38歳でも転職はできる。キャリア採用、未経験者採用のパターン別転職活動。

「転職するなら若くないとだめ」「38歳ともなるとまともな転職ができない」と考えている人も多いかもしれません。

しかし、全くそんなことはありません。

もちろん20代、30代前半とは転職活動のやり方を変えていく必要があります。

ただ転職活動をする前から諦めてしまっていたり、正社員になることを諦めてしまうというのは大きな間違いです。

求人が増加する今動こう!

4月~6月は企業の採用が積極的になるため、転職活動をするなら今がチャンスです

転職エージェントでは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

多くの求人を把握でき選択肢を増やせる
相性の良いアドバイザーに出会える確率UP
各エージェントの良いとこ取りができる
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・20代、30代の登録が圧倒的
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

38歳での転職希望は多い

38歳での転職希望は多い

実は38歳で転職する方は大勢います。

その証拠に、厚生労働省が発表した「転職入職者が前職を辞めた理由別割合」というデータでは、35~39歳の多くの人が不満を抱いて転職をしているのです。

同データに記載された35~39歳が転職を決めた理由を見てみましょう。

  • 会社の将来が不安だった:14%
  • 労働時間、休憩等の労働条件が悪かった:11.9%
  • 給料等収入が少なかった:10.8%

あなたと同世代の方は、上記のような不満を感じて転職を決意しています。

中には、40歳になってから転職を決意して、成功している方もいます。

35歳限界説は間違い!38歳でも転職できる

転職市場において、35歳限界説という言葉があります。

35歳を超えると男性であろうと、女性であろうと関係なく、転職することが急激に困難であるという意味合いで使われています。

確かに昔はそうだったのかもしれません。

しかし、現在はこれが全くの間違いになっています。

転職で成功した人の平均年齢は年々上昇していて、数年前に29歳程度(男性29.5歳、女性27.5歳)だったのが、現在は32歳以上(男性32.9歳、女性29.7歳)になっています。

35歳以上の転職成功者の割合も高くなっており、以前は30代後半が8.0%、40歳以上が2.5%であったのに対し、今は35代後半が14.6%、40代以上が15.1%とミドル層の転職成功者の割合が増えています。

実際に転職する人の割合は、20代の人が多い中で30代後半で転職を成功させた人がこれだけの割合を占めるわけですから、限界説なんてもう全くないことがわかります。

ただし、38歳になると即戦力が求められるため、未経験の分野に就くのは簡単ではないのが実情です。

参考:doda「転職成功者の年齢調査」

38歳でも転職が成功する人の特徴

38歳でも転職が成功する人の特徴

38歳でも転職に成功している人はいます。

しかし、同時に失敗している人がいるもの事実です。

では、同じ38歳で転職に成功する人と失敗する人がいるのは何故なのでしょうか?

