30代でおくべき会社を辞めたいと思ったら読む、転職・退職に関する知識まとめ

給料、休日、残業、人間関係、仕事内容など様々な理由から会社を辞める人も多い30代。

実は1年という短い期間でもおよそ10人に1人は会社を辞めています。

ただ30代で会社を辞めるというのは、実際どうなんでしょうか。

今回は会社を辞めたいと考える30代向けに、知っておくべき現在の状況などを紹介します。

関連記事

 

30代でも会社を辞める人の割合は非常に高い

30代で会社を辞めるというのは、決して珍しいことではありません。

厚生労働省の「雇用動向調査結果の概要」によると、30代の1年間での離職率は以下の通りになっています。

性別年齢離職率
男性30~34歳10.90%
35~39歳9.60%
女性30~34歳17.20%
35~39歳14.50%

この中には会社の倒産や、派遣や契約社員など有期雇用者の契約満了、会社の指示による出向といった自分の意志に沿わないものも含まれています。男性の場合はおよそ10人に1人、女性の場合はおよそ6~7人に1人がこの1年間で会社を辞めているのです。

しかし大半は自己都合の理由によるもので、自らの意志で会社を辞めるに至っているのです。

ちなみに退職理由が自己都合によるものである人の割合は以下の通りになっています。

性別年齢自己都合の理由に
よる離職者の割合
男性30~34歳65.6%
35~39歳48.5%
女性30~34歳69.2%
35~39歳61.4%

このデータは、たった1年という短い期間で調査したものです。たった1年という間にこれだけの人が会社を辞めているわけです。

当然会社を辞めたいと思っている人はもっといるわけですから、あなたが会社を辞めたいと真剣に思っていることも決して珍しいことではないということです。

30代の会社を辞めたいと思う理由

30代の仕事を辞めたい理由で多いものとして、以下のものが挙げられています。

  1. 休みが少ない、残業が多い
  2. 給料が少ない、ボーナスが少ない、昇給がない
  3. 人間関係がうまくいかない
  4. 仕事内容に不満がある
  5. 会社の将来が不安

休みの少なさや残業の多さなど労働時間に対する不満

休みが少ない、残業が多いなど労働時間に関する不満から会社を辞める人は男女ともに非常に多くなっています。

周りは土日祝休んでいるのに、自分は祝日はもちろん土曜日もたまに出勤があるとなれば、不満を感じてしまうのも仕方がないでしょう。

年間休日が110日以下というのは、やはり働いてみるとしんどいです。

また残業の多さも同様。

月10時間から20時間ならいいのですが、月40時間も50時間も当たり前のようにあるとかなり辛いと感じるのも当然のことです。

毎日2時間も3時間も残業をしていると家に帰るのは21時すぎ。プライベートの時間なんて持てず、ただ仕事だけの生活になってしまいますから。

給料が少ない、昇給がない、ボーナスが少ないといった金銭的な不満

給料が少ないといった金銭的な不満から会社を辞める人も非常に多いです。特に男性はこの理由から会社を辞める人の割合が高いです。

30代にもなればそこそこ中堅。管理職などの役職に就きはじめる年齢でもあるでしょう。

役職についてなくても仕事をこなす能力だって20代よりは高くなっているし、仕事の責任の重さも大きくなっています。

それなのに昇給がなくて給料が少ないとなれば不満を感じるのも仕方がないことです。

特に学生時代の同期との差は給料に不満を持つ大きな原因になるかもしれません。20代ではそこまで差がなかった給料も、30代になると大きな差がでてきていることも珍しくありませんから。

たまたま入った会社が違うだけで周りは30代で年収700万円、自分は同じ年齢なのに年収400万円。そうなれば誰だって今の会社に絶望してしまいます。

人間関係がうまくいかないなど労働環境による不満

人間関係などの環境面によって会社を辞める人は、特に女性に多い傾向があります(男性でも少ないわけではありません)。

上司と合わない、先輩や同僚と合わない、パワハラやセクハラまがいのことをされる、いじめや嫌がらせをされるなど、職場における人間関係の問題はたくさんあります。

人間関係で特に問題がない人は、そんなことで辞めるの?と思うかもしれません。

しかし、実際にその立場になってもればほとんどの人は辞めたいと思うことに納得するでしょう。

人間関係がうまくいかないことによるストレスというのは非常に大きいのです。

仕事内容、仕事のレベルに対する不満

同じことばかりで飽きてしまった、仕事の内容に興味を持てなくなってしまった、もっとレベルが高い仕事・規模が大きい仕事をしたくなったなど、仕事内容に対する不満から会社を辞める人もいます。

