仕事を辞める勇気を持ったことで変わったこと。選択肢と逃げ道を作ることは大事なこと

仕事を辞める勇気を持ったことで変わったこと。選択肢と逃げ道を作ることは大事なこと

仕事を辞めたい。口ではそう言っていても、実際に辞めることを意識している人はどれくらいいるでしょうか。

おそらく大半の人は実際に辞めるということまでは考えてなく、もちろん行動するには至らない人だと思います。

辞めたいという気持ちはあるものの辞めるという選択肢がないのです。

もちろんそれが功を奏す場合もあります。実は辞めたいといいつつも仕事に楽しい部分もあって、本当に辞めてしまったら後悔する人はいるでしょう。

ただ、中には単に辞める勇気を持てずにいるせいで辞めるという選択肢がなく、それ故に自分をどんどん追い込んでしまっている人もいます。

今回は実際に辞める勇気を持てていなかった人が辞める勇気を持つことで変わったことについて話していきます。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:新卒入社1年目で会社を退職。第二新卒の転職を成功させることができた理由。転職に踏み切る勇気も大事

仕事を辞めるという勇気がなかったから選択肢も逃げ道もなかった

仕事はきついし、毎日のように上司に怒られる。仕事自体にやりがいを感じることもなければ、面白いなんて感じることもない。

そんな仕事を続けていた私は、ずっと仕事を辞めたいと考えていました。

しかし、私は実際に辞めることはなく、辞めたいと思い続けながら5年以上働き、徐々に追い詰められていくことになりました。

なぜ私は仕事を辞めて転職しなかったのか。

それは単に辞める勇気がなく、そのせいでそもそも辞めるという選択肢がなかったのです。

仕事を辞めるということってかなり勇気がいることですよね。

新たな環境で働かなくてはならないし、辞めたからといって幸せになるとは限らずに、逆にもっと悪化する可能性だってありえることです。

私はその勇気をもてませんでした。そして、辞めたいけれど辞めるという選択肢はなくなり、逃げ道はなくなってしまったのです。

仕事を辞める勇気を持って変わったこと

そんな風に私が過ごしていた中で、とあることがきっかけとなり、仕事を辞める勇気を持つことができるようになりました。

まあ勇気と言うと少し仰々しくなってしまうのですが、単に「辞めてもいいか」、「辞めたってなんとかなるか」、そんな風に思えるようになったんです。

すると、私の中で色々なことが変わっていきました。

今の仕事、会社を冷静に見ることができるようになった

それまで辞めたい、辞めたいと思っていた仕事も、実際に仕事を辞めるということを意識にするようになると、割と冷静に良い部分、悪い部分というのが見れるようになってきました。

辞めたいという思いだけの時は、ネガティブなことばからに目が行ってしまっていたのですが、ポジティブな部分にも目が行くようになり、仕事自体がそれほど嫌なものではなくなってきたんです。

精神的に楽になった

辞めることできないから今の仕事にしがみつかなくてはいけないと思いながら働くのと、無理になったら辞めてもいいかと思いながら働くのでは絶対に後者の方が精神的に楽ですよね。

私は結局転職するに至ったのですが、実はもう辞めようと決めてから、意外に仕事の良さが見えたり精神的にも楽になったので辞めなくてもいいかなと思えるようになりました。

外に目を向けることができるようになった

仕事を辞めるということを意識した時には、誰だって外に目を向けることになると思います。

辞めたところで次の仕事を見つけないと食べてはいけませんからね。

私も辞めることを意識してから転職サイトや転職エージェントに登録して、色々な会社について調べるようになりました。

外い目を向けてみるのはとても大事なことだと思います。選択肢は色々あることに気づくことができますし、逆に自分の会社の良さに気づくことだってあります。

将来について考えることができるようになった

辞めたい、辞めたいと考えていた時は将来について何も考えていませんでしたね。

そもそも辞めるという選択肢がなかったので、今の会社で働き続けるだけと無意識に思っていましたし。

しかし、辞めるということを決めれば選択肢は増え、その結果将来どうしていくかについてしっかり考えることができるようになりました。

勇気を持てたのは少しのきっかけ

私が仕事を辞める勇気を持つことができたのは、ほんの少しのきっかけがあったからです。

そのきっかけというのは大学時代の友人が大企業を辞めて中小企業に転職したこと。

せっかくの大企業を辞めたことに対してもったいないといったことをいう人も少なくはありませんでしたが、私にとってはそのことが辞めてもいいという気持ちをもたらせてくれたのです。

今の仕事を辞めるか辞めないかと悩むことができるのは、辞めるということがしっかり選択肢に入っていることが必要です。

単に辞めたいと思っているだけでは何も変わりません。勇気をもつきっかけがないなら自分からなんでもいいからきっかけをつくってみてはどうでしょうか。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:ホワイト企業だけど辞めたい。退職しても大丈夫?

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