ここでは、成功する人の特徴を見ていきましょう。

企業選びがしっかりしている

40代以降での転職は難しいことを考えると、基本的にはキャリアプランを重視することが大事です。

市場価値と自分の希望条件を理解し、企業条件とマッチさせることで失敗を防げます。

また、求人が少ないため希望条件は多少の妥協することも大事です。

反対に、未経験職を希望してしまうと失敗する可能性が高くなるので注意してください。

希望条件を細かく設定して、高望みするのも失敗するパターンなので、希望条件を洗い出したら優先順位を付けると良いでしょう。

コミュニケーション能力に長けている

コミュニケーション能力がある人は新しい環境に馴染みやすく、また変なプライドが邪魔して人間関係を悪化させるケースも少ないのです。

特に38歳での転職は、上司が歳下だったりと幅広い年齢の人に囲まれて仕事をします。

そのような時に、「自分の方が年上だ」と指示を無視したり、仲良くなるのを拒んだりしていると職場に馴染めず、「転職に失敗した」と感じてしまうのです。

反対に、コミュニケーション能力が高い人は、転職先での上司・同僚との関係構築が上手なので昇進するのも早い傾向にあります。

また、コミュニケーション能力は転職するまでの人脈作りや面接でも役立つため、成功する確率がグッとアップするのです。

行動力がある

未経験職を希望するなら、資格取得・専門スクールに通うなど、内定への道を切り開くことが大事です。

それには行動あるのみなので、現職の忙しさを理由に後回しにしているとチャンスを逃してしまいます。

あれこれと考えてしまうと、誰でも不安や良くない考えが浮かぶものです。

しかし、その良くない考えが理由で行動に移さずにいると、いつまで経っても現状は変わりません。

想像はあくまで空想であり、本当にどうなるかは試してみないと分かりませんので、まずは行動に移してみてください。

もし、あなたが38歳という年齢から転職する勇気がないなら、次にご紹介するポイントを押さえれば、年齢のハンデも打開できます。

38歳での転職を成功させるポイント

38歳での転職を成功させるポイント

38歳という年齢に不安を感じて行動に移せない方は多いでしょう。

しかし、人間は一日一日年を取っていくものなので、悩んでいると39歳、40歳、41歳とどんどん年齢が上がっていきます。

取り返しがつかなくなる前に、ご紹介する3つのポイントを押さえて転職活動に臨んでみてください。

自己分析をして、自分の強みを洗い出そう

まずは自己分析や他己分析をして、自分を客観視するようにしましょう。

今まで経験してきた仕事や、その際に身に付いたスキル、考え方などを洗い出してください。

もし、あなたが希望する職種が未経験職だとしても、今までの自分が培ってきた強みと会社に貢献できる点の合致する部分があれば、面接官へのアピール材料になります。

長年勤めてきて固定概念があるかもしれませんが、その固定概念を捨てて他業種へ活かせる点がないか考えてみると、新たな発見があるかもしれません。

また、「まだまだ成長できる」と気が付けば自信にも繋がるでしょう。

企業研究を行う

転職する企業情報のリサーチは、ミスマッチを防げるのはもちろん、面接でのアピールポイントにもなります。

「何故この会社じゃなきゃだめなのか」「自分のスキルがこの会社でどう活かせるのか」といった詳細な理由を伝えられれば好印象になるでしょう。

また、35歳以上での転職は後のチャンスが少ないため、できる限り失敗を防ぎたいものです。

中には、入社時には想定していなかったライフスタイルの変化、例えば結婚・出産や介護などがある人もいるでしょう。

そのような事態を想定して、福利厚生などについてはしっかりとリサーチしてください。

当然、給与面についても自分が満足するものか調査する必要があります。

転職のプロの力を借りる

在職中で自己分析や企業研究の時間がない人は、転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントなら、最初に面談があるので自己分析・他己分析を転職のプロの視点でアドバイスしてくれます。

もちろん、数々の企業とコミュニケーションを図り、他では知りえない内部情報も持っているので、企業研究も自分一人で進めるより格段に質がアップします。

面談を通して自分が気づかなかった強みに気付けたり、自分では見つけられなかった優良企業に出会えたりするので、転職に不安がある方は転職エージェントを利用してみてください。