20代に比べて成長を実感できなくなるというのも、大きな理由かもしれません。

また人事異動がきっかけになるという人も多いようです。

興味もなければ経験もない仕事への異動を命じられ、会社の命令だから拒否することもできないとなれば、自分がやりたい仕事をこれまで通り続けるには会社を辞めて転職するしか道はありませんから。

会社の将来に対する不安

まだまだ20年、30年と仕事を続けることになる30代にとって、会社が将来も大丈夫かというのは大きな関心を抱くところ。

中長期的に伸びてくれればいいのですが、もし上手くいかなければ給料が上がらないどころかボーナスは減額されてしまうかもしれないし、下手したらリストラや倒産によって職を失ってしまうかもしれませんから。

だからこそずっと経営状態が思わしくない、会社が徐々に縮小していっている、業界自体に明るい希望がないというような状態だと不安を感じてしまい転職だって考えるようになって当然です。

実際、会社の将来性を不安視して、自分がもっと安心して働くことができる会社へと転職する人は30代に非常に多くなっています。

30代の転職状況はどうなっている?

会社を辞めたいと考えた時、ほとんどの人は同時に転職することを考える必要があります。

だからこそ、現在の30代の転職事情についてはよく知っておかなければなりません。

30代の転職はかなりしやすい状況

会社を辞めたいと思っている人にとっては幸いなことに、現在の30代の転職は非常に活況であり、かなり転職がしやすい状況となっています。

30代前半の転職について

元々30代前半というのは非常に転職をしやすい年齢です。

実際、転職成功者の分布をみても20代後半に次いで2番目に多くなっています(参考:doda「転職成功者の年齢調査」)。

  • 24歳以下・・・9.8%
  • 25歳~29歳・・・38.9%
  • 30歳~34歳・・・24.3%
  • 35歳~39歳・・・13.2%
  • 40歳以上・・・13.8%

それほど需要が多く、成功する可能性も高いということです。

社会人としてそれなりの経験があり、即戦力として期待できる30代前半というのは、企業にとってみると非常に重宝する人材。

転職に対して年齢面でネガティブになる必要は一切ありません。

関連:30代前半の転職事情

30代後半の転職について

以前までは「35歳転職限界説」という言葉があったように、30代後半になると転職のハードルが一段上がる傾向がありました。

しかし、今はそんなことが決してありません。

転職成功者の平均年齢は10年前に比べておよそ3歳上昇し、35歳~39歳までの人が占める割合も8.0%から13.2%と5%も上昇。

多くの企業が35歳以上のミドル層を求めて中途採用を活発に行っており、それは今後も伸びていくということが予想されています。

もちろん30代前半に比べて難易度が変わらないというわけではありません。

35歳以上を求める求人の数はやはり少ないし、経験や実績・スキルなどで求められるレベルも高くなります。

ただ絶望するようなレベルではありません。転職を成功させている人はたくさんいるのですから、あなたもその一人になれる可能性は十分にあるのです。

30代で未経験者として転職する場合について

では未経験の仕事へと転職する場合はどうでしょうか。

業種未経験の場合について

まず業種未経験については、気にする必要はありません。業種の経験を求める企業ももちろんありますが、そういう企業は少数派。職種経験さえあれば良いという会社が多いです。

特に給料を上げたい、もっと休みがほしいといった目的で転職に踏み切るなら、業種にこだわらず転職活動を進めることをおすすめします。

業種を変えた方が、そういったことを実現できる可能性が高いからです。

職種未経験の場合について

職種未経験の仕事への転職はそれなりの困難があることを覚悟しておく必要があるでしょう。

先ほど述べたように、30代の転職は非常に活況で転職がしやすい状態になっていますが、それはあくまで経験者に対する話です。

企業は30代に対しては、ある程度生かせる能力を有していることを求めます。

まったく同じ職種である必要はありませんが、何らかの形で前職の経験を生かせるような仕事ではないと、やはり厳しいのが現実です。

しかし絶対に無理だと言うわけではありません。30代前半はもちろん、30代後半でもキャリアチェンジ成功したという人も今の人手不足の状況では少なくありませんから、本当にやりたいことなら難しくても挑戦してみるべきです。

給料は上がる?下がる?

