中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?

中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?

中途採用では、履歴書の書類選考や面接以外に、一般常識問題や適性検査等の筆記試験を行う場合もあります。

この筆記試験は、あくまで補足程度であることも多いですが、安易に考えてしまうと、この結果が原因で落ちてしまうこともありますから、疎かにしてはいけません

そこで、今回は転職時の一般常識問題や適性検査の対策について紹介します。

関連:履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク。ばれる可能性は?

関連:Uターン転職、Iターン転職を成功させる為に注意すべき点

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

スポンサーリンク

中途採用の筆記試験

では、まずは中途採用の筆記試験において、どういったものが行われるかについて紹介していきます。

筆記試験の概要

中途採用において、筆記試験は必ずしも行われるわけではありませんが、実施する会社は増えていってます。

筆記試験を行う目的は、履歴書や面接の補完です。

転職では面接を最重要視することがほとんどですが、面接だけではわからないこともあるのは当然であり、その部分を補う為に行われ、性格に問題がないか、社会人としての一般常識が身についているかといった点を見ます。

企業によって、職種によってどれだけ筆記試験の結果を重要視するかは、様々であり、単に一定基準をクリアしてればあとは面接次第とする場合もあれば、面接と合わせて総合的に判断する場合もあります。

筆記試験で多く行われるのが、一般常識問題、適性検査、論文です。

全て行う企業もあれば、どれか一つしか行わない企業もあります。

一般常識問題

一般常識問題は、その名前のとおり、一般常識がどれほど身についているかというものを調べる試験です。

国語、数学、英語の中学卒業程度の問題や、時事問題であることが多いですが、会社によっては政治、経済などの社会、物理や化学などの理科を行うこともあります。

適性検査

適正検査は、中途採用でも最も実施している企業が多い検査です。

適性検査には、性格検査と能力検査の2種類があります。

性格を見極め、望んでいる人材であるかをみる性格検査と、論理的思考力や語彙力、理解力といった能力を持っているかを見る能力検査があります。

適性検査を実施するとなっていても、それが性格検査のみの場合もあれば、性格検査、能力検査のどちらを行う場合もあります。

論文

決められたテーマについて、文章を書くという論文もまた、中途採用の場でも行われるようになってきました。

論文を実施する目的は、文章力、論理的思考力といったものを見る為です。

転職希望者に最も苦手だと思う人が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

筆記試験の対策

あくまで、転職で最も大事なのは面接ですから、そこまで重く感じる必要はありません。

とは言え、試験としてある以上は、ある程度対策を行う必要があります。

対策に関しては転職エージェント(リクルートエージェント など)を利用していれば応募する企業に対する傾向と対策を打ってくれるのですが、転職サイト経由ならば自分で行わなくてはなりません。

一般常識問題

まず、一般常識問題については、本屋にある一般常識問題の対策本を1冊やりましょう。

2冊も3冊もやる必要はないので、1冊を繰り返し解くことが大切です。

基本的には簡単な問題なので、繰り返しやることで、徐々にに思い出すことができてきます。

ただ、これだけでは不十分となってしまうのが時事問題です。

社会人として働く以上、社会に何が起こっているのかということに関心を持っていなくてはなりません。

ですから、普段はニュースなんて見ていないとしても、転職を考えた時点でまずはニュースをチェックする癖をつけましょう。

さらに、自分が希望している業界については、特に注意し、できれば雑誌などからも情報を入れたほうがいいです。

適性検査

適性検査のうち、能力検査は一般常識問題同様に問題集を解いていけばいいです。

ただ、難しいのは性格検査です。

あまり正直に書いても、企業の欲しがる人材にマッチできないし、かと言って嘘をつくと矛盾が生じてしまったり、面接の時にばれてしまいます。

性格検査を上手く乗り切る為に、まず企業が求める人物像や企業が嫌いな人物像をイメージしてください。

例えば営業の仕事であれば、人とかかわることが嫌いな人は避けたいですよね。

今いる自分を、企業が求める人物像に近づけた状態でイメージし、回答を行うようにしてみましょう。

論文

論文は、自分で対策しようと思っても、実際に書いた文の評価がどうなのかということがわからない為、どう直していいかもわからないという難しさがあります。

論文の対策をする上で、まずは文章の基本を学んでください。句読点の付け方、話の流れといったものを、参考書を読んで知りましょう

以外にこれができていない人が多いです。

それを読んだ上で、内容のクオリティを上げていく必要があります。

その為には、他人の対策を使うことが必要である為、転職エージェントに添削してもらうのがいいでしょう。

筆記試験の内容によって受けないのはもったいない

よくいるのが、筆記試験があるからこの会社を受けるのは止めようという人。

しかし、これは非常にもったいないことです。

筆記試験はそんなに重たく考えず、行きたいと思える会社があるならば、ぜひ受けてみてください。

筆記試験が嫌だということは、みんな思います。

逆に言えば、筆記試験をなんとかできれば、有利にたつことも可能なのです。

まずは、筆記試験があるかないかは気にせず、転職したい企業を受けるようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

関連:転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