転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

転職活動にかかる期間は平均的には2~3ヶ月程度であると言われています。

ただ、これはあくまで平均期間であり、半年以上かかってしまう人も少なくありません。

実際、転職活動が長期化してしまい、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職活動が長期化した時にやってはいけないこと

転職活動が長期化してしまうと、転職に対する不安が大きくなり、本来自分が考えていたことを忘れがちです。

ただ、気を付けないとたとえ転職できたしても、転職後に後悔してしまうことになりかねませんから注意が必要です。

転職活動自体を辞めてしまう

転職活動が中々上手く行かずに長期化してしまうと、転職活動自体を辞めてしまう人も少なくありません。

「自分を採用してくれる企業なんてない」「自分にはスキルが足りない」と考えてしまう人もいますし、転職活動自体が大変すぎて続けることができない人もいます。

もちろん、現在働いている会社でもう少し働いてみるというのは一つの選択肢です。

自分についてよく見極め、どうするか判断したのであればそれは良い選択となりうるかもしれません。

しかし、ほとんどの人が十分に理解できていない状態で転職活動を辞めてしまい、可能性を潰してしまっています。

妥協した会社に入社してしまう

転職活動が上手くいかない時に、ついやってしまうのが妥協した会社に入社してしまうことです。

受けるたびに不採用で、どんどん自分の理想を捨てて行き、最初に転職したいと思っていた会社とはかけ離れた会社に入社してしまう人も少なくありません。

とにかく転職活動自体を終わらせたいと、転職することが目的ではなく終わらせることが目的になってしまいます。

妥協した会社に入社してしまうと、後々後悔してしまうのは言うまでもありません。

ただ、全ての妥協が悪いというわけではありません。

全ての理想が叶うような転職活動は、むしろ稀です。誰でも多かれ少なかれ妥協はします。

転職活動を進める上で、自分の能力、経歴、実績に見合った企業を見つけるというのは大切なことです。

ただ、そんな中で大事なのは、自分にとって譲れない部分、譲れる部分を明確にし、どこを妥協しても良いか、どこは妥協してはいけないのかをしっかり見極めることです。

自分を責める

転職活動が上手くいかず長期化してしまった時に、自分自身を責めてしまう人も多いです。

「自分は誰からも認められない」「自分は必要とされていない人間だ」

不採用通知が届く度にそんな風に考えてしまいがちです。

ただ、転職活動で上手く行かなかったからといって、あなたの人間性を否定されるものではなく、自分を責める必要なんてないことです。

何より、自分を責めて落ち込んでも、それからの転職活動が上手くいくわけではありません。

大切なのは、自分を責めることではなく、なぜ上手く行かないか考え、反省することです。

人のせいにする

転職活動が上手く行かないことで自分を責める必要はありませんが、かと言って誰かのせいにしてはいけません。

人のせいにしても、自分自身が成長できるわけではありません。

例えば、面接で自己アピールが上手くできなかったことを、面接官が理解してくれなかったと面接官のせいにするのではなく、

なぜ理解して貰えなかったか、理解して貰う為にはどうすれば良かったかということを考えるべきです。

そのまま転職活動を続けてしまう

転職活動が長期化した時に、何らかは変えるべきです。

数をこなしていけばいつかは受かるだろうと考えるのではなく、どこが悪かったか考え、変えていく必要があります。

転職活動が長期化した時に行うべき対処法

では、具体的に転職活動が長期化してしまった時に行うべき対処法を紹介しましょう。

なぜ落ちたのか振り返ってみる

なぜ書類選考が通過しなかったから、なぜ面接で上手く行かなかったのか、しっかり考えてみましょう。

せっかく自分で経験した失敗ですから、活かさなくてはなりません。

転職活動が長期化してしまった原因は、何かしらあるはずです。

心機一転ゼロから始めてみる

転職活動では、これまでどういったことをしてきたでしょうか。

転職サイトや転職エージェントに登録し、自己分析をし、応募する企業を選び、企業分析をし、履歴書を書き、面接を受ける。

こういった流れでしょうか。

その経験は大切にすべきですが、あえてまたゼロから始めてみると良いです。

これまで使っていた転職サイト、転職エージェントを変え、自己分析や企業分析をやり直してみるのです。

一度経験したからこそ、改めてやってみることで新たな発見ができます。

転職活動の基本を見直す

転職活動が長期化してしまっている原因で最も多いのが、そもそも転職活動に必要な基本的なことができていないということが多いです。

転職するには、企業とのマッチングも必要ですし、履歴書や面接でもコツというものがあります。

そういったものをないがしろにしていませんか?

改めて、自分ができているのか確認してみましょう。

相談相手を作る

転職活動を孤独な中進めることはあまり良くありません。

わからないことがあった時に悩みが大きくなってしまったり、過剰に不安にもなります。

転職エージェントなど、相談できる相手は積極的に作るようにしましょう。

決まらない原因を見つけ、対策することが大切

転職活動が長期化してしまった時、まずすべきことは、転職活動自体を辞めることではなく、なぜ長期化してしまったか原因を考えることです。

その原因が自分が希望している会社に入社するには、実力、能力が低いということであれば、働き続けるという選択をとっても良いですが、原因がわからないうちから辞めてしまえば、それはただ可能性を潰してしまうだけのことです。

ですから、まずはなぜ長期化してしまったか原因を考え、対策を打つことから始めてみてください。

利用する転職サイト、転職エージェントを決める際には以下のことを参考にして見てください。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職サイトは色々とありますが、まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職が難しい人、転職しやすい人、その違いは?

関連:2回目、3回目の転職を成功させる為にしなければならないこと

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