転職すると基本的には給料が下がるんでしょ?と思っている人は多いかもしれません。

では実際のところどうなんでしょうか。

以下が実際に転職した人の給料の変動状況です。

 30~34歳35~39歳
1割以上増24.8%34.2%
1割未満増17.1%14.0%
変動なし26.9%24.1%
1割未満減7.7%7.0%
1割以上減22.1%19.1%

約半数が増加しているのに対し、減少は3割にとどまっています。実は30代でも転職で給料が上がる人の方が多いのです。

しかも30代前半なら4人に1人、30代後半なら3人に1人は1割以上の増。たとえば年収500万円の人なら50万円以上アップして550万円以上になるということです。

またこの調査結果は、給料にこだわらず転職に踏み切った人(未経験職への転職など)ももちろん含まれています。もし給料にこだわって転職したならもっと上がる可能性は高いと考えられるでしょう。

なお30代で転職した場合、給料が上がりやすい人と下がりやすい人の特徴は以下の通りです。

30代で会社を辞めたい人が知っておくべき、退職に関する知識

会社を辞める上で知っておくべきは、転職に関することばかりではありません。

ここでは退職について知っておくべきことを紹介しましょう。

退職金の有無や支給される金額

現在勤めている会社に退職金制度がある場合には、退職時に退職金が支給されます。

厚生労働省の「就労条件総合調査」によると、80.5%の会社に退職金があるので多くの人が多かれ少なかれ貰えることになるでしょう。

そして支給される金額の相場は勤続年数によって異なりますが、100万円から300万円ほどである場合が多いです。

ただこの金額は会社によって大きく異なります。15年働いたのに退職金は20万円だったなんてケースもおおいにありえることです。

また一度転職している人だと勤続年数が短い分退職金が少なくなったり、3年未満だと一切貰えないというケースもあるので、事前に自分が幾らもらえるかはチェックしておくといいでしょう。

また、次の会社では新卒で入社した人に比べて勤続年数が少なくなる分、退職金も少なくなる可能性がある点は知っておきましょう。

たとえば大卒の退職金の平均支給額は勤続35年以上の人で2,173万円です。

しかし30代で中途採用で入社し勤続年数が25~29年になると1,395万円まで下がります。

失業保険の支給条件や金額

転職先が決まっていない状態で会社を辞め、しばらくは失業保険で生活しようと思う人もいるかもしれません。

ただ以下の条件があるので注意しなくてはなりません。

  • 雇用保険に加入していた期間が退職前2年間で12か月以上必要
  • 自己都合の退職の場合、3か月間の「給付制限期間」

倒産など会社都合で会社を辞める場合はすぐ貰えますが、自己都合で会社を辞めた場合だと貰えるのは3か月先ということになります。

もしすぐに仕事をしないつもりなら、この期間過ごせるだけの貯金を確保しておかなければなりません。

また金額としても給料に比べて少なくなります。

以下が30代で自己都合退職した場合の給料別(退職前6か月の平均)の失業保険の30日あたりの支給金額及び支給期間です。

 支給金額支給期間
20万円146,400円90日
25万円155,930円90日
30万円178,620円90日
35万円184,500円90日
40万円199,980円90日

詳細な金額については、以下のサイトよりシミュレーションできます。

参考:雇用保険の給付額の計算

有給休暇について

会社を辞めると残っている有給休暇は全て消滅し、取得する権利がなくなります。

その為、もし会社を辞めるなら退職前にできるだけ多くをとるようにすべきです。せっかくの権利、使わないともったいないです。

中には全く有給休暇を使ってなく40日ほど残っている人もいるでしょう。もし退職前に全て使えば、およそ2か月まるっと休みです。

在職中は忙しくて転職活動ができないという人はこの期間に集中して転職活動をしてもいいかもしれません。

また転職後の有給休暇取得に関しては注意が必要です。

有給休暇が付与されるのは、基本的に入社して半年以降です。会社によっては労働者のためにと入社後すぐに付与してくれる会社もありますが、そうではない場合、もし休むことになると欠勤扱いになってしまいます。

