を担う物流
  • デザイン画から洋服を作るパタンナー
  • 買付担当のバイヤー

このほかにも広告担当のプレス、営業、デザイナー、VMD、コールセンター等、アパレルで関われる職種は多くあります。

ホテル関係

ホテルを利用するといろんなスタッフに出会います。

接客業というイメージもありますが、お客に合うことなく影で支える職種もあります。

<ホテル関係の職種例>

  • 宴会担当のホールスタッフ
  • ベッドメイキング(ハウスキーピング)
  • 調理師
  • 営業
  • レストランやバースタッフ

ホテルは宿泊、調理、管理、宴会など部門に分かれてスタッフが働いていることがほとんどで、配属先により持ち回りが異なります。

イベント企画・運営関係

イベントは土日、祝日に行なうことが多く、小規模から大規模となるため発想と責任感を求められる職種ばかりです。

<イベント企画・運営関係の職種例>

イベントプロデューサー

  • 制作の計画を練る制作スタッフ
  • プロデュースに必要な情報管理スタッフ
  • 制作の管理や施工をする進行演出スタッフ
  • スポンサーを募り対応していく営業

たったひとつのイベントでも抜かりがないように、細かに計画を立てるためのスタッフ、イベント当日まで仕上げる制作スタッフなど企画と制作、運営に分かれて仕事をする形になります。

スポーツ関係

スポーツ関係も職種が幅広いので、運動をする仕事が好きな方は業種で絞った後に職種から気になるところを探してきましょう。

<スポーツ関係の職種例>

  • トレーニング指導の専門家
  • インストラクター
  • リハビリトレーナー
  • スポーツ雑誌の記者
  • 審判員

選手はもちろんのこと、選手を支えたり、報道したり、指導や采配を行なう職種もあります。

交通・旅客関係

旅行へ行くと多くのスタッフを見かけることがあります。土日や長期休みのときは稼ぎ時でもあり、人や機器と向き合って仕事をすることがほとんどです。

<交通・旅客関係の職種例>

  • 航空整備士
  • 旅客機を誘導するマーシャラー
  • 空港業務スタッフ
  • 旅客をターミナルまで運ぶバス運転手
  • 駅員

鉄道、自動車、船などで関われるスタッフは多くあるので、人に関わりながら生活や社会のために働きたいという方に向いているでしょう。

飲食関係

ファミリーレストランに行って対応してくれるスタッフはもちろん、休日に家で食べるケーキやお弁当にも飲食関係の職種は関わっています。

<飲食関係の職種例>

  • パティシエ
  • 調理師
  • パン職人
  • ホールスタッフ
  • 食品・飲料メーカースタッフ

このほかにも開発、バリスタ、宣伝など接客以外で活動できる職種もあります。

業種と職種を見てきたあとは、これから平日休みの仕事へ就こうと考えている方に向け平日休みのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

平日休みのメリットとデメリット

平日休みのメリットとデメリット

土日休みの企業に新卒で入った方や学生時代にアルバイトをしていなかった方などは、平日休みはデメリットが多いイメージを持ちやすいでしょう。しかしながら、休みは休み。曜日は違ってもメリットは十分にあります。

平日休みのメリット

平日休みのメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

出先は比較的に空いている

土日休みの企業が多いこともあり、土日は人の動きが活発です。

そのため人気スポット、お店、施設、イベントは込み合いますが、平日休みの方はそんなことはなく空いた状態で利用できる確率が高いでしょう。土日は行列で入れないところへ行くこともできるので、話題性が好きな方にもピッタリです。

公的機関・公共施設に行きやすい

役所や銀行の窓口での手続きも平日休みの方は平日にできるので有利です。土日休みの方は平日に有給や遅刻、早退を使うか郵送という手段を取るしかないので、その点で見れば大きなメリットになるでしょう。

行きたくない誘いを断りやすい

曜日による固定休みではない場合、例えば行きたくないと思った誘われごとも、その日は休みでも休みじゃないと断りやすいのも平日休みのいいところです。休みの日がバラバラだからこそ、休みが合わないことをメリットにできるシーンでもあります。

一人の時間を得られやすい

土日休みの家族やパートナーがいるとき、休みが合わないということで自分の時間を過ごすことができます。

誰もいない自宅で過ごしたり、行きたかったところへ一人で出かけることができたりと自分の時間を大切にできるでしょう

旅行や美容室など予約がスムーズ

土日や連休の予約を取ろうとしても、土日休みの場合は予約日が先延ばしになることがほとんどです。また旅行へ行こうとしても、土日が絡むと料金が高くなりますが、平日休みのときは予約が空いており、旅行代が土日に比べて安く済ませられるほか、希望日に取れることが多いでしょう

平日休みのデメリット

続いては平日休みのデメリットについて見ていきましょう。

家族や友人と休みが合いづらい

土日休みの家族やパートナーのほか、平日は5日あるので同じ平日休みの友人とも休みが合いづらいと言えます。一人行動や自分の時間を大切にしたい方は良いですが、いつも誰かと一緒に行動したいという方にはストレスになってしまうでしょう。

単発休みになりやすい

土日休みは基本的に連休ですが、平日休みは火曜日と金曜日など飛び休の単発となりやすい傾向があります

毎週違う曜日の休みはヤダと言うときは、曜日固定で休めるディーラーや不動産関係の転職がいいでしょう。このあたりのことも転職エージェントの担当者に相談することができます。

土日のイベントには参加できない

基本的に土日休みの方をお客として対応するため、土日祝日の休みは希望がない限りは取れないでしょう。

子どもの運動会なども休みが取れないということはありませんが、同じ学校へ通う子どもが多い職場の場合は難しさもあります。

家族との時間が取れないときがある

子どもがいる家庭の場合、学校は土日祝日が休みなので日中に過ごす時間は取りにくいとも言えます。

ただ、日曜日の日中を過ごすために土曜日を夜勤したり、深夜勤務にしたりしてシフトを調整している方もいます。

また平日休みの仕事といっても、たまには土日休みも入ることもあるので、希望を出しながら上手に休みを取っていきましょう。

自分が休みでも会社は営業のため連絡が来ることがある

年中無休の仕事に就く場合、自分は休みでも会社は営業しているため、会社から連絡が来ることがあります

例えば、自分が担当したお客が自分の休みの日に来店し、担当がこう言っていたと言われれば電話で確認を取るほかありません。

責任感の強さにもよりますが、休日の電話に出る出ないは会社の方針などを確認しておくと良いでしょう。

平日休みを希望して転職するときは理解と納得をしておく

平日休みを希望して転職するときは理解と納得をしておく

平日休みの仕事へ転職をするときは、平日休みのメリットとデメリットを理解して働きだすことが大切です。

特に土日休みの方が平日休みの会社へ転職する方は、今までの過ごし方ががらりと変わります。それでもその仕事をしたいというのであれば問題はありませんが、平日休みに不安を残したまま転職してしまうとストレスを抱えることになってしまうので気をつけましょう。

転職前に友人でも転職エージェントの担当者でも相談できる人がいると安心できます。

転職エージェントは無料で利用できる特徴があり、業界に詳しい担当がフォローしてくれるので、平日休みの企業へ転職を希望するときも、メリットやデメリットについて相談のほか、仕事や休日、今までの経験などから勤めやすい転職先を見つけることができるでしょう。

その理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者が企業に内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)