転職しないことのメリット、デメリット。本当に今のままで後悔しない?

転職しないことのメリット、デメリット。本当に今のままで後悔しない?

転職するかしないかを考えた時、転職すること自体のメリットやデメリットについて考えることはあっても、転職しないことのメリット、デメリットはあまり考えませんよね。

ただ、転職するかどうかの判断は、転職しないことによって、長い目で見た時にどうなるのかも考えた行うべきです。

そこで、今回は転職しないことのメリット、デメリットを紹介します。

関係:転職のメリット、デメリット。比較してみた時、あなたならどうする?

関係:転職しない人の理由や特徴、可能性を自分で潰していませんか?

転職しないメリット

転職しないことのメリットはどういったことがあるでしょうか。

悪化させるリスクを負わない

転職は成功ばかりではなく、失敗のリスクもありうるものです。

その為、転職しなければ現状を良くはできないけれども、少なくともさらに悪化するようなことにはなりません。

辛くても働き続けている状況に対して、もしこれがさらに悪化したらと考えると、中々転職に踏み切れないという人も多いでしょう。

変化がなく、慣れた環境で働き続けることができる

転職しなければ、新たな環境でゼロから働くなんてことはなく、ずっと慣れた環境で働き続けることができあmす。

慣れない環境で働くというのはやはり大変なこと。誰もが新入社員の頃に味わっていると思います。

転職すると慣れるまでは何かと居づらかったり、やりにくかったりすることがどうしてもあるものです。

手に入れたものを失わなくて良い

今の会社で働き続けたという経験によって、様々なことを手に入れることができたことでしょう。

人脈、仕事のノウハウ、人事評価。1日2日では手に入れられなものも多いはずです。

転職すればそれらは当然手放さなくてはなりませんが、転職しなければ手放す必要はありません。

一定の地位を築きやすい

出世関係なく、勤続年数が長いことで一定の地位は築きやすい傾向があります。

あなたの周りにも、出世はしていなくても会社内でそれなりに地位を築いて好きなように働いている人がいるのではないでしょうか。

勤続年数が長いということは、それだけ会社に貢献してきているということですから、それも当然のことかもしれません。

退職金では得することが多い

退職金は、会社によっても金額も異なる為、転職しなければ必ず損するというわけではありませんが、平均的には転職した人よりも転職せずに定年まで一つの会社で働き続けた方が受け取る額が多くなる傾向があります。

転職しないデメリット

では次に転職しないデメリットについて紹介していきます。

不満には我慢するしかない

転職しなければ変化はありません。悪化することはないかもしれませんが、良くなることもありませn。

すなわち、今抱えている不満は我慢するしかありません。

長く働き続けることによって解消されることも多少はありますが、どれだけ時間がたっても変わらないことのほうが多いです。

休日が多くなることはないし、社風もなかなか変わりません。サービス残業が多いことも解消されることはあまり期待できません。

変化がなく、やりがいを感じられなくなっていく

転職を経験した人と、転職を経験しなかった人では、仕事に対するやりがいの感じ方が違い、転職しない人はやりがいをあまり感じていない傾向があります。

一つの会社で同じ仕事をして飽きてしまうというのもありますし、何より自分の意志で仕事をしていないことが大きいです。

新卒時に一度も社会人経験がない中でなんとなく会社を選び、運よく内定を貰うことができた会社で働くことを義務として感じていれば、当然やりがいはなかなか感じることはできません。

せっかく手に入れられるはずのものが手に入れられない

転職によって得られるものは実は大きいです。

年収アップにしろ、キャリアアップにしろ、良い労働環境にしろ、転職して良くなったという人は転職者全体の中で8割程度もいます。

転職しないということは、それら手に入れることができるはずのものが手に入れられないということです。

会社と共倒れする可能性もある

勤めている会社が、定年まで大きな問題なく続いていけばいいですが、それは全く保障できません。

まさか潰れないだろうと思っていた企業がつぶれたり、倒産まで行かなくてもリストラを行っています。

転職はしない、定年まで働き続けると決め、その会社にしか通用しない能力しか身についていないと、いざ何か起こった時に会社と共倒れしてしまう可能性があります。

将来後悔することにならない?

転職しないことのデメリットの多くは、瞬間的なことよりも、5年後、10年後、20年後と将来的に響いてくるものが多いです。

目の前のことだけ考えてしまうと、転職しないほうが何かと楽と考えがちですが、そうすることで将来後悔することになってしまう可能性は高いことを知っておいてください。

転職するかしないか、転職を選択肢として持っておくかどうかは、現時点でどうかだけではなく、将来も含めて考えて判断するようにしましょう。

転職成功に向けて

もしこれから転職活動を始めようと考えている人は、転職を成功させる為に転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。

関係:転職したいけどスキルに自信がない、スキルゼロ。転職しないほうが良い?

関係:転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと



このページの先頭へ