会社を辞めたい30代が転職に向けて行うべきこと

ここまで書いた通り、30代が会社を辞めるというのは、決して珍しいことではありません。

また転職事情もいい状態でもあります。

だからこそ、今の会社を辞めたいという気持ち、もっと前向きに考えてみてもいいのです。

もちろん不安は大きいと思いますが、それならとりあえず転職活動をやってみましょう。そしたら希望を叶えることができる仕事が見つかるかもしれません。

ただ会社を辞めて後悔しないために、以下の点についてはぜひ頭にいれておきましょう。

将来をできるだけ具体的にイメージする

行き当たりばったりの、転職をしていいのは20代まで。

30代は今回の転職に対しての目的を明確にするのはもちろんのこと、5年後・10年後など中長期的な視点を持ち、自分のキャリアや将来について、よく考えた上で転職先を考える必要があります。

一回の転職によって得られるものは決して大きくはありません。実現できないこともあるでしょう。

しかし今回の転職を含め、転職後の会社生活、そしてさらなる転職を経ると今実現できないことでもできる可能性がでてきます。

ただそれは今の段階でしっかり考えるからこそ。

今回の転職はゴールではないのです。

こだわりを持ち、手を抜かない転職活動を

転職がうまくいかない人の多くは、転職活動自体に手を抜き、適当にやってしまっていることが原因です。

しっかり準備しないから受けても受けても受からない。よく調べないから希望とは違う会社に入社してしまう。こんなものでいいやと手を抜いてしまうから、本当にかなえたいことを見失う。

そして失敗につながるのです。

転職にはこだわりを持ちましょう。なんのために転職するのかを忘れてはいけません。

そして転職活動にはできうる限り真剣に取り組んでください。

もちろん楽ではありません。プライベートの時間を犠牲にする必要がでてきます。

しかしたった数か月です。それがあなたの一生を左右するのかもしれないのです。

30代おすすめ転職サービス

最後になりますが、30代の転職に向けていくつかおすすめの転職サービスを紹介します。

doda

dodaサイト:https://doda.jp

転職サイト、転職エージェント双方の機能を有しているdoda。最大手の転職サービスですから、聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

どちらか一つだけのサービスを使うこともできますが、両方を同時に使いながら、転職サイトで目ぼしい求人が有ったらエージェントにその求人に対して応募したいと申し出ることも可能です。

求人数も豊富(10万件以上)でサポートの評判が良く満足度No.1にも選ばれていますし、オファーメール数も多く全国各地で転職フェアを行ってもいますから転職活動を始めるならまず一つ目の選択肢になるサイトです。

なお対象年齢は20代から50代、経験・未経験問わず、全国を網羅しているので誰でも使えるサイトとなっています。

公式:doda

JACリクルートメント

サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

30代のハイクラス層向けの転職エージェントサービスで最もメジャーで実績が高いのがJACリクルートメント。

名前を聞いたことがない人も多いかもしれませんが、実はdoda、リクルートエージェントに次いで3位の売り上げを誇る大手転職エージェントです。

基準に達していない人が登録するとサポートを断られたり、あまり良いサポートを受けられないことがありますが、基準に達している人にとってはかなり強い味方。

かなり質の良いサポートを受けることができると評判です。

管理職向け求人や技術者・専門職向け求人も揃っており、年収では1000万円から2000万円以上のものも豊富です。

公式:JAC Recruitment

リクルートエージェント

リクルートエージェント

サイト:https://www.r-agent.com/

dodaと並んで大手のリクルートエージェント。求人数や実績が飛びぬけており、非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1となっています。

年齢層も30代以降でも使いやすいサービス。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

公式:リクルートエージェント

iX転職

転職サイトdodaを御存知の方は多いと思いますが、そのdodaが運営しているパーソルキャリアが新たにハイクラス向けに限定した転職サービスと運営を開始したのがこのiX転職。

年収800万円以上の求人が豊富で、中には年収1500万円以上、2000万円以上の求人も揃っています。

転職するかどうか迷っている段階であってもヘッドハンターがキャリアの相談に乗ってくれますし、いざ転職となった場合も年収交渉を進めてくれる為、非常に役に立つ転職サービスです。

dodaという大手転職サービスを長年実施してきたことによるノウハウの蓄積もあり、信頼性は高いのではないでしょうか。

公式:iX転職サービス