転職時の求人票で注意すべき月給表記。残業代込みで基本給はかなり低い可能性も。

転職する会社を選ぶ上、多くの人にとって重要となる給料。一切チェックすることなく選ぶという人はさすがにいないでしょう。

ただ求人票を見る際には、そこに書かれている給料、特に月給○○万円と書かれている場合は注意しなくてはいけません。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

あいまいな月給表記の場合は注意が必要

たとえば月給20万円、残業20時間分、ボーナス4ヶ月分と求人票に書かれていたとします。

あなたはこの給与に対し、年間でどの程度貰えるだろうかと予測しますか?

残業代が月3万円で、基本給と合わせると毎月23万円。ボーナスが20万円×4ヶ月で80万円。

合わせて年収は356万円になるだろう。そう考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、残念ながらこの金額は貰えない場合の方が多いです。特にひどい場合、年収では280万円ほど、想定より70万円以上少なくなってしまうことも予想されます。

ですから、もしあなたが求人票に書かれている月給の表記だけを見て判断しているなら、転職後に痛い目を見ることになってしまう可能性は非常に高いと言えるでしょう。

転職時に知っておくべき月給表記の注意点

あなたが転職して後悔しない為に、月給表記の注意点をよく理解しておかなくてはなりません。

残業代込みの場合も多々ある

月給とは一般的に「基本給」に「固定の手当」を加えたものを言います。

固定の手当とは、役職手当や住宅手当などそれぞれの月によって変動しない手当のことで、残業代のように月ごとに変動する可能性があるものは含まれません。

しかし求人票では必ずしもそのように書かれているとは限らないのが現実です。

月給の中に想定される残業時間が含まれている場合も実は多々あります。特に固定残業代の場合に多いです。

たとえば月給30万円だとしても実は20時間分の残業代が込みで、基本給が25万円しかないなんてことが大いにありえます。

わかりやすく月給30万円(固定残業代5万円を含む)といった表記や、月給25万円+残業手当5万円といった表記をしてくれていればいいのですが、単に月給30万円としか書かれていない場合は注意しなくてはなりません。

固定残業代の求人は注意が必要

固定残業代のある求人は、給料面以外でも注意が必要です。

本来は労働者にとってメリットのある制度なんですが、サービス残業の温床になってしまっている場合がある為です。

本来は、決められた残業時間を超えて残業をした場合はその分手当が上乗せされるというが法律で定められたルールです。

たとえば30時間と決められた残業時間に対し、実際に20時間しかしなかったとしても30時間分の残業代が予定通り支払われますが、40時間の残業を行うと本来支払われる予定だった30時間分に加え、オーバーした10時間分が支払われます。

しかしそのルールを無視し、固定残業代を採用していることを理由に何時間残業しようとも一定の残業代を支払わず、何十時間ものサービス残業を社員にしいているブラック企業が少なくありません。

残業代は減るリスクがあることを忘れてはいけない

残業はあるとしてもとりあえずその金額が貰えるならばいいかと思う人もいるかもしれませんが、その金額は入社後もずっと保証されている金額ではありません。

基本給や固定の手当と違い、働いた分に応じて支払われる残業手当は、もしやらなければ支払われません。

閑散期になると残業が必要なくなりその分給料が少なくなるし、人員追加等で残業が無くなることだってあり得ます。

月給30万円だからとおもって入社したら、その数か月後には残業が減って25万円しか貰えなくなることもあることなのです。

ボーナスの計算に月給は使われない

 ボーナスの基準となる金額をどのようにおいているかは会社によって様々です。月給が基準となるとは限りません。

たとえば、月給30万円(基本給20万円+役職手当5万円+残業手当5万円)で年間5ヶ月分のボーナスが支給されるとしましょう。

月給30万円が1ヶ月分と見なされればボーナスは150万円貰えることになります。

しかし残業代を含む場合はほぼなく、基本給と固定の金額が基準となり125万円となる場合が多いでしょう。

ただ会社によっては固定の手当すら含まず基本給のみで算定となり、この場合だと100万円まで下がります。

すなわち、ボーナスの金額はいくら○ヶ月以上と書かれていても、基準となる金額がわからない以上はいくら貰えるかなんてわからないのです。

給料面の勘違いは転職に大きな後悔を生む

転職してみたら思っていた給料よりも少なかったら、たとえ仕事内容で満足しても後悔する可能性は非常に高いです。

実際、それが原因で短期離職することになったという人も少なくはありません。

ですから、応募の際はぜひ注意するようにして下さい。

もし曖昧な点があるなら、選考が進んだ段階、最終的には内定後にしっかり確認することも必要です。

不安を無くしたいなら転職エージェントの利用がおすすめ

求人票に書かれている内容が限られていますし、直接聞くにしてもある程度選考が進まないと中々聞きにくい為、応募時点で本当に応募するに値する企業なのか判断することは正直難しい面があります。

そんな時におすすめなのが転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、一人一人に担当者がつき、転職活動全般のサポートをしてくれます。

自分では直接聞きにくい内容も代わりに問い合わせてくれる為、応募前に正確な情報を手に入れることにも一役買ってくれます。

ぜひ活用してみて下さい。

おすすめの転職エージェントは以下の3つです。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