38歳での転職にはリスクもあることを知っておこう

38歳での転職にはリスクもあることを知っておこう

近年転職者数が増えているとはいえ、38歳での転職はリスクがゼロではありません。

では、38歳での転職にどのようなリスクがあるのか見ていきましょう。

今までのキャリアを捨てることになる可能性がある

中途採用では、年収や役職が下がることもしばしばあります。

特に未経験の業種では、大幅な年収の低下も覚悟する必要があるでしょう。

また、転職先では上司が自分よりも歳下というケースも珍しくありません。

だからこそ、特定の条件に固執せず、プライドを捨ててチャレンジ精神を持つことが転職成功の鍵です。

加えて、同じ業種であっても会社ごとに仕事の進め方が違うので、新しい会社のやり方を受け入れる姿勢も必要になってきます。

応募求人が少なく、倍率が高い

人手不足とはいえ、35歳以降の求人が少ないのは事実です。

しかも、少ない求人の大半は即戦力採用なので、未経験の場合はさらに少なくなります。

企業側からしても、未経験者なら長く勤めてくれる可能性がある20代に教育コストをかけたいものです。

また、転職回数が多くて「すぐに辞めるのでは」と思われたりする人は、会社側が納得できる理由を用意する必要があります。

過去の実績や即戦力が重視される

20代での転職との違いは、経験・知識・実績が選考基準となることです。

若い頃とは違って、全くの未経験職でやる気や熱意だけを伝えても内定を貰える可能性はほぼないでしょう。

もし、あなたが転職成功させたいなら、今までのスキルを活かせる会社を選ぶようにしてください。

一番良いのは同じ職種で過去の実績などをアピールする方法です。

未経験職を希望するなら、共通する部分を見つけて汎用性の高いスキルであると証明するようなエピソードを交えてアピールしてみましょう。

このように38歳での転職はリスクもあるうえに、20代での転職よりもリカバリーが効かないのが実情です。

しかし、そのようなリスクは転職エージェントを利用することで、最小限に抑えられます。

それについては次の項目で詳しく解説します。

38歳で転職をするなら、転職エージェントを利用しよう

38歳で転職をするなら、転職エージェントを利用しよう

38歳での転職には、「求人が少ない」「即戦力重視」「年収や役職が下がる」など様々なリスクがあります。

しかし、リスクにばかり目を向けていると、自分でも気づかないまま自身の強みや働くことに対する固定概念が強くなり、さらにネガティブな感情が増幅してしまうでしょう。

そうなると自信をなくし、転職を始めること自体を諦める可能性もあるので、そうなる前に一度プロに見てもらうようにしてください。

あなたのスキルや実績、悩み、希望などを面談時に伝えれば、転職のプロの視点で適切なアドバイスを出してくれます。

また、転職エージェントには数々の優良企業が揃っており、非公開求人も多数含まれているので、応募できる求人も増え新たな自分に出会える可能性があるでしょう。

他にも、転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。

  • 面談を行い、自己分析のサポートをしてもらえる
  • 日程調整を丸投げできるので、在職中でもストレスなく転職可能
  • 面接準備・履歴書作成のサポート
  • 自分では難しい年収などの条件を交渉してくれる
  • 利用料金が無料

登録する際に特別な条件などもないので、38歳で転職を検討しているなら、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントは掛け持ちをしないと損!

「転職エージェントは一つしか利用してはいけない」と思い込んではいませんか?

実際はそんなことはなく、複数のエージェントを利用することで得られるメリットはとても大きいです

おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】

公式

選択肢が増える

各エージェントごとに独占して紹介している求人が存在します。

そのため、複数のエージェントを利用しなければ出会うことのできない求人も数多くあるのです。

相性の良いアドバイザーに出会える確率がUPする

いくら転職のプロといえども、アドバイスやサポートの内容に徐々に不満が出てくる可能性だってあります

そんな状態で転職活動を進めるのは非常に不安でしょう。

複数のアドバイザーと転職活動を進めることで、あなたと相性の合うアドバイザーに出会える確率を上げることができます

各エージェントの強みを使い分けられる

転職エージェントの強みはそれぞれの会社によって異なります。

大手ならではの求人数やサポート範囲など総合力を強みにしているところもあれば、特定の年齢層や業界に特化したエージェントもあります。

双方を活用することで、選択の視野を広げつつも自身の年齢や希望業界にマッチした転職ノウハウを学ぶことができ、結果として転職活動全体の質を高めることができるでしょう

また、複数のエージェントを利用することでそれらを比較できるので、真にあなたにマッチしたエージェントを判明させることもできます

掛け持ちしていることをあえて伝えてみよう

掛け持ちしていることをあえてエージェントに伝えることは有効でしょう。

当然、エージェントとしてはせっかくの求職者を他のエージェントには取られたくないので、その事実を知ればさらに頑張るはずです。

このように、掛け持ちを伝えることでさらなるサービスの向上を図れる可能性が高まります

転職エージェントを複数利用することに申し訳なさを感じる人もいると思います。

ただ、転職エージェントの利用は完全無料ですし、転職は今後の人生を左右するものなので、情に流されて自らのチャンスを逃さないよう積極的に複数のエージェントを利用してみてください

おすすめの無料転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【無職・フリーターから正社員に】ジェイック就職カレッジ


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)