仕事を辞める勇気を持ったことで変わったこと。選択肢と逃げ道を作ることは大事なこと

仕事を辞める勇気を持ったことで変わったこと。選択肢と逃げ道を作ることは大事なこと

仕事を辞めたい。口ではそう言っていても、実際に辞めることを意識している人はどれくらいいるでしょうか。

おそらく大半の人は実際に辞めるということまでは考えてなく、もちろん行動するには至らない人だと思います。

辞めたいという気持ちはあるものの辞めるという選択肢がないのです。

もちろんそれが功を奏す場合もあります。実は辞めたいといいつつも仕事に楽しい部分もあって、本当に辞めてしまったら後悔する人はいるでしょう。

ただ、中には単に辞める勇気を持てずにいるせいで辞めるという選択肢がなく、それ故に自分をどんどん追い込んでしまっている人もいます。

今回は実際に辞める勇気を持てていなかった人が辞める勇気を持つことで変わったことについて話していきます。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:新卒入社1年目で会社を退職。第二新卒の転職を成功させることができた理由。転職に踏み切る勇気も大事

仕事を辞めるという勇気がなかったから選択肢も逃げ道もなかった

仕事はきついし、毎日のように上司に怒られる。仕事自体にやりがいを感じることもなければ、面白いなんて感じることもない。

そんな仕事を続けていた私は、ずっと仕事を辞めたいと考えていました。

しかし、私は実際に辞めることはなく、辞めたいと思い続けながら5年以上働き、徐々に追い詰められていくことになりました。

なぜ私は仕事を辞めて転職しなかったのか。

それは単に辞める勇気がなく、そのせいでそもそも辞めるという選択肢がなかったのです。

仕事を辞めるということってかなり勇気がいることですよね。

新たな環境で働かなくてはならないし、辞めたからといって幸せになるとは限らずに、逆にもっと悪化する可能性だってありえることです。

私はその勇気をもてませんでした。そして、辞めたいけれど辞めるという選択肢はなくなり、逃げ道はなくなってしまったのです。

仕事を辞める勇気を持って変わったこと

そんな風に私が過ごしていた中で、とあることがきっかけとなり、仕事を辞める勇気を持つことができるようになりました。

まあ勇気と言うと少し仰々しくなってしまうのですが、単に「辞めてもいいか」、「辞めたってなんとかなるか」、そんな風に思えるようになったんです。

すると、私の中で色々なことが変わっていきました。

今の仕事、会社を冷静に見ることができるようになった

それまで辞めたい、辞めたいと思っていた仕事も、実際に仕事を辞めるということを意識にするようになると、割と冷静に良い部分、悪い部分というのが見れるようになってきました。

辞めたいという思いだけの時は、ネガティブなことばからに目が行ってしまっていたのですが、ポジティブな部分にも目が行くようになり、仕事自体がそれほど嫌なものではなくなってきたんです。

精神的に楽になった

辞めることできないから今の仕事にしがみつかなくてはいけないと思いながら働くのと、無理になったら辞めてもいいかと思いながら働くのでは絶対に後者の方が精神的に楽ですよね。

私は結局転職するに至ったのですが、実はもう辞めようと決めてから、意外に仕事の良さが見えたり精神的にも楽になったので辞めなくてもいいかなと思えるようになりました。

外に目を向けることができるようになった

仕事を辞めるということを意識した時には、誰だって外に目を向けることになると思います。

辞めたところで次の仕事を見つけないと食べてはいけませんからね。

私も辞めることを意識してから転職サイトや転職エージェントに登録して、色々な会社について調べるようになりました。

外い目を向けてみるのはとても大事なことだと思います。選択肢は色々あることに気づくことができますし、逆に自分の会社の良さに気づくことだってあります。

将来について考えることができるようになった

辞めたい、辞めたいと考えていた時は将来について何も考えていませんでしたね。

そもそも辞めるという選択肢がなかったので、今の会社で働き続けるだけと無意識に思っていましたし。

しかし、辞めるということを決めれば選択肢は増え、その結果将来どうしていくかについてしっかり考えることができるようになりました。

勇気を持てたのは少しのきっかけ

私が仕事を辞める勇気を持つことができたのは、ほんの少しのきっかけがあったからです。

そのきっかけというのは大学時代の友人が大企業を辞めて中小企業に転職したこと。

せっかくの大企業を辞めたことに対してもったいないといったことをいう人も少なくはありませんでしたが、私にとってはそのことが辞めてもいいという気持ちをもたらせてくれたのです。

今の仕事を辞めるか辞めないかと悩むことができるのは、辞めるということがしっかり選択肢に入っていることが必要です。

単に辞めたいと思っているだけでは何も変わりません。勇気をもつきっかけがないなら自分からなんでもいいからきっかけをつくってみてはどうでしょうか。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:ホワイト企業だけど辞めたい。退職しても大丈夫?

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ



このページの先頭へ